「留学・ワーキングホリデーの知っ得情報」

留学実現の最後のハードルがビザ申請です。 これまで10年以上、留学・ビザ手続きに携わった「過去の経験」と「最新の情報」をバランスよく掲載し、皆様の留学準備に役立てていただければ幸いです。

「個人でビザ申請をした方が途中で挫折する理由 

ビザ申請代行サポートしていると、ここ数年どんどん数が増加しているのが、
「途中まで自分でやったんですが、そこから引き継いでもらえますか?」
というご相談やご依頼です。

数年前はあまりこのようなことはなく、依頼をされる方はゼロから、
自分でされる方は最後までやり抜く、そのどちらかでした。

なぜこうなったのかの理由は、以下の二つです。
1、インターネット、スマートフォンの普及
2、日本の留学エージェントを通さない個人手配の増加
この二つがこの状況の要因かと思います。

どういうことかというと、インターネットやSNSの普及により、渡航先の現地とのやり取りが簡単になったこと、
現地情報を得やすくなったことなどで、個人で手配が出来る環境が出来ました。
正確な日本語ではないにしろ、ボタン一つで英語のサイトを日本語サイトに無料変換できるシステムもあります。
そうなれば、「日本の留学会社に手数料を払って手配するのは無駄」と考える個人手配が増えます。

その状況自体はとてもいいことだと思います!
何でもかんでも仲介手数料を支払って、丸投げすで任せる日本の文化は、こと留学手配に置いては、
いかがなものかと思います。
英語を頑張って調べたり、英語書類を書いたり、その準備・手配から留学の心構えが始まるように思います。

また、この状況に拍車をかけるように、海外から手配勧誘をアプローチする企業・エージェントが台頭してきます。
「個人手配が増えているなら、日本の提携留学会社を通さず、現地からサポートをしよう。
そうすればお客さんの負担は減るし、現地からであれば手配にかかる経費も削減でき利益はより確保できる、双方のメリットが出る」
という考えになります。

そこで何が起きたかというと、より日本の仲介を通さず、直接依頼が来るように現地エージェントは考えます。
その一つの手法がネット上にあふれる「ビザ申請の公開マニュアル」です。
今まで日本の留学会社が有料でしていたサポートのビザ代行を、マニュアルという形で無料指南することで、
「ビザが取れれば現地に来てからでも手配は大丈夫。だから日本の留学会社を通さず是非現地オフィスのうちへ」
という流れです。

この流れ自体も悪いものではありません。良いことと私自身は思います。
留学業界全体が活性化され、結果日本から海外に出る人が増えるのであれば、手段や選択肢が多いに越したことはありません。

ただこの流れに一つ問題があります。
この公開されているマニュアルの質や更新の頻度です。

この続きは次回「◆廚任款匆陲靴泙后

ワーホリ情報サイト「ワーホリWEB」にて定期連載中です。

「ワーキングホリデービザ申請のタイミング」

今回はよく質問でいただく、
「ビザっていつ申請をしたらいいんですか?」について書いてみたいと思います。

まず、ワーキングホリデービザは国ごとに申請規定は全て違います。
その中で大きく二つに分かれます。

1、いつでも申請が可能
この代表的な国がオーストラリアやニュージーランドです。

2、申請する時期、定員が決まっている
この代表的な国がイギリス、カナダ、アイルランドです。

それぞれについて簡単に書いてみます。
1のタイプについては、いつでも受付をしており、基本的に定員はないです。
よって日本人は「いつでも好きな時に申請が可能」となります。
また、このタイプのオーストラリア、ニュージーランドは、(カナダも同様)
「申請の許可が下りた日から1年間入国が可能」となっています。

これを詳しく説明すると、ビザ申請をして許可されると、その日が発行日となります。
例えばこの日を4月10日とすると、1年間入国可能なので、翌年の4月9日まではそのビザが有効です。
そして、その間であれば「入国日から1年間滞在可能」となります。
よって、渡航が1年以内と決まっていれば、ビザ申請をしても問題ないということです。

