「留学・ワーキングホリデーの知っ得情報」

留学実現の最後のハードルがビザ申請です。 これまで10年以上、留学・ビザ手続きに携わった「過去の経験」と「最新の情報」をバランスよく掲載し、皆様の留学準備に役立てていただければ幸いです。

2008年03月

オーストラリアの歌姫パート4

先日紹介した通り、デルタ・グッドレム(Delta Goodrem)の
『I Can Sing A Rainbow』という曲はオーストラリアの
政府観光局のCMに起用されていましたが

今回you tubeで動画をみつけたのでupしておきます。
歌の題名にあるように、虹を構成する7色(レッド、イエロー、ピンク、グリーン、パープル、オレンジ、ブルー)と
オーストラリアの自然や歴史がマッチしていてとても癒される
CMとなっています。

歌詞も載せておきました。

Red and yellow and
Pink and Green
Purple and orange and blue

Now I can sing a rainbow
Sing a rainbow
Sing a rainbow too

Listen with your eyes
Listen with your eyes
And sing everything you see

You can sing a rainbow
Sing a rainbow
Sing along with me





オーストラリアで生活していた者には何とも懐かしく、心が洗われるひと時ではないでしょうか。

オーストラリアをあまり知らない人には違った一面を知ることができると思います。


国際コミュニケーションセンター公式サイト
http://www.icc2004.jp/

I'm Christophe!5

こんにちは。


今回は、ICC英会話インストラクターの紹介です。
自己紹介を書いてもらいました。




Hello!

I'm Christophe and I've been working with ICC for 2 months. I'm teaching English here to get people ready for their staying in Canada and in Australia.

Life in Japan is a nice experience. People are quiet and outgoing. I've been here for 10 years now, my japanese is not quiet fluent but is getting pretty good.

We are now in spring which is with autumn, my favorite season. I'm a bit anxious about the summer. It is the far most terrible time to be in japan. It is hot and humid. whatever you do, you are sweating. it is good time to lose weight but I'm too lazy to do any sports in July and August.

So far, here at ICC, I've been teaching only with people with anger to learn. Some of them are very courageous, since they 're gonna live abroad with a basic knowledge of English. All of them are exited to have a break in their life and a chance to do something else.

When I was 23, I went to Norway in an exchange program. U spent 6 months with people who really looked like vickings. I spent 10 days on a cruise boat getting north to discover the norvegian coast. I saw a northen ligh (Aurora). I drunk aquavit (don't do that) and I danced in caves. I really enjoyed it. I made many friends and it was really sad when I had to go back home.

See you1

C.




どうでしたか?
読めましたか?
皆さん、Chrisに会いに是非船橋まで遊びに来て下さい!
お待ちしております。


ではまた。


ICCでは、これから海外渡航される方に向けた英会話レッスンをしています。↓
http://www.icc2004.jp/english_lesson.htm

大陸威力棒 vii 登場!2

こんにちは。
今朝、ニュースでこんなのを見ました。

「大陸威力棒 vii」
viiと聞いただけですぐにwiiと想像できてしまいました。

と て も 似 て い る ゲ ー ム で す 。(*`Д')



