「留学・ワーキングホリデーの知っ得情報」

留学実現の最後のハードルがビザ申請です。 これまで10年以上、留学・ビザ手続きに携わった「過去の経験」と「最新の情報」をバランスよく掲載し、皆様の留学準備に役立てていただければ幸いです。

2009年12月

1ヶ月の生活費はどれくらい?オーストラリア(シドニー編)



今回は、生活費についてです。

一ヶ月いくらで生活できるのですか?という質問をよく頂きます。

今回はシドニーでの生活費の目安を発表します。








250px-Last_sunset_over_2000_Olympic










家賃500ドル(アパートルームシェア)

光熱費は家賃に含まれます。

携帯電話30ドル

交通費150ドル

食費100ドル

雑費、お小遣い 150ドル

合計930AUSドル

1AUSドル約80円(2009年12月21日現在)


オーストラリアの家賃は週払いが基本となります。
一ヶ月に四回も支払いがあるってショックを受けるかもしれませんが、
その分給料も週払いとなります。

文化の違いを楽しんでくださいね。


ワーキングホリデー・学生ビザが格安で取れます!
http://www.icc2004-visa.com

留学に関する情報満載!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデーの裏技満載!
http://www.icc2004-au.com

オーストラリアの幼稚園の誕生会!

こんばんわ。


今日も寒いですね。
最近この台詞が多くなってます・・・


今日はオーストラリアの幼稚園でのひとコマです。
むこうの幼稚園では誕生日にはお母さんがケーキを買って朝幼稚園に持参し、
日中にそのケーキでハッピーバースデイをやるところがあります。

これだけでも日本にない感じですし、「平等を」という日本では難しい文化かと思います。


ただ、オーストラリアのケーキはとんでもなく毒々しい色だったり、
ありえないデコレーションだったりします。
真っ青なクリームで覆ったケーキに、不気味な大きめの人形が乗っていた・・・
なんて強烈なものもありました。


今回は不気味ではないのですが、オーストラリアっぽいというか、
なんか素朴に面白い一枚です。



顔が切れてしまっていますが、立て肘をついてるピンクの子が主役です。

DSC01361

このとりあえず置いてるような「一粒のさくらんぼ!」なんか不思議な違和感です。
たまたまお母さんの手元にあったんでしょうね〜

このアバウトさがオージー(オーストラリア人の愛称)っぽい気がします。



こんな体験を実際に経験することが出来るのが、
幼児施設体験です。
子供が好きな人、保育士さん、どんな方でも1週間から参加可能です。
是非ただの語学スクールでない体験をしてみて下さい。
http://www.icc2004.jp/program_youji.html

面白い場面に出会えるかと思います!





ワーキングホリデー・学生ビザが格安で取れます!
http://www.icc2004-visa.com

留学に関する情報満載!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデーの裏技満載!
http://www.icc2004-au.com

留学・海外生活に生きる英語ことわざ!No.5

こんにちは。


もう今年もあと少しですね。
年末年始は色々なことを考えます。

その中でやり残したこと、来年はやろうと思うこと、
そんな想いを抱く人は多いと思います。


そんな時にこんなことわざです。

One of these days is none of these days.
(いずれそのうちという日はない)


GOALの最初の2文字はGoです。
goalを「Dream with adeadline」(期限付きの夢)とも言うそうです。
いつかやりたいと思っていても期限を設けなければ実現の望みは薄いということだそうです。


これだけ時代の流れが速くなると、「1年の計は元旦にあり」というのは古く、
「1年の計は年末にあり」といえます。

もし今年やり残したこと、先延ばしにしていることがあれば、
是非来年は「来年はやろう」でなく「来年中には実現する」と期限をつけてみましょう。
それを年末に誓うだけで初詣の願い事が変わってくると思います!


海外では日本で出来ないことへのチャレンジです!
それもビザという期限の中でやらなければいけません。
迷っているならGoです!


ワーキングホリデー・学生ビザが格安で取れます!
http://www.icc2004-visa.com

留学に関する情報満載!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデーの裏技満載!
http://www.icc2004-au.com

オーストラリアでアラビアン!

こんばんわ。


今日はほんとに寒いですね・・・
忘年会も寒さもきついです。


今日はオーストラリアでも人気のスポット、
ウェスタンオーストラリアのブルームです!
オーストラリアの地図では左上の方です。


観光旅行では東海岸多いので、なかなか西のこの場所を旅行で訪れる人は少ないかもしれないです。
ただ行った人はオーストラリアでもベスト3に入るビーチといいます。


それがブルームにあるケーブルビーチ「Cable Beach」です。

名前の由来はオーストラリアからイギリスに繋ぐ電信線が、
この沖合いに出来たのが由来だそうです。


ここは砂浜でラクダに乗れる「キャメルトラック」があるように、
なんか神秘的なアラビアンの雰囲気を感じました。

IMGP2624

インド洋の海の雰囲気とこのビーチの神秘的なところがそんな感じを抱かせるのかもしれません。


日中もいいですが、サンセットの夕方がお勧めです。

IMGP2615

ワーキングホリデーの人、旅行日数が取れる人は是非訪れてみて下さい。



ワーキングホリデー・学生ビザが格安で取れます!
http://www.icc2004-visa.com

留学に関する情報満載!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデーの裏技満載!
http://www.icc2004-au.com

1分でできる簡単英会話!



