「留学・ワーキングホリデーの知っ得情報」

留学実現の最後のハードルがビザ申請です。 これまで10年以上、留学・ビザ手続きに携わった「過去の経験」と「最新の情報」をバランスよく掲載し、皆様の留学準備に役立てていただければ幸いです。

カナダ

カナダワーキングホリデービザ2013

カナダワーキングホリデービザ2013


こんにちは。


最近カナダのビザに関する問い合わせがとても多くなっています。
やはり昨年からの大幅な変更が響いているようです。


前回は申請書さえしっかり作成できればあとは郵送すればいいだけでしたからね。


以前にも記事にしましたがおさらいです。

今年から申請は2段階になりました。
,泙困詫港で申請書を送ります。こちらは以前とあて先は変わりません。
△修侶覯未登録メールアドレスに送られます。
そうすると2段階目に進むことができます。
ぜ,縫ンラインでの申請となります。
ド要書類の提出もオンライン上となります。


このオンラインがややこしいですよね・・・
また書類のデータ提出というの、パソコンにデータを取り込まなければいけないので、
スキャンして指定のファイルサイズにします。
これもパソコンに慣れてないと難しいですよね・・・

またオンラインではパスワードも設定しないといけなく、これを忘れると大変です!!!


今までは比較的申請が簡単な部類の国でしたが、いまや一番申請が面倒な国になったような気がします。


ご自身でやられる方を十分に気をつけて行ってください。
ご検討を祈ります。



留学・ワーホリの相談なら!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデー情報満載!
http://www.icc2004-au.com

学生ビザ・ワーキングホリデービザの格安取得代行サービス!
http://www.icc2004-visa.com

続・カナダワーキングホリデー2013

続・カナダワーキングホリデー2013


先日、大幅な変更をお伝えしたカナダですが、ほぼ全貌が明らかになりました。


申請書が変わり前回のものが必要ないかと思いきや、
実は二段階目のオンライン審査で前回のオンラインで作成する二点、
「就労許可書」「家族フォーム」の提出がありました・・・


これでは簡略化でなく、単に手ごわくなっただけです。
先に変更された学生ビザに限りなく似ています。


その他にも英文履歴書なども必要です。

データをオンライン上にUPしての添付での提出なので、
PCが苦手な方には一苦労です。


また二段階目のオンライン申請は何度もパスワードの設定などをするのですが、
これは絶対にメモしておいて下さい!!!

後にログインする際に必要になりす。


ほんとに大変ですが頑張りましょう!
心配な方は是非以下のHPをご覧下さい。


留学・ワーホリの相談なら!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデー情報満載!
http://www.icc2004-au.com

学生ビザ・ワーキングホリデービザの格安取得代行サービス!
http://www.icc2004-visa.com

カナダワーキングホリデー2013

カナダワーキングホリデー2013


2013年もスタートし各国ワーホリビザの募集要項も続々と発表されています。


その中でもカナダは大幅に変更しました。
いまだ大使館のHPだけではわかりにくい部分もあると思います。

簡単にいうと以前の二部署審査が、二段階審査になり、
1段階目は以前同様(申請書は大幅に変わりました)、それに受かると2段階目に進み、
オンライン申請となります。


このオンライン申請が厄介です・・・


先に学生ビザシステムは導入されていますが、オーストラリアのオンラインとはわけが違います!
まずIDを登録、その際に何度もパスワード設定をします。
その後に本編に進むのですが面倒です。


ご自身で頑張る方は手順を間違えないように気をつけてください。


昨年のマニラ審査はなんだったのだろう・・・


留学・ワーホリの相談なら!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデー情報満載!
http://www.icc2004-au.com

学生ビザ・ワーキングホリデービザの格安取得代行サービス!
http://www.icc2004-visa.com

最新!カナダワーキングホリデー

最新!カナダワーキングホリデー


こんばんわ。


秋だか冬だか分からない感じですね・・・


さて今年も定員にならなかったカナダですが、
ここ最近の大使館の発表を見ると、人数の削減はもちろんのこと
来年は色々なマイナーチェンジがありそうな感じです。


いつもなら10月には翌年の募集が始まっていますからね・・・


ビザは取得してから入国まで1年の猶予があるので、
来年渡航がほぼ決まってる人は現行ルールで取れる今のうちに
申請してしまった方が安心かもしれませんね。


逆に大人気のイギリスワーホリですが、増えることなる1000人です。

留学・ワーホリの相談なら!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデー情報満載!
http://www.icc2004-au.com