画面はファミコンに近いような気もしますが…


さて、私がオーストラリアでホームステイをしたとき、もちろん日本のゲームは有名でした。
「プレイステーション2ちょうだい!」と何度いわれたことか…


そんな中、カセット式の家庭用テレビゲームもあり、まだ、ホームステイに慣れず、落ち着かない感じで私は子供たちと一緒に遊んでいました。

操作方法も英語で説明してくれるのですが良く分かりません。
顔が引きつっていたに違いない…

しかし、ある出来事があり、一気に打ち解けました。

それは


カセット式テレビゲームなのでカセットの入れ具合で写らないときがあるんです。
子供たちはゲームが写らないことを確認すると

カセットを抜き


カセットの端子の部分を慎重に吹きました。



(*゚∀゚)っふぅぅぅっと




「あ、これファミコンでよくやったな…あはは」と今まで異世界の住人のように見えていた子供たちがふとしたきっかけで人と人なんだと考えられるようになったんです。


あの「ふぅぅぅう」は今でも忘れません。。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン


オーストラリアへのホームステイは…国際コミュニケーションセンター
http://www.icc2004.jp/

オーストラリアの歌姫4

こんにちは。

今日は音楽の話

皆さん、デルタ・グッドレム(Delta Goodrem)はご存知ですか?
デルタ・グッドレムとは、オーストラリア、シドニー出身の歌手です。
作詞・作曲もこなし、さらには女優という顔も併せ持つオーストラリアの国民的アーティストです。

7歳の頃からCMやドラマで活躍し、15歳の時にオーストラリアのSONY MUSICと契約を結び、歌手としてデビュー。
2002年には、オーストラリアで大人気のドラマ『Neighbours』に出演。女優業の傍ら、音楽の制作活動も行う。
そして同年に発表された楽曲『Born To Try』がオーストラリアのセールスチャートで1位を獲得するのを皮切りに、発表する曲で次々とセールス1位を記録し、オーストラリアのスターアーティストに。

そんな彼女に悲劇が襲ったのは、その翌年。悪性リンパ腫と診断され、闘病生活を送ることに。
しかしそんな重い病にも関わらず、その年のARIA Music Award(オーストラリア版グラミー賞のようなもの)では史上最多の7部門受賞を果たしたのです。
その後も制作活動を続け、今やオーストラリア国内はもちろん、世界中での人気を確固たるものにしています。


2004年の闘病中に発表した『Out of The Blue』は、ちょうど私がオーストラリアに住んでいた頃で、ラジオやテレビでよく耳にしていました。
その曲で初めて彼女の存在を知りました。
容姿がものすごく大人っぽいので、年下と知った時は驚きましたね


個人的には、『I Can Sing A Rainbow』という曲が好きです
短い曲なのですが、この曲は、日本でも放映されたオーストラリア政府観光局のCMに起用された曲なので、皆さんも耳にしたことがあるかもしれません。
とても癒されます。是非皆さんも聴いてみて下さい

ここで皆さんにデルタ・グッドレムのことを知って頂けたら幸いです。
オーストラリア好き人間として、これからも応援していきたいですね


ではまた。

Delta Goodrem












デルタが育った国でワーキングホリデー!
http://www.icc2004-au.com/

国際コミュニケーションセンター
http://www.icc2004.jp/

オーストラリアはオージー

こんにちは、

オーストラリア人って自分たちのことをオージーと言います。
親しみを込めた言い方ですがオーストラリアのことを良く知らない人には何?って感じでしょう。

スペルは

AUSSIE


それをもっと略して


OZ(オージー)と書くこともあります。
オーストラリアのマクドナルドにはOZバーガーがあります。
赤カブの酢漬けが入ったハンバーガーですがこれが絶品!

と言いたいところですがちょっと…

酢漬けなどが好きなら平気かもしれません。


さてさて

オーストラリア人→オージー

他の国の人は何か呼び方があるのでしょうか


日本




ジャップ
これは有名!




ニュージーランド




キウイ



オランダ人




ダッチ
TO GO DUTCH(オランダ式でいこう→割り勘にしようという意味)


アメリカ





ヤンキー
日本じゃ違う意味で使われています…


■国際コミュニケーションセンター
http://www.icc2004.jp/

■携帯の方はこちら
http://www.icc2004.jp/mobile.htm

第一位はイギリスでした5

こんにちは。

ワーキングホリデーを利用してオーストラリアへ渡航する日本人は毎年約10000人で・す・が、
他国はどれくらいかご存知ですが?

【2006年度ワーキングホリデーでオーストラリアを訪れた国別ランキング】

第三位、アイルランド!へぇー。
約12500人。
ほぉー。


第二位、韓国!意外!
24000人。
(゚Д゚≡゚д゚)多ッ!?


