ワーキングホリデー渡航者の推移から分かること


オーストラリア編


現在オーストラリアへのワーキングホリデー渡航者はどれくらいいるのでしょうか?
毎年1万人前後で、少しずつ減少しています。
2009-2010年で「8089人」となっています。


全盛期には約12000人ぐらいが渡航をしていました。


これが少ないか多いかという他国との比べでは、
1位イギリス   37056人
2位韓国     34870人
3位ドイツ    20880人
4位フランス   18172人
5位アイルランド 14833人
6位台湾     10188人
7位カナダ    8217人
8位日本     8089人

お隣の人口が3分の1の韓国が日本約4.3倍です。
また同じアジアの台湾よりも少ないです。

単に全てこれで分かるわけではなく、
英語圏の様々な国への分散、円高の影響で渡航しやすい国が増えた、
などの理由もありますが、留学人数が全体的に減ってきていること、
オーストラリアの人気が低迷していることは分かります。

オーストラリアを選ぶ理由には、
・費用が安い ・治安がいい ・気候がいい ・人がいい
など多く、アメリカ、イギリスを選ぶ方よりは目的が明確ではない気がします。


今後の国際社会におけるアジアの中の立場で、
留学生の数が他のアジア諸国より減少しているのは、
間違いなくなんらかの形で現われるのでないかと思います。


なんとかオーストラリア現地と日本の留学期間が協力をして、
より魅力的な独自性のあるプログラム作っていくことも重要かと思います。


ちなみに、「あれ中国がない」と思われるかもしれませんが、
中国人にはワーキングホリデーの制度がまだ認められていません。


その代わりではないですが、学生ビザでの渡航に関しては中国が一番で、
約54000人渡航しています。ちなみに日本は11番目で6373人です。

興味深いのはその内訳ですが、
中国は約75%がカレッジや大学で、語学スクールはごくわずか。
日本は半分が語学スクールです。
2位は約30000人でインドです。



このデータを見ると渡航されている多くの方が、
中国人、韓国人が多いと感じるのは仕方が無いことですよね・・・
これはオーストラリアに限らず、他の国でも同じようなデータとなってきています。


真の意味での先進国になるには、
このデータの改善は不可欠かと思います。

留学・ワーホリの相談なら!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデー情報満載!
http://www.icc2004-au.com

学生ビザ・ワーキングホリデービザの格安取得代行サービス!
http://www.icc2004-visa.com