最新情報!バンクーバーオリンピックのHow much?


現地スタッフからの最新情報です!
とても詳しかったので皆さんにおすそわけです。



バンクーバーは、冬季オリンピックまで、あと1ヶ月をきりました。

オリンピックのマスコットもだいぶ見慣れてきたせいか、最近では親近感すら沸いてきます。

バンクーバー以外の都市でももちろん、オリンピックを応援しているようで、
カルガリーのオリンピックパークでは、プロモーションやイベントを開催しています。



さて、皆さんの気になる「オリンピック最新情報」ですが、
本日のネタは、題してオリンピックHow much?でお届けいたします。

最初のHow much は、31億(13億の予算オーバー)で有名なSquamish Lil’wat Cultural Centreです。
Squamishは、ウイスラーに行く途中にある街です。
こちらのセンターは、ファーストネイション(先住民)とのコラボレーションで企画されたコミュニティーセンター&博物館です。



そして、リッチモンドにあるOval。スピードスケート競技場です。
気になるお値段は、178億円。



そして、カナダプレイスのお隣に建設されたコンベンションセンター。
夜になると明かりで照らされた梁がアットホームな雰囲気です。
こちらの総額は、883億円。





そして、ウイスラーに通ずる道路。600億。





続いて、スカイトレイン。ダウンタウンと空港を結ぶ無人モノレールです。
バンクーバーの交通も便利になりました。
バンクーバー市民からもMost useful piece of Olympic infrastructure for cityと好評です。
総額2兆円。





そろそろ感の鋭い人は写真がおかしい・・・と気づいているはずです。
実は、現地に撮影に行けない場所は、某雑誌の写真をデジカメで撮影しました。すいません、ズルしちゃって・・・



最後に、ダウンタウンのロブソンスクエアーにできたミニアイススケートリンクです。
雨が降った日にスケートをして転んだら、もう後がないスケートリンク。氷水スケートリンク場と化しています。
総額41億。どこに41億使ったの?と噂のリンクです。





まだまだカナダワーキングホリデービザ取得は間に合いますので、
是非生で見てみてはどうでしょうか!?
留学中に世界的イベントを間近で見れるのはとても貴重な経験です!

ボランティアスタッフとして参加する方もおります。


ビザ取得を格安でお手伝いいたします!
定員は2010年7250人です!



ワーキングホリデー・学生ビザが格安で取れます!
http://www.icc2004-visa.com

留学に関する情報満載!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデーの裏技満載!
http://www.icc2004-au.com