学生ビザ・ワーキングホリデービザの格安取得代行サービス!
http://www.icc2004-visa.com

最新情報!カナダワーキングホリデー

最新情報!カナダワーキングホリデー


こんにちは。
だいぶ秋らしい気候になりましたね。


さて例年でしたら9月末に締切り、10/1から新年度が始まるカナダですが、
今年は今までと変わり以下の発表がされました。


カナダ大使館よりの発表です。
「2011年度のプログラム詳細は11月下旬に発表予定ですが、
定員が少なくなる可能性もあります。
2010年度より許可証発給の通知書が、発行日より1年間有効になりましたので、
2011年渡航予定の方も年内に申請できます。
特に2011年初頭にカナダ入国をお考えの方は、年内に申請することをお勧めします。」


ということです。
参加人数が年々減っているんですね。
3年ぐらい前の5000人の定員が途中でうまった時がピークだったようですね。
それから増員をしていますが、定員までは達していないです。


現地参加者からの報告でもアルバイトがだいぶ減っているようです。
世界的な不景気の影響はこんなところにも残っています。



留学・ワーホリの相談なら!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデー情報満載!
http://www.icc2004-au.com

学生ビザ・ワーキングホリデービザの格安取得代行サービス!
http://www.icc2004-visa.com

カナダワーホリ2010年!値下がり!

カナダワーホリ2010年!値下がり!


こんにちは


円高の影響もあるのか9/13からビザの申請代金が値下がりしました。
ワーホリ、学生ビザも共に下がっています。


プログラム参加費の料金を間違えないようにして下さい。


2010年の募集も今月末で終わりですが、
まだ2011年の募集要項が出ていないので、
来年渡航予定の方も今のうちに取得してしまうといいと思います。


ビザは取得日から、1年以内に入国すればそこから1年ですから
早めに申請しても問題ないですよ!


留学・ワーホリの相談なら!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデー情報満載!
http://www.icc2004-au.com

学生ビザ・ワーキングホリデービザの格安取得代行サービス!
http://www.icc2004-visa.com





カナダに行くのが更に便利に!!

カナダに行くのが更に便利に!!


こんにちは。


今週からあの暑さも弱まり、やっと秋らしくなっていくようです。
暑さがなくなり夜の快眠が何よりですね!


さて各方面で話題にもなっていますが、
あのエアカナダが羽田からもバンクーバーに行く路線を来年から就航します。


金額も往復で45000円からとリーズナブルに。
数年前まであの高かったエアカナダが・・・
その頃に留学していた人にはビックリですよね。


都心に住まれるかたは仕事帰りにカナダへ出発、
なんてことが可能になります。


今年はカナダのワーホリ参加者は減少しているようなので、
ワーホリ・留学も含めこれも一つのカンフル剤となれば、
カナダ関係者の方も一安心ですね。


留学・ワーホリの相談なら!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデー情報満載!
http://www.icc2004-au.com

学生ビザ・ワーキングホリデービザの格安取得代行サービス!
http://www.icc2004-visa.com

最新情報!バンクーバーオリンピックのHow much?

最新情報!バンクーバーオリンピックのHow much?


現地スタッフからの最新情報です!
とても詳しかったので皆さんにおすそわけです。



バンクーバーは、冬季オリンピックまで、あと1ヶ月をきりました。

オリンピックのマスコットもだいぶ見慣れてきたせいか、最近では親近感すら沸いてきます。

バンクーバー以外の都市でももちろん、オリンピックを応援しているようで、
カルガリーのオリンピックパークでは、プロモーションやイベントを開催しています。



さて、皆さんの気になる「オリンピック最新情報」ですが、
本日のネタは、題してオリンピックHow much?でお届けいたします。

最初のHow much は、31億(13億の予算オーバー)で有名なSquamish Lil’wat Cultural Centreです。
Squamishは、ウイスラーに行く途中にある街です。
こちらのセンターは、ファーストネイション(先住民)とのコラボレーションで企画されたコミュニティーセンター&博物館です。



