「留学・ワーキングホリデーの知っ得情報」

留学実現の最後のハードルがビザ申請です。 これまで10年以上、留学・ビザ手続きに携わった「過去の経験」と「最新の情報」をバランスよく掲載し、皆様の留学準備に役立てていただければ幸いです。

カナダ

2017カナダワーホリ申請のラストスパート!

ここ数年は何かと物議が多いカナダワーホリビザ申請ですが、
7月14日の最新発表で定員まで残り「892人」となり、いよいよ終わりが近づいてきました。
このペースのままであれば来月には定員に達すると思います。

さて、何が物議かと言えば以下の2点になります。
・申請システムが安定しない
・追加書類の取得が困難

システムに関してはそれでも昨年よりはよくなったので、
2018年に更に期待といったところかと思います。

問題は後者の「追加書類」です。
対象になる申請者を悩ますのは「無犯罪証明書」なるものです。
この質問は毎日のようにいただきますが、なかなか対応の範囲も難しいところです。

なぜかというと、そもそもこの追加書類の対象になる根拠は、
「ここ5年以内に半年以上国外に滞在した方」となっていて、どこの国に滞在をしたかで、
書類の取得方法がまったく違うからです。

(そもそも日本での同書類を必要とせず、なぜ国外滞在だけなのかは大いに疑問です。)

オーストラリアやニュージーランドは比較的簡単ですが、アメリカは管轄がFBIとなり、取得に2〜4ヶ月を要します。
アジアではその国に出向かなければいけないケースもあります。
よって、ビザ代行会社がこの書類の取得代行をサポートに入れるのは難しいわけです。

昨年まではこの追加書類は、人により出る人、出ない人がいました。
この曖昧さもどうかと思いました。
しかし、今年はほぼ対象者全員に依頼が出ています。

そこで、このラストを迎えてこれらから申請をされる方にアドバイスです。
ご自身が追加書類の対象者であれば、
「事前もしくは同時進行で、無犯罪証明書の取得」をお勧めします!

追加書類は指示が出ると提出期限が決まっていて、間に合わなければ却下となります。
よって、指示が出てからの準備では間に合わない人も多く出ています。

これから申請をされる方、「無犯罪証明書の取得」に十分にお気を付けください。

弊社では無犯罪証明書の取得は出来ないですが、アドバイスは可能です。

ワーホリ情報サイト「ワーホリWEB」にて定期連載中

続 カナダワーキングホリデービザ申請における追加書類


前回の記事より間が空いてしまいましたが、その続編です。

まずは簡単に前回までの確認です。
「オーストラリアに長期滞在した人のみに指示が出る追加書類があります。
クイーンズランド州とビクトリア州に滞在した方には、車の運転に関する「無違反証明書」というものです。
この書類の不思議なところは、運転をしていても、していなくても要求されることです。」

この書類の取得で困ってい方よりたくさん相談をいただきます。
実際、現地にメールや電話で問い合わせるには、それなりの英語力がいるので、
その時点で難しいという方もいると思います。

ここでは簡単にその取得方法をご案内します。

まず、クイーンズランド州とビクトリア州では受付機関が異なるので、若干方法も異なります。
(機関については以前の記事をご確認ください)
そのため基本的な流れとなります。

1、まずは依頼のための申請書をダウンロードします。
記入項目はそこまで難しくないのですが、回答に困る質問もあります。
なぜなら、運転していない人には該当しない質問だからです・・

※この申請書の探し方ですが、それぞれのサイトに行きましたら、
そのサイトにある検索を使うのが一番簡単です。ようするにヤフーやグーグルで検索をするようなものです。
クイーンズランド州 → Traffic History
ビクトリア州 → Licence History Search
こちらで検索するとPDFの申請書が出てきます。

2、次に必要書類の準備をします。
オーストラリアは何か手続きをするのに身分証明書を出す場合は、ポイント制になっていて、
それを満たす必要があります。
英語の身分証明書としてパスポートが無難ですが、これだけではこのポイントに足りないのです・・
そこで次に所持率が高いのはクレジットカードになります。
(海外ではクレジットカードは身分証明としても扱われます)
カードがない方は、金融機関で発行される英文の残高証明書でも可能です。
金融機関に口座があることも身分証明となります。

