現在の最新の英語圏主要国のビザに関する情報となります。
(更に詳しい情報をお知りになりたい場合は、サイト内の問い合わせフォームよりご連絡下さい)

本日(2020年9月17日)現在の状況となります。

現在英語圏の主たる留学先では、ビザ発行と入国が出来る国は、
アメリカイギリスのみです。
オーストラリアはまだ入国規制の解除はしておりませんが、
ここ最近はビザ発行を再開しております。

カナダニュージーランドに関しましては、
入国規制を発表してから一切ビザは発行されておりません。
カナダは申請自体は受け付けされますが、審査は進行せずに待機です。
ニュージーランドは8/11〜3ヶ月間は、申請受付を止めていますので、
11月になんらかの告知があると言われています。

オセアニアの2ヶ国はは欧米に比べるとより慎重な姿勢を続けていますので、
まずは入国規制の解除またはその目途の発表が出ないと厳しいのかと思います。
その上でまず2ヶ国間での行き来でテストを始めると言われています。

カナダも引き続き入国規制が続いていますが、
2020年3月18日以前にビザまたは申請許可を取得していた場合は、
特例として入国が認められております。

まだまだ厳しい状況が続いておりますが、少しずつではありますが、
動き出してはおります。