「留学・ワーキングホリデーの知っ得情報」

留学実現の最後のハードルがビザ申請です。 これまで10年以上、留学・ビザ手続きに携わった「過去の経験」と「最新の情報」をバランスよく掲載し、皆様の留学準備に役立てていただければ幸いです。

ワーキングホリデー

カナダワーホリ2018最新情報

カナダワーホリ2018最新情報

今年度のビザ申請も8/24の公式発表で残り236人(定員6500人)となり、いよいよ今年も終了となります。けっきょくは例年通りのペースかと思います。
待機者はまだ135人いるので、これからの申請で許可が出るのはほぼ難しいと思います。よって、2019年度の申請を待つことになります。

しかし、2019年度からカナダの長期ビザ申請(ワーキングホリデービザも含む)は、「バイオメトリクス認証」が始まります。
これは、カナダへの入国者の身元確認をより強固にするために、指紋採取して行う認証制度です。
この制度の面倒なのは、東京でしか行えないことです。(本日現在)
よって、全国から一度東京に来る必要があります。
ちなみに学生ビザも対象です。

ただ、カナダは新しい制度の導入は遅れる傾向もこれまでにはありますので、(eTA制度がそうでした)来年渡航予定の方は最新情報に十分に注意しましょう。


カナダワーキングホリデービザの募集終了のタイミング

ワーキングホリデービザにはそれぞれ定員があります。
定員とは1年間に発行されるビザ数です。

もっとも難しいとされるのがイギリスです。
なぜならば完全な抽選だからです。年に2回のみ行われます。

逆にオーストラリアやニュージーランドは定員があってないようなもので、
いつでも申請をすれば取得出来るといった感じです。

さて、最近人気のカナダですが、定員数は6500人です。
この人数は多いと思いますか?少ないと思いますか?
実は、数年前は15000人でしたが、それが12000人なり、9500人になり、
今の6500人に落ち着きました。
その一番の理由は、毎年定員に満たなかったからです。

ただ、さすがに6500人ですと毎年定員になります。
毎年、その定員に達するのが8月〜10月です。最近では8月末から9月半ばが多いように思います。
個人的には今は7500人〜8000人ぐらいがちょうどいいのかなと思います。
そうなると通年募集の状態になるかと思います。

さて、日本人的ともいうのか、優柔不断な人が多いので、
毎年残り1000人を切ると一斉にみなさん動き出します。そうなると、定員に間に合わない人が必ず毎年出ます。
その目安が7月後半かと思います。

よって、申請を考えている人は今が安心してスムーズに取れるチャンスです。
比較的、すいているので対応も早いです。

また申請許可が出ても、許可の出た日から1年以内に入国すれば、その日から1年の滞在が可能です。
取れたら直ぐに行かなくてもいいのです。
来年の春ぐらいに考えている方が、今申請をしてもまったく問題ないのです。

この制度を上手く利用して、すいてるうちに申請をしましょう!

ワーキングホリデービザと学生ビザ、どっちが自分に合ってる?

これも常によくある相談です。

同じ留学と言っても、目的が違えば現地での行動も変わります。
自分の国にやってくる外国人の行動範囲を制限、または定めるのがビザなるものです。
それを簡単にまとめると以下のようになります。

旅行・観光をする → Visitor Visa(観光ビザ)
学校で学ぶ → Student Visa(学生ビザ)
仕事をする → Work Visa(就労ビザ)

他にも移住、研修、芸能活動などなど、様々な種類がありますが、一般的なのはこんな感じです。

そのどこにも属さず、それぞれのビザで活動できることを、
複合的にしたのがワーキングホリデービザになります。
根本的な目的は、異文化交流であり観光がメインと考えられています。

さて、表題の「長期留学するならどちらが合っている?」の問いですが、
学ぶ目的が明確に定まっている方は学生ビザ、その主だったものが語学になります。
海外生活をしながら、目的を見出して行きたい方はワーキングホリデービザ、
その内容は人それぞれで構いません。