第一位は…




イギリスー!
その数約29000人。(日本の約、3倍!)
ふぅぁふぅぁ。


ここまでイギリスの数が多いのは、オーストラリアがイギリスの植民地だったように歴史的なつながりなどもあるのかと思いますね。

また、イギリスは物価も、失業率も高く、雨の多い気候などが影響して自国を離れたいと考える若者が多いのでは。

以前、ワーホリ中に出会ったイギリス人が言ってました。

「オーストラリアはイギリスに比べたら生活に好条件だからさっ。」って。


ということで、オーストラリアでは世界中の人々と出会うチャンス!
一生に一度の最高な経験を☆


ツアー







■国際コミュニケーションセンター
http://www.icc2004.jp/

■オーストラリア専用サイト
http://www.icc2004-au.com/

緑に癒される日々を5

今日はあいにくの雨ですが
最近梅がきれいに咲いているのをよく見かけますよね。


皆さんお待ちかねの桜はといいますと、東京の開花宣言は3/26になっているようで、満開になるのは4/3あたり

ということで、いよいよ来週からお花見weekに突入ですね。

お花見スポットといえば、私、「新宿御苑」をお勧めしたいです。

以前ワーキングホリデーでオーストラリアへ行き、1年間海外生活しましたが都心で生活しながらも常に緑に囲まれていてとても優しくリラックスできる雰囲気にいつも癒されていました(´∀`)

何せ当時は慣れない海外生活でしたので、言葉や人間関係で悩むことも多かったですから…汗。

その時、都心と緑が融合している生活環境に慣れてしまったので、日本の都心にも安らげる場所があったら良いのになと思ったことがあります。


パークパークツー













↑写真は大都市シドニーの「ハイド・パーク」↑公園の向こう側には観光スポットのハーバーブリッジが見えますね



それにしても、東京はビルばっかりだし


と思っていたのですが、
日本に帰国後、「新宿御苑」を知りました。
http://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/index.html


入園料として200円かかることにまずビックリしましたが、中に入ってみるとその敷地内の広さは文句ありません。何よりそこにいる人たちの表情が本当にリラックスしていてステキでした。癒されてるな

あ〜。大都市新宿にもこんな場所があったなんて…。
と感動。


まだ、「新宿御苑」に行ったことがない人は是非!
このお花見シーズンは最高ですよ。
※回し者ではありません。




■国際コミュニケーションセンターの公式サイト
http://www.icc2004.jp/

■海外生活写真館
http://www.icc2004.jp/photo2.htm

THE ベジマイト

こんにちは。

今日はすごいゲストに来ていただいています。


紹介します。


「ベジマイト」くんです。

ベジマイト

なんだかご存知の方も多いと思います。

wikiによれば

ベジマイト (Vegemite) は、塩辛く濃い茶色のペースト状の食品である。主にサンドイッチに用いたり、トーストに塗ったりして食べるが、料理に使うこともある。

オーストラリアとニュージーランドではポピュラーであり、半ば冗談でオーストラリアの国民食と言われることもあるが、他の地域ではめったに見られない。

だそうです。
恐ろしくまずいです(個人的意見)
とにかくオーストラリアに行ったら絶対に通らなくてはならない道です。
日本人が外国人に納豆を勧めるようなものでオーストラリア人は「これを食べて育った」と勧めてきますよきっと。


