【最新情報】また変更・・!! イギリスワーキングホリデー申請方法


おはようございます。


去年同様にほんとうに変更の多いイギリスのビザです。
なぜ始まる前にきちんと決定しておかないのかが不思議です。


イギリスはきっちりしているイメージがありますが、
現地で生活している人に聞くと、役所なんかでもそうでもないそうです。


ビザの申請が開始されてからの変更はほんとに困ります・・
個人で申請をしている方はもっと大変ですよね!
でもめげないで頑張ってください!


ただ今回はどちらかといえば、良い方向なのかと思います。


今まで申請にネックだった通帳の翻訳。
規定はややこしいし、余分な費用はかかるし・・

これがしなくてもいい条件が出ました!
手間と費用が減ります!


それはどんな方法かと言うと、
銀行で英文残高証明書を出してもらい、その書類が条件を満たしていれば
翻訳をしなくて平気です。
(はじめからこれで十分だと思うのですが・・)

その条件は、
・銀行のロゴなどを含めた詳細(銀行名、ロゴ、住所など)
・口座詳細(名義、口座番号、預金額など)
・書類に銀行の印があること
・日付と共に担当者のサイン

これらが全て揃えば翻訳が必要なくなりました。
口座のある銀行に問い合わせてみて下さい。


英文残高証明書は発行に1週間ぐらいかかるケースが多いので、
余裕をもって書類は準備しましょう!



ワーキングホリデー・学生ビザが格安で取れます!
http://www.icc2004-visa.com

留学に関する情報満載!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデーの裏技満載!
http://www.icc2004-au.com