「留学・ワーキングホリデーの知っ得情報」

留学実現の最後のハードルがビザ申請です。 これまで10年以上、留学・ビザ手続きに携わった「過去の経験」と「最新の情報」をバランスよく掲載し、皆様の留学準備に役立てていただければ幸いです。

これってヘン?!日常でおなじみの和製英語5

こんにちは。

本日は、日常の何気ない会話の中にある
和製英語を挙げてみたいと思います。



シルバーシート
Priority seat

オートバイ
Motorcycle

ガードマン
Security guard

(電子)レンジ
Microwave oven

タイムリミット
Deadline

OL
Female office worker

ジェットコースター
Roller coaster

(テレビの)ゴールデンタイム
Prime time

モーニングコール
Wake-up call

スキンシップ
Physical contact

シュークリーム
Cream puff

クレーム(苦情)
Complaint

フローリング
Wooden floor

フリーダイヤル
Toll free number

チャック
Zipper


「えっ、そうだったの」というものはありましたか?

と、これはまだまだほんの一部ですが、皆さんの周りには
このようにたくさんの和製英語があります。
ふとカタカナ言葉を口にした時に、
「あれ、これは英語で何て言うのかなぁ?」
と考えてみるのも、ひとつの勉強方法かもしれませんね。


余談ですが、この『ブログ(Blog)』も「ウェブ」と「ログ(日記)」を合わせた「ウェブログ(Weblog)」の略ですよね。
ただ、この言葉は海外でも使われているので、
和製英語ではないですけどね。。


ではまた。





あなたの海外渡航の経験が、
誰かの役に立ったらいいと思いませんか?
国際交流支援モニター募集中!!
http://www.icc2004.jp/monitorchance2.htm


国際コミュニケーションセンター
http://www.icc2004.jp/

ワーホリ最新情報!ニュージーランド編5

こんにちは。

ちょっとビックリな最新情報です。

オーストラリアでは、1年目のワーキングホリデー中に政府が指定した地域で3ヶ月間季節労働をすると続けて2年間、または一度帰国してもう一度オーストラリアでワーキングホリデーができるという『セカンドワーキングホリデー』制度が採用されています。

今回、ニュージーランドでも同じような制度がスタートしました。

条件としては、既にワーキングホリデーでニュージーランドに滞在している方、ニュージーランド国内の農園で3ヶ月以上アルバイト(フルーツや野菜のピッキングなど)をしていたことを証明できる方となっているようです

また、オーストラリアのセカンドワーキングホリデー制度と異なり、ニュージーランドの場合はワーキングホリデー期間を3ヶ月延長できるという内容ですので、トータル15ヶ月の滞在が可能となりました。


このようにワーキングホリデービザの内容や申請方法は予告なく変更になることが多いので、頻繁にチェックしましょう!

では。


ワーキングホリデーについてはこちら!
http://www.icc2004.jp/working_holiday2.htm

オーストラリアのワーキングホリデー1年間をバーチャル体験。写真館はこちら!
http://www.icc2004.jp/photo_wh2.htm

【面白い話】ファーストクラス5

こんにちは。
面白い話を見つけたので転載します。

――――――――――――――――――――――――

「ちょっとスチュワーデスさん!席を変えてちょうだい」

ヨハネスブルグ発の混んだ飛行機の中で、白人中年女性の乗客が叫んだ。

「何かありましたか?」

「あなたわからないの?黒人なんかの隣には座りたくないのよ!こんな人迷惑だわ」

女性の隣では、黒人男性が憮然とした顔で座っている。

「お客様、少々お待ち下さいませ。空いている席を確認してきます」

乗務員は足早に立ち去り、周囲の乗客はざわざわと不穏な空気。
しばらくして乗務員が戻って来た。

「お待たせしました。ファーストクラスにひとつ空きがありますので、どうぞそちらへ。本来ならこういうことはできないんですが、隣の席がこんな人では確かに迷惑でしょうと、機長が特別に許可しました。さ、どうぞ」

周囲の乗客は、にこやかに黒人男性を見送った。

――――――――――――――――――――――――

海外の人種差別への風刺ユーモアが面白いですね。

なんど読んでもニヤっとしてしまう話です。
こんな話も息抜きにお届けしていきます。

では

****************************************
海外ボランティア・ワーキングホリデーなら
国際コミュニケーションセンター
http://www.icc2004.jp/
****************************************