これも常によくある相談です。

同じ留学と言っても、目的が違えば現地での行動も変わります。
自分の国にやってくる外国人の行動範囲を制限、または定めるのがビザなるものです。
それを簡単にまとめると以下のようになります。

旅行・観光をする → Visitor Visa(観光ビザ)
学校で学ぶ → Student Visa(学生ビザ)
仕事をする → Work Visa(就労ビザ)

他にも移住、研修、芸能活動などなど、様々な種類がありますが、一般的なのはこんな感じです。

そのどこにも属さず、それぞれのビザで活動できることを、
複合的にしたのがワーキングホリデービザになります。
根本的な目的は、異文化交流であり観光がメインと考えられています。

さて、表題の「長期留学するならどちらが合っている?」の問いですが、
学ぶ目的が明確に定まっている方は学生ビザ、その主だったものが語学になります。
海外生活をしながら、目的を見出して行きたい方はワーキングホリデービザ、
その内容は人それぞれで構いません。

学生ビザを取得するには、通学先の学校を決め、入学手続きを済ませて、
はじめて申請が出来ます。
一方、ワーキングホリデービザは、渡航後に何をするかはビザ申請前に決める必要はありません。

この違いを知るだけでも、どちらのビザが自分に合うかをだいたい判別できます。
その上でワーキングホリデービザを選択したら、次は国選びです。
なぜならワーキングホリデービザは、国によって申請方法はもちろんですが、
現地で出来ることの範囲が変わります。

「海外で何かチャレンジしてみたい!」、ただその何かがまだ定まっていない・・
そんな方でも行動に移せる、海外生活が出来る、それがワーキングホリデービザです。

悩んでいる方は是非チャレンジしてみてください。