まだまだ残暑が続きますが、少しずつ涼しくなっているようにも思えます。
さて、9月、10月は例年カナダワーキングホリデービザが受付終了になる時期ですが、
同時に増えてくるのがイギリスワーキングホリデービザについての質問です。

いま、「もっともワーホリビザが取りにくい国」がイギリスかと思います。
そして、事前に準備が必要なこともありますので、
お客様から一番多い質問の「まずはいつ何をすればいいのですか?」を説明します。
以前にも違う形で記事を紹介しましたが、その「抽選応募」について更に詳しく書いてみます。

今年のカナダは「抽選」と各所で言われるようなシステムでしたが、
以前の記事でも述べましたが厳密な抽選ではないと私は思います。
抽選とはやはり受かる人がいて、落ちる人がいる、それがはっきりしているものかと思います。
まさにこの抽選申請のさきがけがイギリスです。

日本人の定員1000名ですが、この1000名に対して何十倍と言われる人が希望します。
その選定が「抽選」で行われるのです。
他国のように長い期間募集がされているわけではなく、その年の1月に2日間のみ抽選受付をします。
そして数日後に抽選に受かった方のみ通過の結果連絡があり、
そこで2017年にビザを取り渡航できるかの運命が決まります。
ここで抽選に漏れた方は翌年を待つしかありません・・・

今現在もっとも取りにくいという所以はここにあります!

さて気になるその応募方法ですが、例年immigrationのサイトやビザセンターのサイトにて、
12月ぐらいに方法が発表されます。

ちなみにこちらが2016年の案内ページです。
https://www.gov.uk/government/world-location-news/youth-mobility-scheme-2016-for-japanese-nationals.ja

方法は、1月の指定された二日間に、指定された受付アドレスに必要事項を記入しメールにて応募します。
やることは簡単なので、注意するのは以下の2点です。
・指定された期日を間違えず、遅れずに応募すること
・返信が受信しやすいアドレスを使うこと(もしくはドメイン指定などの受信設定をすること)

この抽選をしなければ何も始まらないですし、逆に抽選に受かれば申請手順さえ間違わなければほぼビザは取れます。

まずは2017年度の募集要項を待ち見逃さないようにしましょう!


ワーホリ情報サイトにて定期連載中