「留学・ワーキングホリデーの知っ得情報」

留学実現の最後のハードルがビザ申請です。 これまで10年以上、留学・ビザ手続きに携わった「過去の経験」と「最新の情報」をバランスよく掲載し、皆様の留学準備に役立てていただければ幸いです。

映画

ジブリ映画とオーストラリア

こんばんわ。

今回はオーストラリアのワーキングホリデー渡航者の間で度々話題になる、
「ジブリ映画のモデルになった場所」についてです。

メルボルンの某所、タスマニアの某所、などなど数箇所あります。
確かに行って見れば似ているような気もするし・・・


ただ正式には発表されていないですし、
ジブリの方でも事実はないという回答だそうです。


でもジブリの映画はそれぞれの「捉え方」「感じ方」が多面性のあるものだと思うので、
真相は分からなくてもいいですし、感じた人がその風景を見て懐かしく思えればいいような気がします。

私も数箇所実物を見ましたが、確かに1シーンを連想させるような風景はありました。
それぐらいオ−ストラリアの大自然は雄大でもありました。

ワーキングホリデーでは旅して周ることを「ラウンド」といいます。
このような自然を求めてのラウンドもとてもいいものです。
是非、チャンスがある方は実際の目で確かめてみて下さい。



ワーキングホリデー・学生ビザが格安で取れます!
http://www.icc2004-visa.com

留学に関する情報満載!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデーの裏技満載!
http://www.icc2004-au.com

世界で8番目の不思議

皆さん、土ボタルって知っていますかはてな

オーストラリア・ニュージーランド゙あたりで目にすることができる神秘的な光を放つ生物ですホタルはホタルでも日本のものとは異なり、飛ぶというよりも岩場(洞窟)にへばりついて生息しているのです
オーストラリアでは、ケアンズ、ゴールドコースト、シドニー、タスマニアなどで見ることができますよ

特に湿気が多い夜は真っ暗な中、青々と光り輝き洞窟の天井にへばりついているので、まるでプラネタリウムを見ているよう晴らしいの一言です

名称未設定-3


日本語では土ボタルと呼ばれていますが、実はこの生物の正体は…。あまり、多くを語ると見る価値が薄れてしまうので、この生物がいったい何なのかというのは触れずにおきましょう☆

余談ですが、この土ボタルはあの宮崎駿監督作品の『天空の城ラピュタ』に出てくる飛行石のモデルになったと言われています
名称未設定-2


とにかく、オーストラリアでワーホリするなら、mustで抑えておきたい観光ポイントの一つです!



■ワーホリビザ・学生ビザの格安申請代行サポート始まりました!
http://www.icc2004-visa.com/

■留学・ワーホリの情報収集&資料請求はオフィシャルサイトで!
http://www.icc2004.jp/

ポ〜ニョ ポーニョ ポニョ 魚の子〜

こんにちは。
ジブリ作品「崖の上のポニョ」が公開になってますね。(。・ω・)ノ゙

みなさんもうみましたか?。゜゜(´□`。)°゜。

主題歌が耳から離れない…ということを聞いて本当にそうなのか聴いてみることにしました。




本当に離れません。( p_q)エ-ン

今、オフィスで毎日口ずさんでしまっています…orz

ポニョは人魚ですね。
人魚のモデルになった生物をご存知ですか?


そう、ジュゴンです。
世界遺産にもなっている西オーストラリアのシャーク湾では
世界に生息しているジュゴンの1/8が住んでいるそうです。

とても綺麗な場所ですね。(^∀^)





シャーク湾にはもう1つすごいものが…

それは地球最古の生物「ストロマトライト」がいます!

地球最古の生物といっても恐竜とかではありません!(`□´/)/


石のような感じです…



海底にあるやつです。


是非、ワーキングホリデーでラウンドする際は立ち寄ってみてください。

話が脱線しまくりだ…


ワーキングホリデービザが4980円〜の業界最安値!
http://www.icc2004-visa.com/

好きな言葉3

映画を見ているとあっ、今の英語表現いいな〜と感じることがあります。個人的に、日常的で着飾らない英語表現が好きなのです

例えば

結構前にブリジットジョーンズの日記という映画を見た時、マークがブリジットに突然、告白するシーンでこんな言葉を使っていました。

I like you very much, just as you are.

