「留学・ワーキングホリデーの知っ得情報」

留学実現の最後のハードルがビザ申請です。 これまで10年以上、留学・ビザ手続きに携わった「過去の経験」と「最新の情報」をバランスよく掲載し、皆様の留学準備に役立てていただければ幸いです。

2008年06月

tetsuya's in sydney3

Hello!

I went to Australia last year. We had a lunch at my wife's cousin's restaurant. His name is Tetsuya and the restaurant is called Tatsuya's. Its been elected best restaurant in Australia for the past 7 years. Tetsuya is a Japanese who came to Australia 15 years ago. He creates his own dishes. A fusion between French and Japanese cuisine. He inventes his own sushis.

We went twice.

The fisrt time, we were in the biggest of the 3 dining rooms enjoying testsuya's degustation menu. Amazing from the beginning to the end. Tetsuya's signature, a troat, in particular, was remarcable.

The second time, he invited us in his private dinning room wich is his laboratory as well. His 2 sushis chefs (both Japanese) made in front of us Tesuya's creation. Believe me his sushi shrimp on foie gras was the most amazing thing I have ever eaten. 2 hours later, when I went to bed, the taste was still rolling in my mouth.

Check Tetsuya's at:http://www.tetsuyas.com/

オーストラリアで調味料を集める!


オーストラリア=お肉!!+じゃがいも+パン!!
だと思っている方が多いのでは・・・。
私も渡航前はそういう知識しかありませんでした。
まさに
日本=お寿司!!刺身!!天ぷら

のようです。
でも、日本にはまだまだ美味しいものがいっぱいあります!!
個人的には、納豆とか、チキン南蛮とか。
こっちに住みつくようになると、だんだんと面白く見えてきます。
オーストラリアに来て、お肉ばっかりだー太るーと思う人も多いのでは??
ところが、たーくさんのバリエーション豊かなお食事に出逢えます!

私の最近のブームは、東南アジア系です。
タイ料理、ベトナム料理、ミャンマー料理など。
沢山の香辛料を使っています。
見た事もないようなものが沢山!
日本で生活していると、お醤油、お酒、お塩、お砂糖、たまにラー油ぐらいが使われます。(実家)
レストランにいって注文をしても、その料理の味が想像できないのです。
そして美味しいのです!
何回もレストランで食事をするようになると自分で作ってみたくなってきます。

私も、最近調味料を少しずつ集めてみることになりました。
あまり興味のなかった料理もこういう形ですこしづづわくわくする気持ちになってきました♪
オーストラリアに来ると、語学だけでなくこういう事も学べるのです!
これこそ異文化カルチャーです!

続く・・・・。



オーストラリア留学・ワーホリはICC
http://www.icc2004.jp

英会話講師のクリスより

ICCの英会話講師クリスからです( ´∀`)つ

Hello!
IT's been a long time.

I'm still teaching here as a part time and I have a fool time position as ALT in Soka-shi. Everyone is very nice overthere but I just found a better job as French teacher. Don't worry I'm staying here at ICC to help you going to Australia or Canada.
I'm spending some time to make some card games that we can use here for the lessons to help you guys memorizing those difficult words. But, its quiet difficult to find suitable plastic cards for the laminator.

Atsuro and Ken assured me that they will do everything possible to make a miracle. And, hopefully, we will play together next month.

I will have a break in the begining of august. My mum is coming here for her sixth trip in Japan. She loves the country. We will go together to tohoku. I can't wait! I've never been there and everyone tells me that it is a fantastic place. I want to swim in the ocean and eat fresh sushid and sea fruits.

If you know some great place that must be seen there, please, write me back.

That's all for today!

See you soon!

Christophe.

(・∀・)訳せましたか?
(´∀`)みなさんもクリスに会いに来てください!