学生ビザを取得するには、通学先の学校を決め、入学手続きを済ませて、
はじめて申請が出来ます。
一方、ワーキングホリデービザは、渡航後に何をするかはビザ申請前に決める必要はありません。

この違いを知るだけでも、どちらのビザが自分に合うかをだいたい判別できます。
その上でワーキングホリデービザを選択したら、次は国選びです。
なぜならワーキングホリデービザは、国によって申請方法はもちろんですが、
現地で出来ることの範囲が変わります。

「海外で何かチャレンジしてみたい!」、ただその何かがまだ定まっていない・・
そんな方でも行動に移せる、海外生活が出来る、それがワーキングホリデービザです。

悩んでいる方は是非チャレンジしてみてください。

オーストラリアのワーホリビザ申請で最近よくある失敗のご相談

ここでも何度か記事にしてきた内容ですが、
ネットにある「ビザ申請方法の入力マニュアル」なるものです。

今年に入りとても増えた相談案件です。
内容は以下です。

お客様
「オーストラリアのワーホリビザ申請をしたのですが、
何か追加書類の指示が来てしまいました。全部英語で分からないので、
この状態から引き継いでもらえますか?」

弊社
「どんな追加書類ですか?
また、なんで英語が分からないのに申請が出来たのでしょうか?(申請は全て英語です)」

お客様
「ネット検索で出てきた、申請マニュアルを見ました。
追加書類は、何やら何個もの質問に再度答えて??、のような感じです」

これが多いのです。
私たちプロはこれだけで察しがつきます。

申請の最後の方に、多くの質問にYESかNOで答えるパートがあります。
その中でYESにしなければ申請が許可されない項目があるのですが、
質問の意味を理解せずに流れでチェックをするので、全てNOにしてしまっているのです。

本来であれば即却下でもおかしくない質疑応答ですが、
さすがにimmigrationも気を利かせて「本当にこれでいいの!?」という感じで聞いてくれ、
これが追加書類の対象となります。

さてなぜこうなるかの原因です。
1、間違ったマニュアルサイトを見て入力してしまった。
(あくまでもこのようなサイトは他の営利目的があり構成されていて、
入力マニュアルなるものは「責任は持てないから自己責任で」と注意書きを書いています。)

2、マニュアルサイトは間違っていなくても、
質疑応答の構成上、入力の流れであまり深く考えずに進んでしまった。

上記のいずれかです。

1の理由のサイトが検索上位にくれば、必然的に弊社へのこの類の相談は増えます。
それだけ利用している方が多いということだと思います。
よって、そのようなサイトを利用する場合は十分にお気を付け下さい。
無料なのにはやはり相応の理由があるのかと思います。

また、ビザ申請は一見簡単そうに見えても、何かあった際のリカバリーは当然ながら全て英語であり、
相手はimmigrationになります。
それも含めてビザ申請なので、個人でやるならばせめて基本的な英語を理解しているか、
英語の出来る方とされることをお勧めします。


ちなみに、このタイプの追加書類に対しての解決方法は、
まずはなぜそのような回答をしてしまったかを簡単にコメントし、その確認質問に対しての回答を、
適正書面として作成し、所定の場所から添付提出します。

その国でも一生に一度のワーキングホリデー、その権利をもらうのがビザ申請です。
十分に気をつけて申請はされて下さい。


ワーホリ情報サイトの「ワーホリWEB」にて定期連載中!

ワーキングホリデービザ申請におけるよくある失敗 カナダ編

今回はカナダワーキングホリデービザ申請をご自身でされて、
「行き詰った」、「失敗した」ということで、ご相談のよくある実例のご紹介です。

まずビザ申請とは、自分で出来るのか、プロに頼むべきなのか、
皆さんここでまずは迷われると思います。
結論で言えば、ビザ申請はご自身でも可能です。
ただ、せめて申請案内の英語が全て理解出来るというのが前提です。

