「留学・ワーキングホリデーの知っ得情報」

留学実現の最後のハードルがビザ申請です。 これまで10年以上、留学・ビザ手続きに携わった「過去の経験」と「最新の情報」をバランスよく掲載し、皆様の留学準備に役立てていただければ幸いです。

カナダワーキングホリデービザの募集終了のタイミング

ワーキングホリデービザにはそれぞれ定員があります。
定員とは1年間に発行されるビザ数です。

もっとも難しいとされるのがイギリスです。
なぜならば完全な抽選だからです。年に2回のみ行われます。

逆にオーストラリアやニュージーランドは定員があってないようなもので、
いつでも申請をすれば取得出来るといった感じです。

さて、最近人気のカナダですが、定員数は6500人です。
この人数は多いと思いますか?少ないと思いますか?
実は、数年前は15000人でしたが、それが12000人なり、9500人になり、
今の6500人に落ち着きました。
その一番の理由は、毎年定員に満たなかったからです。

ただ、さすがに6500人ですと毎年定員になります。
毎年、その定員に達するのが8月〜10月です。最近では8月末から9月半ばが多いように思います。
個人的には今は7500人〜8000人ぐらいがちょうどいいのかなと思います。
そうなると通年募集の状態になるかと思います。

さて、日本人的ともいうのか、優柔不断な人が多いので、
毎年残り1000人を切ると一斉にみなさん動き出します。そうなると、定員に間に合わない人が必ず毎年出ます。
その目安が7月後半かと思います。

よって、申請を考えている人は今が安心してスムーズに取れるチャンスです。
比較的、すいているので対応も早いです。

また申請許可が出ても、許可の出た日から1年以内に入国すれば、その日から1年の滞在が可能です。
取れたら直ぐに行かなくてもいいのです。
来年の春ぐらいに考えている方が、今申請をしてもまったく問題ないのです。

この制度を上手く利用して、すいてるうちに申請をしましょう!

ワーキングホリデービザと学生ビザ、どっちが自分に合ってる?

これも常によくある相談です。

同じ留学と言っても、目的が違えば現地での行動も変わります。
自分の国にやってくる外国人の行動範囲を制限、または定めるのがビザなるものです。
それを簡単にまとめると以下のようになります。

旅行・観光をする → Visitor Visa(観光ビザ)
学校で学ぶ → Student Visa(学生ビザ)
仕事をする → Work Visa(就労ビザ)

他にも移住、研修、芸能活動などなど、様々な種類がありますが、一般的なのはこんな感じです。

そのどこにも属さず、それぞれのビザで活動できることを、
複合的にしたのがワーキングホリデービザになります。
根本的な目的は、異文化交流であり観光がメインと考えられています。

さて、表題の「長期留学するならどちらが合っている?」の問いですが、
学ぶ目的が明確に定まっている方は学生ビザ、その主だったものが語学になります。
海外生活をしながら、目的を見出して行きたい方はワーキングホリデービザ、
その内容は人それぞれで構いません。

学生ビザを取得するには、通学先の学校を決め、入学手続きを済ませて、
はじめて申請が出来ます。
一方、ワーキングホリデービザは、渡航後に何をするかはビザ申請前に決める必要はありません。

この違いを知るだけでも、どちらのビザが自分に合うかをだいたい判別できます。
その上でワーキングホリデービザを選択したら、次は国選びです。
なぜならワーキングホリデービザは、国によって申請方法はもちろんですが、
現地で出来ることの範囲が変わります。

「海外で何かチャレンジしてみたい!」、ただその何かがまだ定まっていない・・
そんな方でも行動に移せる、海外生活が出来る、それがワーキングホリデービザです。

悩んでいる方は是非チャレンジしてみてください。

オーストラリアのワーホリビザ申請で最近よくある失敗のご相談

ここでも何度か記事にしてきた内容ですが、
ネットにある「ビザ申請方法の入力マニュアル」なるものです。

今年に入りとても増えた相談案件です。
内容は以下です。

お客様
「オーストラリアのワーホリビザ申請をしたのですが、
何か追加書類の指示が来てしまいました。全部英語で分からないので、
この状態から引き継いでもらえますか?」

弊社
「どんな追加書類ですか?
また、なんで英語が分からないのに申請が出来たのでしょうか?(申請は全て英語です)」

お客様
「ネット検索で出てきた、申請マニュアルを見ました。
追加書類は、何やら何個もの質問に再度答えて??、のような感じです」

これが多いのです。
私たちプロはこれだけで察しがつきます。

申請の最後の方に、多くの質問にYESかNOで答えるパートがあります。
その中でYESにしなければ申請が許可されない項目があるのですが、
質問の意味を理解せずに流れでチェックをするので、全てNOにしてしまっているのです。

本来であれば即却下でもおかしくない質疑応答ですが、
さすがにimmigrationも気を利かせて「本当にこれでいいの!?」という感じで聞いてくれ、
これが追加書類の対象となります。

さてなぜこうなるかの原因です。
1、間違ったマニュアルサイトを見て入力してしまった。
(あくまでもこのようなサイトは他の営利目的があり構成されていて、
入力マニュアルなるものは「責任は持てないから自己責任で」と注意書きを書いています。)

2、マニュアルサイトは間違っていなくても、
質疑応答の構成上、入力の流れであまり深く考えずに進んでしまった。

上記のいずれかです。

1の理由のサイトが検索上位にくれば、必然的に弊社へのこの類の相談は増えます。
それだけ利用している方が多いということだと思います。
よって、そのようなサイトを利用する場合は十分にお気を付け下さい。
無料なのにはやはり相応の理由があるのかと思います。

また、ビザ申請は一見簡単そうに見えても、何かあった際のリカバリーは当然ながら全て英語であり、
相手はimmigrationになります。
それも含めてビザ申請なので、個人でやるならばせめて基本的な英語を理解しているか、
英語の出来る方とされることをお勧めします。


ちなみに、このタイプの追加書類に対しての解決方法は、
まずはなぜそのような回答をしてしまったかを簡単にコメントし、その確認質問に対しての回答を、
適正書面として作成し、所定の場所から添付提出します。

その国でも一生に一度のワーキングホリデー、その権利をもらうのがビザ申請です。
十分に気をつけて申請はされて下さい。


ワーホリ情報サイトの「ワーホリWEB」にて定期連載中!