そして、リッチモンドにあるOval。スピードスケート競技場です。
気になるお値段は、178億円。



そして、カナダプレイスのお隣に建設されたコンベンションセンター。
夜になると明かりで照らされた梁がアットホームな雰囲気です。
こちらの総額は、883億円。





そして、ウイスラーに通ずる道路。600億。





続いて、スカイトレイン。ダウンタウンと空港を結ぶ無人モノレールです。
バンクーバーの交通も便利になりました。
バンクーバー市民からもMost useful piece of Olympic infrastructure for cityと好評です。
総額2兆円。





そろそろ感の鋭い人は写真がおかしい・・・と気づいているはずです。
実は、現地に撮影に行けない場所は、某雑誌の写真をデジカメで撮影しました。すいません、ズルしちゃって・・・



最後に、ダウンタウンのロブソンスクエアーにできたミニアイススケートリンクです。
雨が降った日にスケートをして転んだら、もう後がないスケートリンク。氷水スケートリンク場と化しています。
総額41億。どこに41億使ったの?と噂のリンクです。





まだまだカナダワーキングホリデービザ取得は間に合いますので、
是非生で見てみてはどうでしょうか!?
留学中に世界的イベントを間近で見れるのはとても貴重な経験です!

ボランティアスタッフとして参加する方もおります。


ビザ取得を格安でお手伝いいたします!
定員は2010年7250人です!



ワーキングホリデー・学生ビザが格安で取れます!
http://www.icc2004-visa.com

留学に関する情報満載!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデーの裏技満載!
http://www.icc2004-au.com

カナダワーホリ情報!「カナダで働くには必要な登録があります!」

こんにちは。


今日はカナダに個人渡航する人からよくされる質問です。
「仕事をするにはなんか必要って聞いたんですけど?」


ワーキングホリデーで渡航してアルバイトをするには、
SIN (Social Insurance Number - 社会保険番号)の取得が必須です。
こちらの登録をしないと基本的には仕事をしてはいけないです。

カナダでは税金や保険などは全てこの番号で管理をしますし、
雇用主が給料を支払う時にも必要となります。
日本でいう、年末調整、確定申告と似たような「タックスリターン」をするのにも必要です。


申請方法はService Canadaのオフィスにて申請書を入手し、
必要書類と共に提出をすればOKです。
申請書はダウンロードでも手に入れることは可能です。


http://www.servicecanada.gc.ca/cgi-bin/search/eforms/index.cgi?app=prfl&frm=nas2120&ln=eng
こちらのページのForm欄、「PDF,nas2120,232 KB, 2pages」リンクをクリック


ワーキングホリデーの労働許可書と共に提出をして、
約三週間ぐらいで取得が出来ます。
オフィスに直接の提出、郵送どちらでも可能です。
初回は無料となっています。


注意点
郵送の申請の場合は、返送住所はユースホステルやホテル等の宿泊施設はダメなので気をつけてください。
また必要書類は原本を送らなければいけないので十分に気をつけてください。


個人でビザを取って、個人でSIN登録を済ませれば、
カナダでアルバイトすることがスタートできます!


ワーキングホリデー・学生ビザが格安で取れます!
http://www.icc2004-visa.com

留学に関する情報満載!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデーの裏技満載!
http://www.icc2004-au.com

素敵なアイスワイン!カナダのワーキングホリデーで出会う!

こんばんわ。

今日はカナダの話題です。

皆さんはアイスワインをご存知ですか?
今ではポピュラーになりつつで、ドイツ、オーストラリアのものもありますが、
やっぱりカナダのものが好きです!


アイスワインとは、何も凍ったものでなくて、
通常の収穫時期を延ばし、気温がどんどん下がるのを待ち、
ブドウが凍るぐらいの時に収穫しワイン作りをします。

果物や野菜は厳しい環境になると自分の身を守ろうと糖度(甘さ)が
増すものがあります。
簡単にいうとその特性を活かしたものです。


そのために収穫量も少ないし、収穫時期を間違えば大きな損失です
日中だろうが、夜だろうが、気温が目標に達しそうな時は待機です!!!
そして気温が到達した瞬間に収穫です。


その苦労のおかげでとても甘く、黄金色の素敵な色になります
量が少ない分もボトルも通常のものよりスリムでおしゃれなものが多いです。


ワインが苦手の人でも飲めるので是非チャレンジしてみてください!

またワーキングホリデーを実現して、このアイスワイン作りに参加するのも一生の思い出になります


ワーキングホリデー・学生ビザが格安で取れます!
http://www.icc2004-visa.com

留学に関する情報満載!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデーの裏技満載!
http://www.icc2004-au.com