もちろん作業を進めていく質問等は英語ですが、
ビザ申請というのは、冒頭や最後に必ず重要な確認事項があります。
それは相手国の移民法に基づいた、法的な確認となります。
これを何も分からず「YES」や「NO」を押すことは、理解していない契約書に安易にサインをするようなものです。

なので「自分でも簡単に出来た」という方の90%以上は、
インターネット上に公開されている、無料で閲覧出来るマニュアルサイトを見ながらされている人ばかりです。
このてのサイトの危険性は過去の記事でも記載しました。
特定のサイトですが、「サイト見て進めたら、全然違うページになってしまって・・」という相談が日々あります。
世の中、タダには相応の理由があります。

サイトの最後またはページ最後部をまず見てください。
「この情報を見て申請をして何かあっても責任は持てません。最新情報は大使館やimmigrationのサイトで確認した上で、
自己責任で活用をしてください」
このような主旨が書かれています。
ビザ申請は定期的に申請方法や質問内容が更新されます。
それを分かった上での注意勧告となります。

それでも使うという方へのアドバイスは、新着やサイト更新の日付を見てください。
これが古いもの、更新されてないものは使わないことです。
最低でも3ヶ月以内には更新されているものがいいのではないでしょうか。

さて、冒頭に書いた、「行き詰った」、「失敗した」ということで、ご相談のよくある実例です。
1位:アカウントのログインデータを忘れてしまって入れない
2位:アカウントのログインを失敗してロックがかかってしまった
3位:何か追加書類や、追加の質問が来てしまって英語が分からない
4位:間違ったボタンを押して申請書がおかしくなった
5位:しらないうちに申請の期限切れになっていた

このような相談が多いです。
上記に書きましたが、この方々に質問をすると90%以上の方がなんらかの無料マニュアルサイトを見ています。

続きは次回になります。

次回の内容に書くのですが、
ビザ申請は個人でも出来るものですが、大事な留学に行けるか、行けないかに関わることなので、
ご自身が妥当と思える費用で依頼できるプロの申請代行会社があれば、
そちらの利用をお勧め致します。

ワーホリ情報サイト「ワーホリWEB」にて定期掲載中

カナダワーキングホリデービザビザ2017年〜2018年への対策

前回からの続きになります。
まずは、今年度の申請方法・手順を極めてシンプルに示してみます。
仝朕誉賤僖▲ウントを作成し、申請希望リストに登録
▲ナダ政府による登録リストからの選定連絡を待つ
A定をされると本申請への招待状が専用アカウントに届く
ぞ径埔を開封しオンラインでの本申請を行う
タ柔舛竜可、追加書類、却下等の結果連絡が専用アカウントに届く
Φ可されると入国許可書が発行されるので、それを持参して渡航
Дナダの空港にて入国許可書をビザに引き換え

前回は上記のまでのご説明をしたので、残りパートとなります。

い砲弔い
「招待状」という本申請に進むレターが登録アカウントに届きます。
ここで重要なのは、この招待状の案内を10日以内に開封をしないといけないということです。
こちらが届いてから10日以内に開封をしないと、無効となり振り出しに戻ってしまいます。
(,虜禿佻燭鬚發Π貪戮靴覆い箸い韻泙擦鵝

Point!
こちらを見逃したという方の多くは、携帯のメールアドレスやフリーメールの方です。
,離▲ウント登録後にカナダより届くメールの送信元アドレスを必ず登録してください。
携帯の方はドメイン登録などをして受信出来るようにしておくことが大事です。

招待状を開封すると本申請が出来るのですが、その申請完了までにも期限があります。
その期限は20日間です。よって、招待状が届く前に必要書類の準備を済ませておきます。


イ砲弔い
本申請を完了すると、早い時は数日、平均的には2週間前後で結果が届きます。
混み具合やシステムの関係で、結果が来る期間はバラバラなので、焦らずに待ちましょう。
心配な方は定期的にアカウントを確認するのもいいと思います。

Point!
アカウントに進展があると、メッセージ欄に「New」という表示がされます。
これが分かりやすいように、何か届いたものは必ず開封をして既読にしておくと見落としが減ります。

