「留学・ワーキングホリデーの知っ得情報」

留学実現の最後のハードルがビザ申請です。 これまで10年以上、留学・ビザ手続きに携わった「過去の経験」と「最新の情報」をバランスよく掲載し、皆様の留学準備に役立てていただければ幸いです。

2008年03月

あの子はベジタリアン5

今日は友人の話をします゜
゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

私の友人は某英会話スクールに通ってまして、そこで英会話講師のアメリカ人女性と知り合いお付き合いをしています(^∀^)(´∀`)



友人と彼女も交えて食事に行く機会もあるのですが、その彼女はベジタリアンなんです( ´_ゝ`)

そこでよく考えると、ベジタリアンの人と食事をするときはどんなお店に行けばいいか全く分かりません。

肉・魚を使わない料理とは何かを考えると…

すぐには思いつかないのです。
「そば」ヘルシーなものを思い浮かべるのですが…

出汁が鰹節だったり…もはやです。

そこで最終的に行くお店は「お好み焼き」か「パスタ」しかありませんでした。

そんな感じで毎回お好み焼き(桜海老、鰹節なし)かパスタ(トマト系など)です。


はじめに彼女さんとお会いしたときに好きな食べ物を聞いたところ…





「餃子」(*・ω・)ノ




と言ってました。





その時点で餃子に肉が使われていることを彼女は知りませんでした。




ベジタリアンの彼女のお話でした。



ワーキングホリデー・海外ボランティアならICC


小学校から英語に触れる子供たち3

こんにちは。

今年度より、小学校5年からの英語が必修化されます。
正式には「外国語活動」という科目ですが、「外国語活動においては、英語を使うことを原則とすること。」とありますので、要は英語ですね。

じゃぁ中学・高校とやってきた「英語」の授業とはどう違うのか。

「外国語活動」は、

外国語を通じて,言語や文化について体験的に理解を深め,積極的にコミュニ
ケーションを図ろうとする態度の育成を図り,外国語の音声や基本的な表現に慣
れ親しませながら,コミュニケーション能力の素地を養う。

とあるように、中学・高校でやってきた「読み・書き」よりも「聞く・話す」を中心とした科目です。

コミュニケーションの基本的な部分である、あいさつ、自己紹介、買い物、食事、道案内などや、子供たちの身近なシチュエーションとして、家庭での生活、学校での学習や活動、地域の行事、子供の遊びなど、学ぶ子供たちの身近なコミュニケーションの場面に沿った学習方法が提言されています。

ネイティブスピーカーの積極的な活用のほかに、外国語に堪能な地域の方々の協力も得て内容の充実をはかっていくそうです。




先日、叔母から聞いたのですが、甥っ子(4歳)が英会話スクールに通っているそうで、すごく楽しくやっており、気に入っているそうです。そこで、そのスクールでは今年の夏に希望者だけで行く海外留学ツアーのようなものがあるそうで、甥っ子はそれに対し、「留学したい」と自ら留学への意欲を見せたそうです。

「頼もしいなぁ」と思いつつ、「自分が子供の頃とはもう時代が違うんだなぁ」と考えていました。
発音が悪いと直されるそうで、結構簡単な言葉ならしゃべれるようです。


これからは「英語がしゃべれて当たり前」、
そんな時代が来るのでしょう。




さて、小学校の授業の話しですが、
もちろん小学校の先生たちにも、英語のスキルが求められてきます。
いかに生きた英語に触れてきたか、
読み・書きだけでなく聞く・話すの勉強もしてきたか、
などで、授業の質も変わってしまうと思います。

未来の担う子供たちの前に立つ先生たちには、これから海外での経験が有利に働いてくるのではないでしょうか。




そんな今を生きる小学校の先生たちにはこのようなプログラムに是非参加してほしいですね。
日本の未来、そして自分の未来のためにっ

↓↓↓
日本語講師アシスタント
http://www.icc2004.jp/school2.htm
↓↓↓
幼児施設ボランティア
http://www.icc2004.jp/childcare2.htm