今回は1分で覚えられる簡単英会話についてご紹介します。

友達を誘いたいときに使うフレーズです。

『明日はひま?』


A: Are you free tomorrow?
  (明日はひま?)

B: Sorry, I have an appointment.
  (ごめん、予定があるの)


A: How about Saturday?
   (土曜はどう?)


B: Well,,, Sunday morning is fine.
   (そうねぇ、日曜の午前中がいいよ)


どうでしたか?

簡単なんですが、よく使われる会話です。


丸暗記して使ってみてくださいね。


ワーキングホリデー・学生ビザが格安で取れます!
http://www.icc2004-visa.com

留学に関する情報満載!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデーの裏技満載!
http://www.icc2004-au.com

二つのクリスマス島!一つはオーストラリアに。

こんばんわ。


街はクリスマスの賑わいですね。
そこでクリスマスにちなんだ内容です。


世界にはクリスマスと名の付く島が二つあります!

参考サイト
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%B9%E5%B3%B6

一つはキリバス共和国に、そしてもう一つはオーストラリアにあります。

アジアに最も近いオーストラリアの島というだけあって、
本島からはだいぶ離れています。
パースから約2500キロ離れています。
むしろインドネシアのが近いです。


古くはイギリス領でありましたが、現在はオーストラリア領になっています。
かつてはリン業で中心であった街です。


一方、キリバスのクリスマス島は世界で一番はじめに日付の変わる有人島とされています。
(西経157°北緯1.5°の赤道直下)
1777年のクリスマス・イブに冒険家のキャプッテン・クックが発見し名前が付いたと言われています。

キリバスは英語も通じますが、キリバス語というのがあって、
面白いのはアルファベット26字のうち13文字しか使わないのでS→TI、C,G→K L→Rに置き換えます。
クリスマス島をアルファベットで表すとなかなか読めません・・・
こう書きます、"Kiritimati Island"




クリスマスに話すちょっとしたこネタにどうぞ!


ワーキングホリデー・学生ビザが格安で取れます!
http://www.icc2004-visa.com

留学に関する情報満載!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデーの裏技満載!
http://www.icc2004-au.com

マイナーだけどお勧めスポット オーストラリア編



今回はマイナーなんだけど、楽しい観光スポットを紹介します。

みなさんはオーストラリアの中に独立国があったのをご存知ですか?

その名もハットリバー王国です。





leonard



















独立国といっても政府から認められていませんが。。。

そんなハットリバーのアクセスはパースから約600km北上したところにあります。

国道からわき道に入るのですが、看板があまりにも小さいため、注意する必要があります。(パースから北へ移動するコンチキツアーに参加したらハットリバーに行くこともできます。)

わき道に入ってからはダートロード(未舗装)をひたすら走ります。走って、走って、走った先にまだ着かないのかなって思った頃に小さな村がひょっこり現れます。

中に入ると王様が自ら観光案内をしてくれます。

パスポートにもハンコを押してもらえますよ。(世界中のスタンプを集めているかたは是非!!!)


切手やポールペンなどのオリジナルグッツも購入できます。

到着が遅くなってしまった方にはキャラバンパークに宿泊できますよ。

とっても元気で気さくな国王なので、ぜひお立ち寄りください。

それにしても、国を作ってしまうなんてすごいですね〜!


ワーキングホリデー・学生ビザが格安で取れます!
http://www.icc2004-visa.com

留学に関する情報満載!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデーの裏技満載!
http://www.icc2004-au.com

野生のイルカがこんな近くに!AUS編

こんにちは。


オーストラリアと言えば海、海といえばイルカ、
というようにイルカ好きな方は多いかと思います。

IMGP2980

オーストラリアには野生のイルカが身近で見れる場所が何箇所かあります。
野生といっても餌付けをして慣れているので、半野生といった感じですかね。

クイーンズランドにあるモートン島や、
ウエスタンオーストラリアのモンキーマイアなどが有名な場所です。

運がよければその近づいたイルカに餌をあげられる体験が出来ます。

イルカが来るのをスタンバイして待ちます。
イルカが現れるとスタッフが呼んでくれるので、みんな浅瀬に集まります。
その中でスタッフに指名されると餌をあげることが出来ます!

日本人は選ばれやすいとか、子供の近くにいると選ばれやすいとか、
色々な噂がありますが、頑張ってアピールしてみてください。

(私はダメでした・・・)

是非イルカ好きな方は訪れてみて下さい!


