「留学・ワーキングホリデーの知っ得情報」

留学実現の最後のハードルがビザ申請です。 これまで10年以上、留学・ビザ手続きに携わった「過去の経験」と「最新の情報」をバランスよく掲載し、皆様の留学準備に役立てていただければ幸いです。

サーフィン

サンド(砂)サーフィンで砂まみれ!!

サンド(砂)サーフィンで砂まみれ!!


こんばんわ。


どこかで経験したこともある人もいるかもしれないですが、
砂山でのサーフィンです!

P3240361


場所はオーストラリアのモートン島です。(別名:タンガルーマ)
ここは野生のイルカに餌付けを出来ることでも有名です。



一面砂です!

P3240370


気持ちがいいんですが、クラッシュすれば砂まみれです。
穴という穴に砂が入り込んでいます・・


あと雪のゲレンデと違ってリフトがあるわけではないので、
滑った後は自力で登るしかないです。
これがけっこう大変です。

子供の頃を土手をダンボールで滑ったのを思い出します。
滑るのが嬉しく、下まで到達したら直ぐに走って登ってました!
最近、そんな光景も少なくなりましたね。


是非、皆さんもちょっと変わったサーフィンを海外で楽しんでみてください。

追伸
首都圏だと千葉の館山に出来るところがあります!


ワーキングホリデー・学生ビザが格安で取れます!
http://www.icc2004-visa.com

留学に関する情報満載!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデーの裏技満載!
http://www.icc2004-au.com

円高の波に乗ろう!!!

最近『円高還元セール』という宣伝をいろいろなところで目にします。(*゚∀゚)っ

ところで円高って何でしょう?

世界には国の数だけいろいろな種類の通貨があります。(ドル、ユーロ、円、ポンド等)

これらの通貨に対して円の価値が高いことを円高、低いことを円安と表現します。


言葉では少し難しいので具体例を挙げてみます。ヾ(´ω`=´ω`)ノ

私が約一年前に、オーストラリアワーキングホリデー滞在中の豪レートは

1ドル →100円

2009年 6月2日 現在のレートは

1ドル →78円


オーストラリアワーキングホリデービザ申請料195ドルで計算すると、

195ドル×100円=19500円 (1年前)

195ドル×78円=15210円  (現在)

一年前に比べると4290円もお得なのです。( ´∀`)つ




大好評を頂いている格安のビザ申請は  

こちら↓
http://www.icc2004-visa.com




去年の10月には1ドル=60円くらいまで下がりましたが、

1ドル=78円の今現在でも十分チャンスだと思います。




どうせ海外にいくなら有利なタイミングで渡航するのも節約のテクニックです。v( ̄∇ ̄)v




オーストラリアワーキングホリデーの裏技満載ページは

こちら↓
http://www.icc2004-au.com




ちなみに私は円高であった去年の10月(1ドル=60円)に、クレジットカードで400ドルのサーフボードを購入しました。


400ドル×60円=24000円

60%引きの24000円で新品のサーフボードを買うことができました。


クレジットカードはその日のレートと連動しているため、必要におおじて使用すれば買い物上手になれます。ヾ(´ω`=´ω`)ノ


留学に関するお役立ち情報は

こちら↓   
http://www.icc2004.jp


円高の波に乗って、サーフィンの波までゲットした例でした。



アメリカ大手自動車メーカーの影響により、円高が回復しつつあるのでいまがチャンスです。(=゚ω゚)人(゚ω゚=)

記憶的な、夏が来る!4

最近、19年ぶりの最新作として話題を呼んでいる『インディージョーンズ』。もう直ぐ公開ですね。

そんな中、6/7(土)にオーストラリアの映画
『BLUE BLUE BLUE』が全国映画館で公開。
『ブルー・ブルー・ブルー』のオフィシャルサイトはこちら。

http://www.blueblueblue.jp/

この『ブルー・ブルー・ブルー』は、
オーストラリアの港町「ニューカッスル」を舞台に、プロを目指してサーフィンに明け暮れる若者たちの輝きと苦悩を描いた青春サーフムービー

※「ニューカッスル」は、シドニーに次いでニューサウスウェールズ゙州第二の都市で、オーストラリア最大のサーフイベント『Surfest』の開催地。大会には世界各国からサーファーが集っています。

オーストラリアのワーホリ中、ニューカッスルに滞在したことがある私は、今週末にでもレイトSHOWで見に行こうと思っています。


この映画では、オーストラリアの街・言葉・人々の暮らし・恋愛・友情など多方面から文化を感じることできるので、サーフィン未経験者でも楽しめる内容だと思います。また、プロのサーファーも出演しているので波乗りシーンは大注目かなと。
あと、ビッククラッシュも見逃せませんね!

まさに、ブルー(青い空)で、ブルー(青い海)で、ブルー(ブルーなヤツら)な映画となっているようです。


興味ある方は是非映画館へ!

ワーホリ考えている人はオージーイングリッシュを感じる良い機会です。


■オーストラリア・ワーキングホリデービザセミナー開催中
国際コミュニケーションセンター
http://www.icc2004.jp/