「留学・ワーキングホリデーの知っ得情報」

留学実現の最後のハードルがビザ申請です。 これまで10年以上、留学・ビザ手続きに携わった「過去の経験」と「最新の情報」をバランスよく掲載し、皆様の留学準備に役立てていただければ幸いです。

カナダワーホリ

ワーキングホリデービザと学生ビザの大きな違い

海外留学を目指す多くの方の大きなテーマが、
「外国語を学ぶ」ということだと思います。
しっかり学ぼうとすると、やはりそれなりの期間の滞在が必要となります。
ある意味では、「滞在期間=語学力の上達度」でもあると思います。
(日本人とばかりいる人は別です)

そこでまず考えられる期間が「1年」という方は多いと思います。
1年となると、観光ビザでは間に合わなく、ワーキングホリデービザと学生ビザが思い浮かびます。

それでは何が違うかというと、
前者のワーキングホリデービザは「学ぶ」というよりは、「海外生活を送る」という方が合っているかと思います。
生活、アルバイト、学校に通う、旅をする、これらの割合を自分で決めることが出来ます。
しかも、現地に到着してから決めることが可能です。

よって、学校に通う、ネイティブとの交流、これらに時間を多く割いた方は、
語学力の向上につながり、結果「学ぶ」の要素が強くなると思います。

ただし、このように何でも出来る特殊なビザなので、一ヶ国で一度しか取れなく、
年齢は「30歳まで」という制限もあります。


一方の学生ビザは名前の通り、学生であること、つまり学校に通うことを前提に許可されるビザです。
よって、出席率が悪ければ、ビザは取り上げられ帰国しなければなりません。
まさに学業中心の海外生活になります。

また、現地で学校を決めるのではなく、学生ビザを事前に取るには、日本で入学手続きをしなくてはいけません。
その入学許可書がないとビザ申請自体が出来ません。
ワーキングホリデービザのように「基本1年」という制限はなく、通学が継続されればビザの延長も可能です。
(ワーキングホリデービザも条件を満たせば延長できる国もあります)
年齢制限も特にありません。

どちらが良いというものではなく、どちらがに自分に合うかだと思います。

ただ、しっかり英語力とスキルを身に付けたいということであれば、やはり学生ビザかと思います。
ワーキングホリデーは自由度が高いために、様々な誘惑もあります。
結果、「楽しく生活したけど、語学力はあまりに身につかなかった・・」という帰国者も少なくないです。

自分の目指すものをしっかり定め、自分にあった方のビザを選択しましょう!

カナダワーホリビザ申請における無犯罪証明書について

今回はカナダワーホリビザ申請で、特定の方に追加書類として指示される、
「無犯罪証明書」について書いてみます。

この問い合わせは2017年度の申請において急増しています。

まずは申請の手順のおさらいです。
1、申請希望リストに登録する
2、リストからピックアップされたらinvitationを受け取る
3、invitationの期限内にオンライン申請を済ませる
4、必要書類のデータUPと申請費の支払い
5、結果の連絡待ち

この4の作業を済ませた後に、対象者のみに追加書類の依頼があります。
対象者とは「過去5年以内に日本以外に半年以上滞在した人」という質問がYESになる方です。
(他にも却下歴、犯罪歴、持病によっても相応の追加書類、健康診断になる場合もございます)

このYESの方には、「滞在国が発行する無犯罪証明書」なるものを要求されます。
これは、半年以上滞在した国で何も犯罪をしていないという記録を、その国の警察などから取り寄せます。

なんのために??、と思うかもしれませんが、確かにそうなんです。
この質問回答だけで、こんな制度があるのはカナダワーホリだけです。
そんな追加書類をするなら、長く滞在している日本の無犯罪証明書の方が重要では、
と大いに疑問な制度です。

それでも指示されれば出さない限りは申請は進みません。
そして、この提出に期限があるのです・・
その期限無いに提出をしなければ、書類不十分で却下となってしまいます。

そこでこの書類を取ろうとするのですが、これが国によってはまぁ〜複雑です。
外国の専門機関への問い合わせですから、それなりに手間はかかりますし、
中にはその国に行かないと発行できない場合もあります。

例えると、
一時滞在を日本でした外国人が、日本の警視庁にそのようなの書類を依頼するとなれば、
しかもそれが母国からであれば、そりゃ大変ですよね。
書類記入、発行手数料の支払い方法などなど。

重要!!
対策としては、「過去5年以内に日本以外に半年以上滞在した人」に該当する人は、
事前にその書類が取得できるかを調べた方がいいです。
その目処が立たないのに申請を進めれば、必ず申請は止まってしまうからです。

もしくは、プロは様々な知識があるので、そこに質問をしてから依頼するのがいいと思います。
もちろん弊社でも取り扱い例のある国はアドバイス可能です。
(完全に代行が出来るかは国によります)


また、その中でダントツに問い合わせが多いのはオーストラリアです。
なぜかというと、オーストラリアの特定の地域にいた人には無犯罪証明書だけでなく、
交通違反に関する無違反証明書まで依頼をされるからです・・

それは次回に書きます。

ワーホリ情報サイト、ワーホリWEBでも定期連載中です。

2009年カナダワーホリ

お待たせしました
2009年のカナダ・ワーキングホリデービザの募集要項が10月1日にカナダ大使館より発表があるみたいです

現在、2008年の募集9500人は80%定員に達しているようで、9月30日で締め切ると。
以下大使館のWEBサイトのコメントです。

今年度のプログラム(2008年内カナダ入国)の申請は9月30日で締め切らせていただきます。(当日消印有効)2009年プログラム募集要領は10月1 日に当サイトで発表をする予定です。申請書と参加費振込口座が新しくなりますので、2009年に出発予定の方は、現在の振込口座と申請書で9月中に申請することは、くれぐれもしないで下さい。

ビザの申請はワーキングホリデーに向けた第一歩です。
ICCでは、ビザ申請サポート受付中ですのでご質問等是非、お問合わせ下さい


■ワーキングホリデーのお問合わせはICCのWEBサイトからどうぞ。
http://www.icc2004.jp/

■ワーホリビザ・学生ビザの申請代行はこちらから。
http://www.icc2004-visa.com/