いずれかの組合せで所定のポイントをクリアにします。書類はコピー提出で問題ありません。

3、次に書類申請費用の支払いです。
クレジットカードで簡単に支払いが出来ればいいのですが、
なんと!、その支払いが可能なのは現地の免許を所持している方が対象です。
ほとんどの方はないと思いますので、じゃあどうするかというと、「マネーオーダー」での支払いとなります。
聞きなれない方もいると思いますが、簡単にいうと小切手のようなものです。
でもそんなものを利用したことある人はすくないと思います。

オーストラリアに知り合いでもいれば、ポストオフィスや銀行で簡単に発行できるのですが、
日本で用意するとなると、対応している金融機関がほとんどありません・・
ただ、僅かですがありますので、最寄りの金融機関に問い合わせてみてください。

このすべてを揃えて郵送をすると、約2週間ぐらいで自宅に送られてきます。

あらためて書きますが、なぜこれをカナダ政府が必要と考えるのかはまったく意味不明です。
ただ、指示されれば対応しないと取得できないのがビザです。

根気よく頑張ってみてください!

ワーホリ情報サイト、ワーホリWEBにて掲載中です!
http://www.icc2004-visa.com/

カナダワーキングホリデービザ申請における追加書類

前回の内容に続いてとなります。

前回は、海外に上記滞在した人に、その国で発行される「無犯罪証明書」が必要な場合がある、
というところまで書きました。
続きは、その中でもオーストラリアに滞在した人のみの追加書類です。
その中でもクイーンズランド州とビクトリア州に滞在した方のみが対象となります。
(そもそもこの二州だけという基準もまったく不可解です・・)
その書類は「無違反証明書」というものです。

弊社への問い合わせ、NET書き込みでも多くの方がこの書類の取得に苦戦しているようです。
ではこの書類は何かというと、車の運転の違反記録であり、その記録がないものを無違反証明となります。
なぜそんなものが必要なのかはカナダ政府のみぞ知るとしか言いようがありません・・
ちなみにこんな変な規定があるのはカナダワーホリだけです。

しかもこの規定の更におかしいのは、「運転免許もなく、実際に滞在中運転していなくても取得しないさい」
と定められているのです。ここまで来ると不思議のレベルを超えています・・

ただ滞在した記録があるだけで、その違反の可能性があるということに見なされ、
書類の取得、提出が必要になります。

指示が出た人は、オーストラリア各州の交通課のようなところに依頼をして取得をします。
クイーンズランド州 → Traffic History
ビクトリア州 → Licence History Search
となります。

これは本来はオーストラリアに住む人が、運転免許や車検、または裁判などに関することで利用する書類です。
当然、国外からの取得依頼は簡単ではありません。
まして、学生ビザやワーホリビザで運転をした人でもその州の運転免許でなく、国際免許での運転がほとんどです。
そうなると取得は更に複雑になります。

実際に私たちが管轄機関に問い合わせましたが、担当者にかなり困惑されました。
担当者
「なんで運転もしていない、まして日本にいる日本人がこんなものを取る必要があるのか理解できない」

「カナダワーホリビザの申請でカナダ政府に依頼されているので」
担当者
「ますます何を言ってるのか意味が分からない・・」
と、最後は呆れられました。

そりゃあ向こうからすれば当然ですよね。

オーストラリアの滞在歴がある人は申請前によくリサーチをしてみてください。
さて、今回もある程度の長さになったので続きは次回。

それでも取得しなければ、その方法を把握するしかないので、取得までたどり着きました。
次回はその方法となります。

ワーホリ情報サイト、ワーホリWEBにて定期連載中
http://www.icc2004-visa.com/

カナダワーホリビザ申請における無犯罪証明書について

今回はカナダワーホリビザ申請で、特定の方に追加書類として指示される、
「無犯罪証明書」について書いてみます。

この問い合わせは2017年度の申請において急増しています。

まずは申請の手順のおさらいです。
1、申請希望リストに登録する
2、リストからピックアップされたらinvitationを受け取る
3、invitationの期限内にオンライン申請を済ませる
4、必要書類のデータUPと申請費の支払い
5、結果の連絡待ち

この4の作業を済ませた後に、対象者のみに追加書類の依頼があります。
対象者とは「過去5年以内に日本以外に半年以上滞在した人」という質問がYESになる方です。
(他にも却下歴、犯罪歴、持病によっても相応の追加書類、健康診断になる場合もございます)