事前英会話サポートも万全!ICCでワーホリ、短期留学!
http://www.icc2004.jp

格安航空券…3

日本とオーストラリアを結ぶ生命線とも呼べるカンタス航空が先日7月〜9月までの燃油サーチャージの引き上げを発表しました。

もはや影響を受けているのはガソリンだけではありませんね。
以下カンタス航空のWEBサイトで記載されている文章です。


「燃油特別付加運賃」(燃油サーチャージ)の額改定に関して

2008年6月13日

カンタス航空では、航空燃油価格高騰のためお客様に「燃油特別付加運賃」(燃油サーチャージ)のご負担をお願いしております。高騰を続けるシンガポールジェットケロシン市況価格は、2008年2月〜4月の3ヶ月間平均で1バレルあたりUS126ドルを記録するにいたった状況を受け、2008年7月から適用する日本〜オーストラリア間国際線(他航空会社に運航委託している共同運送便も含みます)の「燃油特別付加運賃」(燃油サーチャージ)の額改定とその改定条件を決定し、2008年6月12日付けで国土交通省の認可を受けました。


ということです…
6/30までは1区間(片道)20000円の燃油サーチャージですが、7/1以降は1区間(片道)28000円になります。往復チケットの場合7月からは28000×2で56000円…

9月までにワーホリ・短期留学で出発を予定している人は、少しでも早く出発日を確定させ、少しでも安く6月中にチケットを取ることをお勧めします!

どこの国に行くにも同じような料金設定なので、これから海外旅行離れが進みそうですよね


尚、航空チケットの手配、ワーホリビザの申請、留学・ワーホリ保険などもICCでサポートしていますので、お気軽にお問合わせ下さい。


□東京・千葉オフィスで無料留学カウンセリング実施中!
国際コミュニケーションセンターのサイト(ICC)
http://www.icc2004.jp/

最近は、川でシャワーあびてます…

オーストラリアでワーホリしているメンバーさんより、メールが届きました
メールにある通り、現在はオーストラリアの大自然に触れながら車で旅しているようです。
色々な街の名前が出てきて、知らない人には何のことやら分からないと思いますが、メールからアドベンチャーでサバイバーな感じは出ていますよね。これぞ旅!これぞオーストラリア!これぞ青春です! 



お久しぶりです。お元気ですか?
仕事は忙しいですか?

自分はパース〜ダーウィン間をレンタカーで旅してきました。
途中ジンベイザメと一緒に泳ぎ(彼はとても力強く優しかった)カリジニを満喫し
ブルームで真珠の仕事をやりたかったのですが、時期が悪く断念しました。

キンバリーは本当にすごかった。バングルバングルは今までのすべての悪事をザンゲしたくなるような
神聖な場所だったし、ほかのナショナルパーク、ゴージも大迫力でした。
お金を節約するために寝泊りはすべて車の中、ごはんも腐りかけのパンとか暖かくなってしまった水とかでしのいでいました。
シャワー代わりに入る川や滝つぼがすごい気持ちよかってですね。

ギブリバーはかなりの悪路で、何度となく川の中を運転し、あまりの揺れに後ろのドアが開かなくなってしまいましたよ。
車も緑色の液体とともに悪臭を放ちストップ。

それでもおじさんが自分以上に心配して助けを呼んできてくれたりして、いろんな人に助けてもらいもらいました。

人の優しさにふれて、太陽のリズムで生活し、大自然の声に耳を傾けて、自分のちっぽけさがわかりましたね。

カカドゥーもいったのですが、キンバリーを見た後だったので、あまり興奮しませんでした。

命がけで遊んだから、めちゃくちゃ面白かったですね。

これからまた南に向かって旅にでます。今度は地球のへそを見にいってきます。

大陸横断鉄道ガン! 楽しみです。




■一生に一度のワーキングホリデーをサポート!
国際コミュニケーションセンター(ICC)のサイト
http://www.icc2004.jp/

イギリス英語のオーストラリア

オーストラリアはイギリスの植民地だったことで話される英語はイギリス英語です。

町の看板などを注意してよく見てみると…

Shopping Centre (ショッピングセンター) と書いてあります。

どこが変なのか分かりましたか?