という言葉。! ぐぅ〜です。

一般的に、私たち日本人には

好き(愛してる)= I love you

という認識ですよね。
マークはドジでおっちょこちょいで、食べることがやめられないちょっとダメな女性キャラのブリジットに「 君が好きだ。そのままの君が」という表現を使っているのです。

英語ってえ〜な〜と思いました。

また、日本語では恥ずかしくて言えないことでも、英語だとサラッと言えたりするのもまか不思議です。
記念日のGIFTや手紙など、たまには好きな人や大切な人に英語で気持ちを伝えるのもいいかもしれません


国際コミュニケーションセンターのサイト
http://www.icc2004.jp/

記憶的な、夏が来る!4

最近、19年ぶりの最新作として話題を呼んでいる『インディージョーンズ』。もう直ぐ公開ですね。

そんな中、6/7(土)にオーストラリアの映画
『BLUE BLUE BLUE』が全国映画館で公開。
『ブルー・ブルー・ブルー』のオフィシャルサイトはこちら。

http://www.blueblueblue.jp/

この『ブルー・ブルー・ブルー』は、
オーストラリアの港町「ニューカッスル」を舞台に、プロを目指してサーフィンに明け暮れる若者たちの輝きと苦悩を描いた青春サーフムービー

※「ニューカッスル」は、シドニーに次いでニューサウスウェールズ゙州第二の都市で、オーストラリア最大のサーフイベント『Surfest』の開催地。大会には世界各国からサーファーが集っています。

オーストラリアのワーホリ中、ニューカッスルに滞在したことがある私は、今週末にでもレイトSHOWで見に行こうと思っています。


この映画では、オーストラリアの街・言葉・人々の暮らし・恋愛・友情など多方面から文化を感じることできるので、サーフィン未経験者でも楽しめる内容だと思います。また、プロのサーファーも出演しているので波乗りシーンは大注目かなと。
あと、ビッククラッシュも見逃せませんね!

まさに、ブルー(青い空)で、ブルー(青い海)で、ブルー(ブルーなヤツら)な映画となっているようです。


興味ある方は是非映画館へ!

ワーホリ考えている人はオージーイングリッシュを感じる良い機会です。


■オーストラリア・ワーキングホリデービザセミナー開催中
国際コミュニケーションセンター
http://www.icc2004.jp/

I love movies!3

オーストラリアへ行く人は、ちょっとは知っておきたい映画のお話です。

今回はハリウッド俳優編。

世界で活躍する映画俳優の中では、意外とオーストラリア人も少なくありません。
『えっ!?この人オージーだったの?』と驚く人もいるのでは?有名どころをあげてみました。

■ラッセルクロウ
(代表出演作:グラディエーター、ビューティフルマインド)

■ニコールキッドマン ※1990年にトムクルーズと結婚→2001年に離婚。
(代表出演作:めぐりあう時間たち、ライラの冒険)

■ナオミワッツ
(代表出演作:ザ・リング、キングコング)

■ヒュージャックマン
(代表出演作:ソードフィッシュ、X-MEN/ウ゛ァルバリン役)

■ヒューゴウィーウィング
(代表出演作:マトリックス/エージェントスミス役、ロードオブザリング)

などなど。
オーストラリア英語がハリウッド映画で話されているということは、訛りの問題はないということでもありますね。実際映画を見ていて、

「この人の英語、訛ってて聞きづらくない?」

なんてことは感じたことはないと思いますからね。

唯一あるとしたら、オーストラリア映画の代表作
『クロコダイルダンディー』シリーズではないでしょうか!?その話はまた今度。


是非一度、各俳優さんの出演作をチェックしてみてはと思います。

そう。そろそろ、先々週に行っていたモルディブの話もしないとですね。
では。

■国際コミュニケーションセンターのサイト
http://www.icc2004.jp/

実写版ドラゴンボールZ!4

こんにちは。

海外で大人気の日本のアニメと言ったら…

真っ先に思い浮かぶのは


ドラゴンボール

ポケモン

遊戯王

セーラームーン

ちょっと古いですか?orz…

私がオーストラリアで生活したとき、子供たちとよくドラゴンボールの話で盛り上がった記憶があります。

そして

「ドラゴンボールは日本のアニメだよ」

「いや、ドラゴンボールはオーストラリアのアニメだ」

と言い合いになったのを覚えています。
なかなかつたない英語でそれを説明するのは大変(もはや不可能)でした。

さて、巷でも話題のドラゴンボール実写版。
どうやら公開が大幅に遅れるようです。
楽しみにしていた1億2千万人の方々には残念です。←え

詳しくはこちらのブログから

このドラゴンボールの世界観はオーストラリアっぽいと思っていたのですが…

オルガ



【写真】カタジュタ(マウントオルガ)風の谷

実際はの撮影はメキシコらしいです。
しかもセット…



英語のブログが読めるように…
そんなのがきっかけで海外に行かれる方もいらっしゃいます。
ワーキングホリデー・海外ボランティアならICC