私がオーストラリアを訪れたとき、xxxx(フォーエックス)ビール工場を観光し、そこで衝撃的な事実を聞かされました。

ビール製造→ビールの絞りかす→ベジマイト

という過程でした…


ベジマイトの原料はイースト菌抽出物というビールの製造の過程で出来る副産物です。

あんなおいしいビールからこんなに恐ろしいものが出来るとは…

オーストラリアに行かれる際は「ベジマイト」をお試しアレ



ワーキングホリデー・海外ボランティアならICC




ハッピーイースター!!5

こんにちは。

今週末から、オーストラリアを含むキリスト教徒の国ではイースターホリデーに入ります。

日本ではなじみのない言葉ですが、イースター(Easter)とはイエス・キリストの復活を祝う祭り(復活祭)です。
毎年、日付けが変わる祝祭日で、春分後の最初の満月の次の日曜日、ということで、今年は3月23日(日)がそれにあたります。
生命や復活の象徴である『たまご』にペイントをして飾ったり、庭に隠して子供たちに探させる「エッグハント」という遊びをしたり、『たまご』や、繁栄・多産の象徴である『うさぎ』をかたどったチョコレートを交換しあったりします。
クリスマス同様、グリーティングカードを送りあう風習もあります。

キリスト教徒の中では、実はクリスマスよりも重要なイベントのようです。


チョコレートにちなんだ余談ですが、私がオーストラリアにいた頃、このCudburyのチョコレートが好きで良く食べていました
チョコレート

このイースターの季節になるとスーパーのチョコレートコーナーはイースター仕様のチョコレートがずらりと並び、お客さんの目を楽しませてくれます。
皆さんも是非見に行って見てください




そのイースター(3月23日)の前後は休みになり、日本でいうゴールデンウィークのような連休になります。

グッドフライデー(3月21日)
イースターサタデー(3月22日)
イースターマンデー(3月24日)

という感じで4連休です。

ただ、このイースターホリデー、国や地域によって日付けが異なることがありますので、注意が必要です。
郵便局や銀行などの公共機関やお店などは休みに入ってしまいますので、これから渡航される方や、ワーキングホリデーで出発して間もない方などは、慣れていない習慣ですので、事前に日程をチェックしておきましょう。




ではまた。



国際コミュニケーションセンター
http://www.icc2004.jp/

オーストラリアGP F1-2008年シーズン開幕!

今日3月14日(金)
オーストラリア ビクトリア州メルボルンのアルバートパークサーキットで2008年のF1シーズンが開幕しました!
日本勢がんばってほしいですね。

スーパーアグリの佐藤琢磨選手・中嶋一貴選手 Go for it


さてさて、F1のネタで始まりましたが、オーストラリアといえば、言わずと知れたスポーツ大国!

えっ、そうなの叫び

という声が聞こえてきそうですが、そうなんです。


実はオーストラリアは2000年の地元シドニーで行われたシドニーオリンピックでは計58個のメダルを獲得しています。この数字はアメリカ、中国、ロシアに次ぐ結果で、人口2000万人程度の国としては驚異的な数字だったようです。また、この大会ではイアン・ソープが金メダル3個と銀メダルを2個獲得し大活躍ています。Excellent


ちなみに、その4年後のアテネオリンピックでは、49個のメダルを獲得しこの大会でもオーストラリアはメダル獲得数第4位の結果でした。Fantastic


そもそもこの目覚しい活躍の裏には、オーストラリアのトップアスリートを発掘・育成する研究所があげられます。
日々トレーニングを受け、努力してきた選手たちがオリンピックで活躍しているということですから、人口の数が多いほど、多くの才能を持った人がいるというのではなく、少ない人口でも努力と育成で世界で結果が出せる選手を養成することができるということを証明していますよね。


人口2000万人のオージーたちが2008年の北京オリンピックでどれだけの数字を残すのか、楽しみです。



オーストラリアでは以下のスポーツが盛んに行われています。
参考に☆

■クリケット(野球のような球技でオーストラリアの国技です)
■ラグビー(ワラビーズの愛称でおなじみ)
■テニス(全豪オープンは熱い!)
■フットボール・サッカー(ドイツワールドカップで日本を破り旋風を巻き起こした)
■水泳(イアン・ソープは伝説です)
■野球(阪神タイガースのJFKのJことウィリアムスが有名です)
■ソフトボール(アテネで日本は負けてしまいました)
■競馬(メルボルンカップは国民の一大イベント)

などなど。

オーストラリアへの留学・ワーキングホリデーは国際コミュニケーションセンター
http://www.icc2004.jp/