このYESの方には、「滞在国が発行する無犯罪証明書」なるものを要求されます。
これは、半年以上滞在した国で何も犯罪をしていないという記録を、その国の警察などから取り寄せます。

なんのために??、と思うかもしれませんが、確かにそうなんです。
この質問回答だけで、こんな制度があるのはカナダワーホリだけです。
そんな追加書類をするなら、長く滞在している日本の無犯罪証明書の方が重要では、
と大いに疑問な制度です。

それでも指示されれば出さない限りは申請は進みません。
そして、この提出に期限があるのです・・
その期限無いに提出をしなければ、書類不十分で却下となってしまいます。

そこでこの書類を取ろうとするのですが、これが国によってはまぁ〜複雑です。
外国の専門機関への問い合わせですから、それなりに手間はかかりますし、
中にはその国に行かないと発行できない場合もあります。

例えると、
一時滞在を日本でした外国人が、日本の警視庁にそのようなの書類を依頼するとなれば、
しかもそれが母国からであれば、そりゃ大変ですよね。
書類記入、発行手数料の支払い方法などなど。

重要!!
対策としては、「過去5年以内に日本以外に半年以上滞在した人」に該当する人は、
事前にその書類が取得できるかを調べた方がいいです。
その目処が立たないのに申請を進めれば、必ず申請は止まってしまうからです。

もしくは、プロは様々な知識があるので、そこに質問をしてから依頼するのがいいと思います。
もちろん弊社でも取り扱い例のある国はアドバイス可能です。
(完全に代行が出来るかは国によります)


また、その中でダントツに問い合わせが多いのはオーストラリアです。
なぜかというと、オーストラリアの特定の地域にいた人には無犯罪証明書だけでなく、
交通違反に関する無違反証明書まで依頼をされるからです・・

それは次回に書きます。

ワーホリ情報サイト、ワーホリWEBでも定期連載中です。

「カナダワーホリビザ2016の終わりが見え思うこと」

いよいよ今年の定員間近で終わりが見えてきました。
8月24日時点で、6500人の定員に対して116人の残席となっています。
ここ最近は毎週100名程度のペースで減っているので、あと1週間〜10日程度かと思います。

ただ、カナダのよく分からないのは、例年一度締め切ってから「キャンセル待ち」のように、
追加で受付をするケースがあります。
これもある年とない年がありましたので今年はどうなるかは分かりませんが。


今年も色々ありました・・。
一昨年の募集受付開始の大幅な遅延、今年のシステム変更によるトラブル、
本当に最近のカナダワーキングホリデービザは落ち着きません。
なぜ、こんなことが起こるのかと・・日本人の感覚では分からないものです。

実はつい数年前までは、東京のカナダ大使館へ郵送するだけの申請方法でした。
申請用紙数枚に手書きで記入し提出するアナログなものです。
その時は特に大きなトラブルもなく進行していたわけですから、
本来は便利にそして簡易的になるはずのインターネットというシステムが機能していないように思えます。

もちろん東京のカナダ大使館から審査場所が変わったので仕方がないですが、
もう少し事前のシステムチェックやシュミレーションをきちんとしてから導入できないものかと思います。


ビザ申請というのは多くの方が初めての作業です。
それが長期留学ともなれば、長い期間の準備、将来のための展望、仕事を辞めたりと事情が様々で、
結果が出るまではみんな心配をされています。
中には数日ごとに「まだ進展ないですか!?」「まだ結果でないですか!?」と問い合わせがある方もいます。
そんな気持ちの上にあるワーキングホリデー渡航ですから、
せめて申請システムぐらいはきちんとルーティン化されたもので稼働をさせてほしいです。

実際、今でも中途半端な状態になってしまっている方もいます。
他国への長期滞在があるために追加書類を要求され、それが国によっては簡単に取れるものでない方もいます。


そこで今後カナダワーキングホリデービザ申請を目指す方へのアドバイスです。
「とにかく余裕を持った申請をする」「ビザが取れるまでは航空券や現地手配はしない」
当たり前のことかもしれないですが、今のカナダワーキングホリデー申請にはそれが一番大事です。
知られてるようで、知らない方も多いビザの制度ですが、
申請許可された日から1年間は入国までの猶予があります。そしてその入国日から1年の滞在が可能です。
例えば、今年の12月に渡航予定の方が、1、2月に申請もしてもまったく問題ないのです。

年に数百人の方のビザ申請サポートに携わり、プロが出す最大のアドバイスです。
今のカナダワーキングホリデービザ申請には「猶予期間」が最も重要です。
これさえあれば、特殊な経歴がある方以外はプロはなんとかします。

来年はもっとスムーズに申請が出来るシステムであることを願います。

ワーホリ情報専門サイトのワーホリWEBで定期連載中!