追加書類がある方はこのタイミングで指示が出ます。
多くは5年以内に国外で連続して半年以上滞在した方に出る「無犯罪証明書」です。
その経歴がある方は事前に準備をしておいてください。
こちらの提出期限は自動的に設定されてしまい約1ヶ月です。


ΑΝГ砲弔い
許可が出ると「入国許可書」が発行されるので、こちらを持参してビザと引き換えになります。

Point!
よく間違える方が多いのですが、発行された許可書はビザではありません。
カナダ入国時にビザは発行されるのですが、その引換券と考えてください。
この際に、「滞在期間をカバーする適正な医療保険への加入」という条件を満たした、
加入済みの保険証を確認される場合があります。
もし加入をしていないと、「ビザは発行しない場合がある」と規約にあるので十分にお気を付けください。

簡単ですが以上となります。
この2回の記事の間に、2018年度の登録が開始されました。
(11月3日にカナダ政府より発表されています)
ただ、直ぐに申請が出来るのではなく、,出来る窓口がオープンとなりました。
昨年は12月に△行われ、が届き一番早い方の申請が始まりました。

今年はシステムが無事に稼働することを祈ります。

このようにカナダワーホリビザの申請は複雑ですので、
弊社ではベテランスタッフによる申請代行サポートを行っています。
心配な方は是非ご利用ください。

ワーホリ情報サイトのワーホリWEBでも定期連載中!






カナダワーキングホリデービザビザ2017年〜2018年への対策

ここ数年は渡航希望者も増え人気のあるカナダワーホリですが、
申請方法の複雑さで困る方が多いのもカナダです。
シンプルな申請方法のオーストラリアに比べると、カナダの申請方法は数倍手間がかかります。

そこで9月に受付終了をした2017年度の総括として振り返り、2018年度の予備知識にして頂ければと思います。

まずは、今年度の申請方法・手順を極めてシンプルに示してみます。
仝朕誉賤僖▲ウントを作成し、申請希望リストに登録
▲ナダ政府による登録リストからの選定連絡を待つ
A定をされると本申請への招待状が専用アカウントに届く
ぞ径埔を開封しオンラインでの本申請を行う
タ柔舛竜可、追加書類、却下等の結果連絡が専用アカウントに届く
Φ可されると入国許可書が発行されるので、それを持参して渡航
Дナダの空港にて入国許可書をビザに引き換え

ざっとこんな感じです。
こう書くとさほど複雑に見えないですが、各段階をクリアにしていくにはそれなりの理解が必要です。
理解とは、アカウントの管理、選定方法、期限、確認方法などになります。

最近は、細かく書かれた無料の案内サイトがNET上に散乱していますが、
案内説明に不備があったり、解釈を間違えるとその時点で迷宮に入ります。
それが弊社にたくさん相談がある、「個人申請をして途中で分からなくなった・・」という方々です。
その方々に聞くと、皆さんある特定のサイトを見ています。
プロの視点で見てもよく作成されていますが、それでも分からなくなるので、
それがカナダワーホリビザ申請の現実なのかと思います。

それでも自分で2018年度の申請チャレンジしたいという方への各パートでのアドバイスです!

,旅程
ここで重要なのは、アカウント作成する際に自分で作成・設定をする、
ユーザーネーム、パスワード、Q&Aをしっかりメモすることです。
更にこのメモは手書きでなく、パソコン等にしっかり保存することをお勧めします。
相談に来る人の大半は、この情報忘れによるアカウントの不備です。
もし、この設定した情報を忘れたり、入力を間違えると、アカウントがロックされ先に進めなくなります。

Point!
プロはどのようにこの作業をしているか、そのコツの一部を公表します。
まず、それぞれの設定箇所にいきなり入力することはしません。
パソコンのメモ帳やword等で事前に作成し、保存して、その保存したデータからコピー&ペーストで実際の画面に貼り付けます。
これでスペルミスや何かしらの間違いが防げ、アカウントへのログインデータが紛失することはまずありません。