ワーホリでの渡航を迷っている方で、ビザを取ることにより決心につながった、という方もいます。
それもこのシステムならではとなります。

次に2のタイプですが、これは国よりそれぞれ方法が違います。
イギリスに関しては、年に2回ある抽選に参加します。この抽選は指定のアドレスに参加意思をメールします。
抽選で選ばれた方だけが実際の申請に進め、定員は1000名となっています。

アイルランドは年2回の募集期間に所定の申請書を出します。
申請条件を満たしていて、この申請書の間違いがなければほぼ許可が出るので、
第二段階として必要書類を提出してビザをもらいます。

カナダは、受付を開始をして定員の6500人になるまで申請可能です。
定員になると募集終了で、翌年の募集開始を待つしかありません。
この定員は毎年、夏の終わりから秋にかけてですが、年々早くなっています。
今年は、今現在8月中には終わるようなペースです。

このように希望する国で申請のタイミングは違います。
よって、大事なのは「自分の行きたい国の申請規定をよく把握すること」です。
それを把握することで適正な申請のタイミングが分かります。

早いか、遅いかもありますが、自分に合った申請のタイミングで、
まずはきちんとビザ取得が出来ることが重要です。

ワーホリ情報サイト「ワーホリWEB」にて定期連載中!
http://www.icc2004-visa.com/

続、ワーキングホリデーに必要な英語力は?

「続、ワーキングホリデーに必要な英語力は?」

前回の続きになります。
まずここまでのおさらいですが、シンプルに言えば、
「ワーキングホリデーに参加するのに英語力はなくても可能です」となります。

なぜなら、ワーキングホリデーとはプログラムの名称ではなく、
ひとつのビザの種類であり、名称となります。
そのビザを取得するのに英語力は問われません。
よって、ビザが取得できてしまえば、そのビザで渡航することを「ワーキングホリデーに行く」となり、
結果、英語力がなくても参加できることになります。

ここからが前回の続きとなります。

それでは「英語力はまったくいらないのか?」となりますが、
そうではなく、「自分がこのワーホリ中に何をしたいのか」で必要な英語力は変わるということです。

例えれば、
車の免許さえ取れればどこでも目指せるかといえば、それは違うと思います。
法律的には運転は出来ますが、複雑な高速道路、雪道、山道となれば、それなりの運転技術が必要です。
それが伴っていないのに無理して行けば、場合によっては事故に合います。

ワーホリで言えば、何も調べずに準備なくいけば、思った成果もなく帰国する方は少なくないです。
実際の帰国者のケースです。
・現地の人と一緒に働きたいと思っていたが、英語力がなく面接に受からなかったから、日本人と日本食レストランで働いた。
・帰国後に英語を活かした仕事をするために英語力向上を目指したが、行けばしゃべれるようになるというのは間違いだった。
・このワーホリをきっかけに現地で就職したいと思っていたが、仕事のスキルがあっても英語力のせいで採用されなかった。

イギリスの2年間、オーストラリアやニュージーランドの延長制度を除けば、
ワーキングホリデーでの滞在は1年と限られています。
その限られた中で、「英語を必要とする場所で叶えたいもの」があれば、やはり事前に相応の準備も必要だと思います。
良いか、悪いかは別として、その一つの方法がフィリピンやセブに寄って英語を勉強してから行く、
これも限られたい1年でやりたいことを叶えるために生まれた一つの選択肢かと思います。

自分がやりたいことは何か、それには何が必要か、それを考え、調べること自体が留学の第一歩かと思います。
「ノープランで行き、現地で自分探しをする」、これもワーホリの醍醐味の一つかと思いますが、
それで良い経験をし且つ十分な英語力が身に付く方は、私の経験上はごく僅かに思います。

是非、いつもよりゆっくり考えられる年末年始に、「ワーホリで何をやりたいか」を考えてみてください。

ワーホリ情報サイト「ワーホリWEB」にて定期連載中です。
https://www.icc2004-visa.com/