これが真の実態!!「カナダワーキングホリデービザ申請の最新情報」

まず第一声ですが、10年以上ビザ代行の仕事に携わっていますが、
ここまで適当というか乱れた申請システムは記憶にないです・・

今年のカナダのシステムはそういうものだと認識をしていた方が身のためかと思います。

確かに自分で申請する人、初めての人には「まさか大使館がそんな適当なはずはない!」
(正確には大使館ではなく、移民局の管轄になりますが、あえて分かりやすいように表現します)
と皆さん思われているので、何かが滞ること、告知と違うことが起きる度に戸惑うし、不安になると思います。

それは当然です!

私がもし一個人であれば、「国の機関に限ってそんなはずは」と思いますが、
ここ数年のカナダのシステムを継続して見ているプロからすると、正直な感想は「またか」ぐらいのものです。

その実態を最新情報に合わせて説明をします。

1、予定も告知も未定
日付まで告知し、予定をしていた招待状の配布は、1ヶ月以上遅延されて出た次第で、
尚且つここまでみんなを不安にさせた一番の原因である「招待状の抽選配布」ですが、
この遅延後の発行は、まともに登録が済んでいる人、全てに発行したのではないかと思われます。
少なからず、かなりの数のサポートを弊社でしている待機者には全員発行されました。
数人のレベルではないので、偶然に弊社だけということは考えにくいです。

2、必要書類の変更
2016年度の必要書類変更で、皆さんの頭を悩ませたのは「財政証明」だったかと思います。
いくらぐらいが安心か、どのような形式がいいのか、心配が多かったかと思います。
それが!!、この遅延後の一斉配布からは「必要書類から消える・・」、
そうです、今現在は必要なくなっているのです。

3、審査期間
一斉配布された招待状の該当の方々を、GW前に一気に最終申請をしました。
するとびっくり!!、今日出社するとほぼ全員に許可が出ています。
許可が出た日付を見ると、なんと申請から1、2日で結果が出ています。
これだけ待たせて、1、2日でちゃんと見てるんですか、と疑ってしまうほどの速さです。


この状況で多くのお客様から弊社が何を指摘されたかというと、
・「銀行まで行ってせっかく書類を用意したのに不要なんですか?」
・「申請から最長8週間と言ってたのに、なんでこんな早く出たんですか?」
そして最終的には「本当にちゃんと申請をしてくれてるのですか、大丈夫ですか!?」と。
無理もないですよね。


だから冒頭に書いた、
「今年のカナダワーキングホリデー申請の、カナダ政府が活用しているシステムはおかしい」
と、初めから思っていた方が気が楽です。

少なからず上記の1〜3までの不思議を、不安に変えずに「仕方ない」と思えないと、
「これで合ってるんだ!」と思うのは難しいです。

実はそれだけでなく、
他国に長期滞在した経験がある方に追加で提出指示が出ると言われている、
「無犯罪証明書」ですが、4月までは誰も出ませんでした。
5月になって出たんです!!
しかも、同じ国に同じビザで滞在した人です・・
この違いは何なんでしょうか・・



これが去年の12月に受付を開始された2016年の申請を、
実際の申請を常に行いがら得ているプロの情報です。
個人からの情報ではなく、プロが代行申請をして得ている情報なので、どこよりも確実かと思います。

節約ということでご自身でビザ申請をされることはいいチャレンジだと思います。
自身の留学なので、丸投げにしないで挑戦するのは個人的に大賛成です。
ただ、それは相手の受け皿がしっかりしていればこそです。
今年は個人申請するには酷な状況かと感じています。

自分で申請をして途中で分からなくなった方からの相談もかなり多いです。
出来るだけ救済をしていますが、残念ながら引き受けられないケースもあります。
それで留学の予定が変わってしまうのは、ぶつけようのない憤りなってしまう方もいます。

だからこう考えてください。
ビザ代行の利用料ですが、各社色々な料金設定があります。
それをただの利用料、手間賃でなく、
「ワーキングホリデーを実現するのに一番重要なビザ取得のための安心料」と考えてみてください。