ワーキングホリデー・学生ビザが格安で取れます!
http://www.icc2004-visa.com

留学に関する情報満載!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデーの裏技満載!
http://www.icc2004-au.com

フレーザー島の事件について 「ワーキングホリデーとは」

こんばんわ。



少し検索をしてみるとやはり何件かありましたが、

日本のニュースの記事のそのままのものが多いと、

ほんとは大好きなオーストラリアの悪い記事はないのですが、

色々な掲示板の書き込みを見て書くことにしました。



フレーザー島は世界遺産にも登録されている、

砂で出来たとてもきれいな素敵な島です。

島の中心部にある湖の綺麗さにとても感動しているのを覚えています。





オーストラリアのニュースによると、

フレーザー島では大きい小さいは別として過去6年間で42件の同じような事故があったそうです。

けっこう数も多いのでこの辺がなんとかならなかったのかなと思います。





オーストラリアの自然での遊びは日本よりも自己責任を持たせる割合が多い気が私の私見ですがします。

そのためあまり管理され過ぎないのが良さでもあり、時に不安さにもなります。





どちらがいいのかは分かりませんが、それぞれの参加者がそのような意識を持つのも大事なのかと思います。

よく皆さんに言う「豪に入ったら豪にしたがえ」それも外国で生活、楽しむには必要なのかと。

(今回の被害者の方が不注意ということではまったくございません)





現場にいない、専門家でない自分にはどちらがとは分かりません。

ただオーストラリアの良さは変わらないでほしいし、行かれる方もあの素敵な国を満喫してほしいです。





一番記事を書きたかったのは、いくつかの掲示板の匿名の書き込みです。

日本のある報道でこの方たちが「ワーキングホリデー」での参加者と伝えました。

そこの書き込みには、

「ワーキングホリデーなんて遊びのチャラチャラした留学で行ってるからだ」

「日本が不景気なのにワーホリなんかで遊んでるからだ」

「ワーホリを選んでる自体が甘いんだ」



とても寂しくもあり、腹も立ちました。



たしかにそのような人、そのような印象があることも否定はしません。



ただこのように被害者の家族が悲しんでいる時、

そしてきちんと頑張っているワーキングホリデーの方たちがいるのに、

そんな書き方はないんじゃないかと思います。



中にはワーキングホリデーを知らない方、これから渡航するご家族、

多くの誤解が出るのではないかと思います。





自分もワーキングホリデーを経験し今があります。

多くの頑張っている方も知っています。

自分の将来の夢の実現のためにこのビザを有意義に使ってる方もいます。

人生の大切な人と出会いご結婚された方もおります。



このワーキングホリデーには多くの可能性があります。



だから言いたいです、

「ワーキングホリデーは遊びだけのものでなく、きちんとした一つの留学のスタイルだ」と!



ただほんとうにそのような印象があることは現状ですし認めます。

可能性の反面、自由に色々なことが出来る分、目的意識もなく渡航される方、遊んでしまう方もおります。

そこにかかわっている身として、少しでも改善できればと思いますし、

話すことが出来る方には頑張ってもらえるように伝えたいと思います。





賛否両論あるかと思いますが私の私見であり思いです。

何かコメントがあればどんどんご意見下さい。自分の言葉には責任を持ちます。





長い文章を読んでいただいた方がおりましたらありがとうございます。



最後で亡くなられた方のご冥福と、怪我をされた方の回復をお祈りします。

いよいよ予約開始!!イギリスワーキングホリデー!

こんばんわ。

しかし日が暮れるのが早くなりましたね。


さて人気、問い合わせのイギリスのワーホリビザですが、
いいよ12/15に大使館申請の予約が開始です!


はたして15日とは今夜の深夜なのか、それとも普通に明日の朝なのか、
それは謎ですが、実は・・
申し込みをいただいたお客さんに最善を尽くします!
担当スタッフに忙しい時間が待っています。

駆け込みの申し込みもまだまだ今日来ています。


1000人の定員に対して何%のシェアをうちで持つのだろうか!
けっこうな数にびっくり!
ただ多くなればなるほどケースによった対処方法のデータが得れるので、
それがビザ申請にはとても大きいです。
より多くの皆様の相談に答えられますし、ビザ取得の確立も上がります。


とにかく頑張ります!
弊社を信頼してくれてる多くの皆様を来年イギリスへ!


PS、もし旅行会社の方でこの記事を見て、
尚且つイギリス方面に強い会社の方でしたらお客様ご紹介します!
たくさんご相談を受けて手が足りません。
皆さんにお安く提供してあげてください!!!



ワーキングホリデー・学生ビザが格安で取れます!
http://www.icc2004-visa.com

留学に関する情報満載!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデーの裏技満載!
http://www.icc2004-au.com