terが treになっていますね。

他にもtheatre(映画館)などがあります。

読み方は普通ですので心配いりませんが…



それでは
オーストラリアに行ったときには確かめてみてください。

ワーホリならICCでGO!
http://www.icc2004.jp/

記憶的な、夏が来る!4

最近、19年ぶりの最新作として話題を呼んでいる『インディージョーンズ』。もう直ぐ公開ですね。

そんな中、6/7(土)にオーストラリアの映画
『BLUE BLUE BLUE』が全国映画館で公開。
『ブルー・ブルー・ブルー』のオフィシャルサイトはこちら。

http://www.blueblueblue.jp/

この『ブルー・ブルー・ブルー』は、
オーストラリアの港町「ニューカッスル」を舞台に、プロを目指してサーフィンに明け暮れる若者たちの輝きと苦悩を描いた青春サーフムービー

※「ニューカッスル」は、シドニーに次いでニューサウスウェールズ゙州第二の都市で、オーストラリア最大のサーフイベント『Surfest』の開催地。大会には世界各国からサーファーが集っています。

オーストラリアのワーホリ中、ニューカッスルに滞在したことがある私は、今週末にでもレイトSHOWで見に行こうと思っています。


この映画では、オーストラリアの街・言葉・人々の暮らし・恋愛・友情など多方面から文化を感じることできるので、サーフィン未経験者でも楽しめる内容だと思います。また、プロのサーファーも出演しているので波乗りシーンは大注目かなと。
あと、ビッククラッシュも見逃せませんね!

まさに、ブルー(青い空)で、ブルー(青い海)で、ブルー(ブルーなヤツら)な映画となっているようです。


興味ある方は是非映画館へ!

ワーホリ考えている人はオージーイングリッシュを感じる良い機会です。


■オーストラリア・ワーキングホリデービザセミナー開催中
国際コミュニケーションセンター
http://www.icc2004.jp/

オーストラリアでの喫煙

今回は喫煙者(スモーカー)さんについてのお話です

ご存知でしょうか??

オーストラリアでは、タバコが高い!高い!!

たまげますよ!!

日本でいうマルボロは320円くらいですよね?

ここ、オーストラリアでは、9ドルくらい!

日本円でいう900円くらいです・・・。

場所によっても、違いますが、コンビニで買うと破格の10ドル超え!!!!

日本の3倍近くの値段で売られています。

このことで、オーストラリアにきて禁煙を始めよう!という人もいます。

でも、それがなかなか・・・。

こんなにも値段が高いのに、それでもお昼ご飯をがまんして一箱・・・なんていうのも多いのです。

日本では1箱20本入りがあたりまえですが、ここでは20本はもちろん、40本、30本入りが多いのです!



タバコを吸いたい!でも高い!という人には、画期的(?)な商品が!

それが巻きたばこ!

私もこっちに来て始めて見ました。

フィルターに葉っぱ、そしてペーパーのセットです。

セットで買うと、(種類にもよりますが)15ドルくらいでおさめる事ができます。それに、約100本分くらいは作る事が出来ます。

なので、これをもって町中で座ってマキマキしている人もよく見かけます。



日本では、まだそんなに禁煙者にとっては困ったことはないと思います。

ファミレスでも、居酒屋でも禁煙席があると思います。カフェでもそうだと思います。

オーストラリアは厳しいです!

まず屋内は全て禁煙!もちろん、パブやクラブでも!

オープンカフェも無理なのです。

ゴールドコーストより車で約1時間のブリスベンはもっと厳しいのです!

屋外でも建物から4メートル以内はダメ!!



どんどんと喫煙者にとっては大変になっています。

でも、こんな状況でも、探しちゃうんですよね、場所を・・・。




つづく・・・・

オーストラリアワーホリはICCから