ご自身に取って適正価格であれば、今年のカナダであれば、
スキルのあるプロに任せることはそれだけの価値がある、高くないものになると思います。
「頑張れば自分でも出来るかもしれない、でも依頼をすれば申請ミスや時間のロスのリスクが無くなり、何よりいつかいつかという不安を解消する安心を買う」
と考えてみてください。


それでも自分でチャレンジする人への最大のアドバイスは、
申請のためにアカウントを作成する際に必要な、
「ID」・「パスワード」・「Q&A」は絶対に正確に控えておくことです!
これさえあれば、ある程度の状況でもプロは解決してくれると思います。


最後にもしカナダ関係者の方の目に触れることがあれば言いたいです。
カナダ政府に意見を言える日本関係者の方でもいいです。

「たかがワーキングホリデービザ」と考えられてるかもしれないですが、
「遅れたって結局は取れればいいじゃない」と考えられてるかもしれないですが、
それに目標や夢をかけてる人もいるのです。
予定を立てて、今か今かと毎日進展をチェックしている人もいるのです。
数年前から計画して、貯金を貯めて、さあ今年とチャレンジする人もいるのです。

そういう人たちがこの申請システムを利用していることを理解してください。
今年から始まった抽選のシステムにそこまでの必要性はありますか?
イギリスワーキングホリデーのように定員が少なく、その定員を数日で超えない、
過去数日でなんて超えたことないカナダに本当に必要ですか?
何か都合があってのことかと思いますが、少なからず申請する側、それを助ける側は歓迎していません。

そしてこの申請はニュージーランドワーキングホリデーのように無料ではありません。
有料であればもっと利便性を高めるべきではないですか?
せめてもっとトラブルを回避する試験が必要だったのではないですか?

そして何より約束・発表した期日は守るべきではないですか?
申請は人によって変わるというばらつきがあるものではなく、同じ進行であるべきではないですか?
はっきり言って、「守るべきですし、同じであるべき」です。それが不通です。
オーストラリアワーキングホリデーのシステムでは安定して実現をされています。


もちろん完璧は無理ですが、あまりにも繰り返しの不具合が多過ぎます。
どうか、理解ある対応を、日本人の留学に携わる1人として切に願います。
そして今年申請をする方、渡航する方は諦めないでください。
必ず活路は見いだせるはずです。

頑張ってください!


ワーホリWEBにて定期連載中!
留学・ワーキングホリデービザ専門の申請代行サポート「ビザ申請.COM」
http://www.icc2004-visa.com/

カナダワーキングホリデービザ2016年の実態

昨年12月から本当の多くの問い合わせ・相談をいただいております。
もう数百件になるかと思います。

というのも、ここ最近のカナダワーキングホリデービザ申請のシステムはお粗末としかいいようがありません。
CICというアカウントを利用してのオンライン申請になってから、
皆さんの記憶に新しいのは2015年の受付開始が4ヶ月以上も遅れたこと。
そしていざ申請が始まると度重なるシステムエラーと昨年は本当に大変でした。

そしてはたして2016年度はどうなるんだろうと思っていると・・・
「更に複雑になった」とみんな思っているでしょう!
一番大きな変更点は、今までの申請受け付け順でなく、申請希望の受付を済ませても、
その中から無作為に選考された人のみ、次の手順に進めるという「なぜ???」というシステムになりました。

本当にこの方法に何の意味があるのだろうか。
一つの推測としては、2015年の度重なるエラーから、「ある程度決まった人数での進行を順々に行いたい」
ではないかと思います。(あくまでも推測です)
予期せぬ人数が一度に来るとシステムがパンクするので、それをコントロールしたいのではないかと思います。
それを各サイトの表現している「抽選という無作為な選考」を工程に入れることで、
受け付け順でないメリットが、受付側に何かあるのではないかと思います。

ただ、イギリスワーキングホリデーのように数日で募集定員に達してしまうビザなら「抽選」という表現にピッタリですが、
そうはならないカナダの6500人の定員に対して、なぜこうしたのか本当に不思議です。

このことによる影響は、シンプルに「いつ申請の許可が出るかわからない=渡航に関する手配が出来ない」という問題です。
これは渡航する人はもちろん、留学エージェントも困ると思います。
極端に言うと、「今申請を始めても申請が終わるのが夏になるかもしれない」、そんなシステムなのです。

