「留学・ワーキングホリデーの知っ得情報」

留学実現の最後のハードルがビザ申請です。 これまで10年以上、留学・ビザ手続きに携わった「過去の経験」と「最新の情報」をバランスよく掲載し、皆様の留学準備に役立てていただければ幸いです。

カンタス航空

格安航空券…3

日本とオーストラリアを結ぶ生命線とも呼べるカンタス航空が先日7月〜9月までの燃油サーチャージの引き上げを発表しました。

もはや影響を受けているのはガソリンだけではありませんね。
以下カンタス航空のWEBサイトで記載されている文章です。


「燃油特別付加運賃」(燃油サーチャージ)の額改定に関して

2008年6月13日

カンタス航空では、航空燃油価格高騰のためお客様に「燃油特別付加運賃」(燃油サーチャージ)のご負担をお願いしております。高騰を続けるシンガポールジェットケロシン市況価格は、2008年2月〜4月の3ヶ月間平均で1バレルあたりUS126ドルを記録するにいたった状況を受け、2008年7月から適用する日本〜オーストラリア間国際線(他航空会社に運航委託している共同運送便も含みます)の「燃油特別付加運賃」(燃油サーチャージ)の額改定とその改定条件を決定し、2008年6月12日付けで国土交通省の認可を受けました。


ということです…
6/30までは1区間(片道)20000円の燃油サーチャージですが、7/1以降は1区間(片道)28000円になります。往復チケットの場合7月からは28000×2で56000円…

9月までにワーホリ・短期留学で出発を予定している人は、少しでも早く出発日を確定させ、少しでも安く6月中にチケットを取ることをお勧めします!

どこの国に行くにも同じような料金設定なので、これから海外旅行離れが進みそうですよね


尚、航空チケットの手配、ワーホリビザの申請、留学・ワーホリ保険などもICCでサポートしていますので、お気軽にお問合わせ下さい。


□東京・千葉オフィスで無料留学カウンセリング実施中!
国際コミュニケーションセンターのサイト(ICC)
http://www.icc2004.jp/

木曜日。1

今日は木曜日。
ICCでは木曜日になるとオーストラリアへ出発する人がわんさかいます。

何でかというと…。
成田−ブリスベンを結ぶ直行便(カンタス航空や日本航空)は毎日夜発で翌日朝現地到着なんです。

木曜夜発。約8時間半のフライト

金曜朝着。そのままブリスベン空港で現地のスタッフと合流。

迎えの車でゴールドコーストへ!!約1時間のドライブ

ゴールドコーストは青い海と白い砂浜が輝くビーチタウンで、一気にテンション上がります
そのまま現地のオフィスで一休み。お話し&街の案内。

その後はホストファミリーがお迎えにきて、いよいよ生活がスタート。Nice to meet you!

この日は日本からの移動の疲れがあるので、ゆっくりしましょう。

Weekend!ホストファミリーとショッピングに行ったり、BBQをしたり、それぞれの交流を。

Monday
ボランティアや学校が始まる。

という、何とも1週間の生活リズムが作りやすいという理由で木曜出発を希望する人が多い感じです。

オーストラリアは時差がほとんどないので、時差ぼけは心配なし。
少しでも出発者たちの雰囲気が伝わるといいなと思います。

↓到着後にリラックスしたメンバーさん☆
名称未設定-2


■国際コミュニケーションセンターのサイト
http://www.icc2004.jp/