◆Νの工程
連絡は登録したメールアドレスに届くのですが、この見落としや、迷惑メールと見なされ受信アカウントに届かない、
という理由で確認漏れとなるケースが多いです。
この招待状には開封までの期限があり、期限内に確認・開封出来ないと振り出しに戻されてしまいます。
ビザ申請をスマホやiphonでといったモバイル端末で行う方がいますが、
やはり、大きな画面で操作が出来るパソコンでの申請、きちんと受信が出来るメールアドレスの利用を推奨します。

Point!
GmailやYahooメールなどのフリーメールを申請に使用する場合に注意が必要です。
元からの設定で、迷惑フォルダやゴミ箱に自動振り分けされる場合があります。
アカウント登録をしたら受信トレイ以外もこまめに確認をして、一度目に届いたカナダからのメールの送信元アドレスを登録することで、
次回から受信トレイに届くようになります。

長くなりましたので第一回はここまでとして、次回いらの続きを書きたいと思います。

さて、2018年度の開始はいつからかと、たくさんの問い合わせを頂いておりますが、
「秋に募集要項を発表」という告知が出ているだけで、今現在(10/18)明確な方法は発表されていません。
今は待つしかございません。

大事なビザなので、個人で無理に申請をするより、プロへの代行をお考えの方は、
現在「2018年度申請代行サポートの仮予約」を弊社のホームページにて受付けております。
そこまで高額でない料金で効率よくビザ取得が可能ですので、是非ご検討ください。

カナダワーホリ2018仮予約受付ページ:https://www.icc2004-visa.com/wh_visa/canada/

ワーホリ情報サイト「ワーホリWEB」でも定期連載中

オーストラリアワーキングホリデービザの申請について

オーストラリアワーキングホリデービザの申請について

オーストラリアのワーホリビザ申請は、他国に比べると比較的シンプルです。
その中でも多く問い合わせがあるのは、
「申請をしたら何か追加のような連絡があって、それがなんだか分かりません」
というものです。

この場合は以下のいずれかに当てはまります。
1、申請の間違い
2、申請内容による健康診断の依頼
3、申請内容による追加書類

どのケースの方もほとんどが、インターネット上にUPされている
「自分でも出来るオーストラリアワーホリ申請の入力マニュアル」なるものを見て申請されている方です。
以前の記事で詳しく書きましたが、無料にはやはり理由があります。
目的は別にあるので、出しどころをしっかり確認し、このマニュアルは自己責任で使用してください。

(※ちなみに、しっかりした知識のあるプロのビザ代行会社は、このようなマニュアルは絶対に出しません。
レストランがレシピを公開するようなものです。)

話を戻しますが、この公開されているマニュアルは、
ごくスタンダードな申請だけの対応なので、皆さんそれを見ながらただ入力するので、
その進行と少しでも違う流れになると、そこでギブアップになりどこかにヘルプで弊社に連絡があります。

追加書類や健康診断依頼が来ると、それを理解する英語力も必要ですし、提出期限もございます。
また、本来申請を完了するというのは、移民法というオーストラリアの法律に同意することを含みます。
むやみにボタンを押せば却下になることもあります。

すんなり取れた方はいいのですが、追加になった方は多くの時間と費用を要す方もいます。

やはり一生に一度のワーホリであり、そのためのビザですから、
英語力に自身のない方は、あまり無理をせずプロに依頼をするのもご検討ください。

弊社のビザ代行サポートは7980円という価格で可能です。
ビザ取得の安心を得るのにこの金額は高いでしょうか?

留学のために節約は大事です。ただ、節約するところを間違うと、残念なスタートになることもあります。
良いスタートが切れるように、何が自分に合った必要経費か見定める、それが適切な節約かと思います。

2017カナダワーホリ申請のラストスパート!