簡単に流れをまとめます。

1、まずは申請希望のリストに登録をする
2、この登録リストからカナダ側が無作為に選考をする。
※これを各サイトで「抽選」と表現していますが、この専攻は繰り返されるので、いきなりハズレということはありません。
3、選ばれると「招待状」が届く。(ひたすらこの招待状が届くのを待つしかないです)
4、招待状が来た人のみ実際のオンライン申請に進めます。
※招待状は届いてから10日以内に開封する。
5、オンライン申請は招待状を開封してから20日以内に完了させる。
6、全ての質問に入力、必要書類の提出が済ませ結果を待つ。
※この段階で申請代金の$250をクレジットカードで決済します。

ここで大注意!!
昨年の提出書類から追加されたひとつが「資金証明」です。
カナダワーキングホリデービザの参加規定には、「最低$2500以上の資金を有する」とあり、
昨年までは自己申告でしたが、なんと今年は書類として提出をしなくてはいけません!!
(提出書類の方法は各種あります)

まだここまでをしっかり説明してるサイトは少ないです。
なぜなら昨年のようにテストが出来なく、あくまでも招待状が届いてから実際の進行をしないと分からないためです。
弊社では既に数十人実際の申請のお手伝いをした確実な情報です!

申請期限がある中で、この資金証明を事前にきちんと用意しておくことが、今年の申請の最大のポイントになると思います。
万が一この20日間に間に合わないと振り出しに戻ってしまうようです。


こんなシステムになりましたが、なんとか根気よく頑張りましょう!
この情報が少しでも皆さんのお役に立てばと思います。


「留学情報サイトワーホリWEBにて定期連載しています」

カナダワーホリ2015

定員数発表ですが5/7時点で残り約4000人です。
2500人が減りましたが、これはビザ取得者でなく申請者です。
こちらでサポートしている多くの方もまだ第一ステップの許可が出ていないので、
あくまでも申請登録をした人の数です。

ただ、例年のペースに落ち着いてきたかと思います。

カナダワーキングホリデービザ2013

カナダワーキングホリデービザ2013


こんにちは。


最近カナダのビザに関する問い合わせがとても多くなっています。
やはり昨年からの大幅な変更が響いているようです。


前回は申請書さえしっかり作成できればあとは郵送すればいいだけでしたからね。


以前にも記事にしましたがおさらいです。

今年から申請は2段階になりました。
,泙困詫港で申請書を送ります。こちらは以前とあて先は変わりません。
△修侶覯未登録メールアドレスに送られます。
そうすると2段階目に進むことができます。
ぜ,縫ンラインでの申請となります。
ド要書類の提出もオンライン上となります。


このオンラインがややこしいですよね・・・
また書類のデータ提出というの、パソコンにデータを取り込まなければいけないので、
スキャンして指定のファイルサイズにします。
これもパソコンに慣れてないと難しいですよね・・・

またオンラインではパスワードも設定しないといけなく、これを忘れると大変です!!!


今までは比較的申請が簡単な部類の国でしたが、いまや一番申請が面倒な国になったような気がします。


ご自身でやられる方を十分に気をつけて行ってください。
ご検討を祈ります。



留学・ワーホリの相談なら!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデー情報満載!
http://www.icc2004-au.com

学生ビザ・ワーキングホリデービザの格安取得代行サービス!
http://www.icc2004-visa.com

続・カナダワーキングホリデー2013

続・カナダワーキングホリデー2013


先日、大幅な変更をお伝えしたカナダですが、ほぼ全貌が明らかになりました。


申請書が変わり前回のものが必要ないかと思いきや、
実は二段階目のオンライン審査で前回のオンラインで作成する二点、
「就労許可書」「家族フォーム」の提出がありました・・・


これでは簡略化でなく、単に手ごわくなっただけです。
先に変更された学生ビザに限りなく似ています。


その他にも英文履歴書なども必要です。

データをオンライン上にUPしての添付での提出なので、
PCが苦手な方には一苦労です。


また二段階目のオンライン申請は何度もパスワードの設定などをするのですが、
これは絶対にメモしておいて下さい!!!

後にログインする際に必要になりす。


ほんとに大変ですが頑張りましょう!
心配な方は是非以下のHPをご覧下さい。


留学・ワーホリの相談なら!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデー情報満載!
http://www.icc2004-au.com

学生ビザ・ワーキングホリデービザの格安取得代行サービス!
http://www.icc2004-visa.com