国際コミュニケーションセンター
http://www.icc2004.jp/

実写版ドラゴンボールZ!4

こんにちは。

海外で大人気の日本のアニメと言ったら…

真っ先に思い浮かぶのは


ドラゴンボール

ポケモン

遊戯王

セーラームーン

ちょっと古いですか?orz…

私がオーストラリアで生活したとき、子供たちとよくドラゴンボールの話で盛り上がった記憶があります。

そして

「ドラゴンボールは日本のアニメだよ」

「いや、ドラゴンボールはオーストラリアのアニメだ」

と言い合いになったのを覚えています。
なかなかつたない英語でそれを説明するのは大変(もはや不可能)でした。

さて、巷でも話題のドラゴンボール実写版。
どうやら公開が大幅に遅れるようです。
楽しみにしていた1億2千万人の方々には残念です。←え

詳しくはこちらのブログから

このドラゴンボールの世界観はオーストラリアっぽいと思っていたのですが…

オルガ



【写真】カタジュタ(マウントオルガ)風の谷

実際はの撮影はメキシコらしいです。
しかもセット…



英語のブログが読めるように…
そんなのがきっかけで海外に行かれる方もいらっしゃいます。
ワーキングホリデー・海外ボランティアならICC

オーペア/ナニーって何??5

こんにちは。


今回は、オーペアとナニーについて書いてみました。

海外留学のサイトを見ていると、「オーペアプログラム」とか
「ナニープログラム」とかいう言葉を見かけますよね?

簡単に言ってしまうと、「ベビーシッター」のようなものです。

では、そのオーペアとナニーの違いとは何なのか?
簡単にご説明します。




オーペア(Au-pair)

オーペアとは、フランス語で「対等の立場で」という意味で、
外国人が、言語習得や国際交流の目的で、一般家庭に入り、炊事・洗濯・掃除・育児などの家事全般を手伝う代わりに住みかと食事を提供してもらえるという制度です。
日本では馴染みのない制度ですが、欧米では広く知られています。中にはお小遣いまでもらえるものもあります。



ナニー(Nanny)
対してナニーとは、育児や教育の知識を持った幼児保育のスペシャリストのことで、職種名です。こちらもまた欧米では広く知られているもので、一昔前のイギリスの中流以上の家庭では、ナニーがいる家庭が多かったそうです。特別な資格があるわけではないですが、養成校などを出ていると信頼度が高まります。訪問する場合と、住み込みの場合があります。






オーペアのほうが、留学という意味合いが強いようですね。
家族の一員になり、日々の会話にはその国の言葉が使われますので、言語習得には良い環境です。
さらにオーペアの良い点は留学費用が安く済む、というところです。

ご興味のある方は、調べてみてはいかがでしょうか?
詳細希望の方はお問い合わせ下さい!




オーペアプログラム
http://www.icc2004.jp/aupair2.htm

国際コミュニケーションセンター
http://www.icc2004.jp/

マルディグラ in シドニー5

今夜は一年に一度のマルディグラ!!

マルディグラって何?っていう人がほとんどかと思いますが、
毎年オーストラリア、シドニーで開催される
「ゲイ・レズビアン(同性愛者)の祭典」なのです。

http://www.mardigras.org.au/calendar_detail.cfm?id=226


今年のマルディグラに参加する同性愛者は約1万人と言われていますが、そのパレードを見ようと世界各地から毎年たくさんの観光客がオーストラリアのシドニー中心部を訪れています。
ちなみに、今年はその数100万人で過去最大規模と予想されているようです


普段はオーストラリアの他都市でワーキングホリデーや留学をしている人でもこの日のために2〜3日前からシドニー入りしている人は多いのではないでしょうか?


性別なんて恋愛の本質に関係ない!同性愛者でもそうでなくても皆で一緒に楽しもう!というシドニー流のパレードを楽しんでください!?


このように、興味ある・ないに関わらず、日本ではあまり馴染みのない文化に触れるのも異文化体験ですね。

今日、突然思い出したのでピックアップしてみました



■国際コミュニケーションセンターの公式サイト
http://www.icc2004.jp/