ここ数年は何かと物議が多いカナダワーホリビザ申請ですが、
7月14日の最新発表で定員まで残り「892人」となり、いよいよ終わりが近づいてきました。
このペースのままであれば来月には定員に達すると思います。

さて、何が物議かと言えば以下の2点になります。
・申請システムが安定しない
・追加書類の取得が困難

システムに関してはそれでも昨年よりはよくなったので、
2018年に更に期待といったところかと思います。

問題は後者の「追加書類」です。
対象になる申請者を悩ますのは「無犯罪証明書」なるものです。
この質問は毎日のようにいただきますが、なかなか対応の範囲も難しいところです。

なぜかというと、そもそもこの追加書類の対象になる根拠は、
「ここ5年以内に半年以上国外に滞在した方」となっていて、どこの国に滞在をしたかで、
書類の取得方法がまったく違うからです。

(そもそも日本での同書類を必要とせず、なぜ国外滞在だけなのかは大いに疑問です。)

オーストラリアやニュージーランドは比較的簡単ですが、アメリカは管轄がFBIとなり、取得に2〜4ヶ月を要します。
アジアではその国に出向かなければいけないケースもあります。
よって、ビザ代行会社がこの書類の取得代行をサポートに入れるのは難しいわけです。

昨年まではこの追加書類は、人により出る人、出ない人がいました。
この曖昧さもどうかと思いました。
しかし、今年はほぼ対象者全員に依頼が出ています。

そこで、このラストを迎えてこれらから申請をされる方にアドバイスです。
ご自身が追加書類の対象者であれば、
「事前もしくは同時進行で、無犯罪証明書の取得」をお勧めします!

追加書類は指示が出ると提出期限が決まっていて、間に合わなければ却下となります。
よって、指示が出てからの準備では間に合わない人も多く出ています。

これから申請をされる方、「無犯罪証明書の取得」に十分にお気を付けください。

弊社では無犯罪証明書の取得は出来ないですが、アドバイスは可能です。

ワーホリ情報サイト「ワーホリWEB」にて定期連載中

続 ワーキングホリデー人気国からの選び方

前回の続きとなります。

さて人気国と言えばオーストラリア、カナダ、イギリス、ニュージーランドが安定したところとなります。
つい先日、南米初のワーホリで「アルゼンチン」が増えるようですが、
ここ最近の追加国はどれだけの需要があるのか疑問です・・
たぶん、目的が決まっている特定の人か、もとよりその国につながりがある方のように思えます。

今回はいつもの文章でなく、上記の4つの国を簡単な各種ランキングにしてみたいと思います。
※あくまでも弊社独自のデータからなので、その点はご了承ください。

■ビザが取得しやずりランキング
1位 オーストラリア
2位 ニュージーランド
3位 カナダ
4位 イギリス
備考
実際の作業工程ではカナダ4位かと思いますが、完全抽選という意味でイギリスを4位にしています。

■ビザが早く取れるランキング
1位 オーストラリア
2位 ニュージーランド
3位 イギリス
4位 カナダ
備考
オーストラリアは最短1日で取れます。

■物価が安いランキング
1位 ニュージーランド
2位 オーストラリア
3位 カナダ
4位 イギリス
備考
2位、3位はそこまで変わらず、都市により順位は入れ替わります。

■アルバイトの募集が多いランキング
1位 オーストラリア
2位 ニュージーランド
3位 カナダ
4位 イギリス
備考
ニュージーランドは数は多くなくても倍率がが低く、カナダはバンクーバーとトロントに集中し倍率が高く、
この二ヶ国は数というより、見つかる率で同じぐらいです。
ここ数年のカナダワーホリの方は、「仕事がなかったので帰国しました」という人が増えています。

■航空券が安いランキング
1位 オーストラリア
2位 ニュージーランド
3位 カナダ
4位 イギリス
備考
ある程度距離に比例しますが、乗り換えを使う、LCCを使う、これらでも大幅に金額は変わってきます。
ちなみにワーホリでの入国は片道航空券でも問題ありません。

これだけでもオーストラリアの渡航のしやすさと、イギリスの準備しにくさがよく出ているかと思います。
以上、何かの参考になれば幸いです。

ワーホリ情報サイト「ワーホリWEB」にて定期掲載中!