「留学・ワーキングホリデーの知っ得情報」

留学実現の最後のハードルがビザ申請です。 これまで10年以上、留学・ビザ手続きに携わった「過去の経験」と「最新の情報」をバランスよく掲載し、皆様の留学準備に役立てていただければ幸いです。

シドニー

オーストラリアワーキングホリデービザの申請について

オーストラリアワーキングホリデービザの申請について

オーストラリアのワーホリビザ申請は、他国に比べると比較的シンプルです。
その中でも多く問い合わせがあるのは、
「申請をしたら何か追加のような連絡があって、それがなんだか分かりません」
というものです。

この場合は以下のいずれかに当てはまります。
1、申請の間違い
2、申請内容による健康診断の依頼
3、申請内容による追加書類

どのケースの方もほとんどが、インターネット上にUPされている
「自分でも出来るオーストラリアワーホリ申請の入力マニュアル」なるものを見て申請されている方です。
以前の記事で詳しく書きましたが、無料にはやはり理由があります。
目的は別にあるので、出しどころをしっかり確認し、このマニュアルは自己責任で使用してください。

(※ちなみに、しっかりした知識のあるプロのビザ代行会社は、このようなマニュアルは絶対に出しません。
レストランがレシピを公開するようなものです。)

話を戻しますが、この公開されているマニュアルは、
ごくスタンダードな申請だけの対応なので、皆さんそれを見ながらただ入力するので、
その進行と少しでも違う流れになると、そこでギブアップになりどこかにヘルプで弊社に連絡があります。

追加書類や健康診断依頼が来ると、それを理解する英語力も必要ですし、提出期限もございます。
また、本来申請を完了するというのは、移民法というオーストラリアの法律に同意することを含みます。
むやみにボタンを押せば却下になることもあります。

すんなり取れた方はいいのですが、追加になった方は多くの時間と費用を要す方もいます。

やはり一生に一度のワーホリであり、そのためのビザですから、
英語力に自身のない方は、あまり無理をせずプロに依頼をするのもご検討ください。

弊社のビザ代行サポートは7980円という価格で可能です。
ビザ取得の安心を得るのにこの金額は高いでしょうか?

留学のために節約は大事です。ただ、節約するところを間違うと、残念なスタートになることもあります。
良いスタートが切れるように、何が自分に合った必要経費か見定める、それが適切な節約かと思います。

オーストラリア・ワーキングホリデービザ取得について注意事項

「オーストラリア・ワーキングホリデービザ取得について注意事項」

私は約12年ワーキングホリデービザ・留学ビザ申請の代行サポートに携わっています。
今回より連載として、「プロ目線のワーキングホリデービザ取得方法」と題して、各国順番に書いてみたいと思います。

ワーキングホリデーに行きたいけど、どこの国か決めかねている、という方は是非参考にしてみてください。

第一回は、安定した人気のオーストラリアになります。
オーストラリアのワーキングホリデービザ申請の特徴は、「シンプルで早く取れる」ことです。
インターネット上でもたくさんの「申請マニュアル」なるものが出回っており、
それを見ながら行えば、よほどのことがない限り申請に失敗することはないと思います。

しかも、以前は申請から数日かかっての申請許可でしたが、今現在は「48時間以内」と定義されています。
しかし!実際は申請を済ませて数分で許可されることがほとんどです。
初めてやる方は「こんな直ぐで本当に取れてるの!?」と逆に心配になると思います。
実際取れてるんです!!

ちゃんと確認、審査なんてしてるのかと思うほどですが、
このスピードなので、たぶん人ではなく何かシステムが構築されているのかと思います。

ただ、ここからが注意点です。

1、インターネット上にあるマニュアルサイト
世の中やはり意味もなくタダというのはなく、この無料で公開されているマニュアルサイトにもやはり意味があります。
(その意味は今回は伏せます)
この意味のために行っていて、実際に代行サポートをしているわけではないので、
こまめな更新がされていない古い手順も中にはあります。それを見てしまうとオンライン申請の入力にズレが出ます。
なので、このようなサイトを利用する場合は必ず更新日を見てからにしましょう。
中には平気で数年前のものもあるので十分に気を付けてください。

2、中には簡単に取れないケースもある
上記で48時間以内(実際は数分)と書きましたが例外もあります。
それはご自身の経歴により、「大使館指定病院での健康診断」になる方です。
主な例では、
・日本以外の国にここ5年以内に3ヶ月以上滞在した方
・オーストラリアで医療・福祉。幼児施設などで活動する方
・既に語学スクール通学が決まっている方
このような情報を入力すると健康診断になります。

3、過去にマイナスの経歴がある方
犯罪歴、違反歴、入国拒否、オーバーステイ、ビザ却下歴などがある方もやはり簡単には取れません。
このような経歴がある方は無理をせずに、まずは専門家に相談するのをお勧めします。

4、申請はクレジットカード決済をしないと完了しない
ビザ申請には申請代金がかかります。この費用はクレジットカード決済になるので、
無いと申請が出来ません。このカードは自分名義以外のものでも対応可能です。


このような注意点をクリアに出来てはじめて「簡単に取れる」なので気を付けてください。
逆に言えば簡単だけに、申請に入力情報の間違いもしやすく、後で気づくと修正には時間がかかります。
修正となるとimmigrationに英語で直接問い合わせなくてはいけません。

相談で多いのが、
「自分で申請をしたのですが、途中で分からなくなり、東京のオーストラリア大使館に問い合わせたのですが助けてくれません・・」
という内容です。本当に多く相談されます・・

東京の大使館は一切審査に関係していないので、冷たいぐらいに言われます。
「オーストラリア国内で申請は行っているので、そちらに直接お問い合わせください」と。

とにかく個人申請の相談は多いです。
・作ったアカウントのIDやパスワードを忘れてログイン出来ません
・健康診断になったのですがそこから操作が分かりません
・申請を完了したのに結果が届きません
などなどです。

実際、全て解決方法は存在し、オンライン申請の専用サイトに注意書きや対処方法として記載がされています。
ただ、全て英語なのでサイトマニュアルに書かれていること以外になるとお手上げとなってしまいます。

まとめとしては、節約のために自分で頑張るか、心配・面倒なのでプロに頼むか、
どちらがいいとも言えませんが、自分の性格から判断すると良いのかと思います。
自分でやる方は、事前リサーチが出来、何かあっても根気よく対応できる人かと思います。

「ワーキングホリデー情報サイト、ワーホリWEBにて定期連載中」

ビザ最新情報! オーストラリアセンカンドワーホリ!

ビザ最新情報! オーストラリアセンカンドワーホリ!


こんにちは。


1年延長の出来るオーストラリアですが、
それには条件をクリアにしなくてはいけません。


指定の仕事場3ヶ月働くことです。
そしてオーナーに指定書類(foam1263)にサインをもらいます。



このサインが売買されていて不正をする人が増えているようです。
(以前にもブログに書きましたね)

その影響かわかりませんが、
以前はあまりなかったのですが、人によっては銀行の取引明細などを
追加書類として要求される方がおります。



セカンドを考えてる方は、給与が銀行振込みならば、
そのデータを控えておくのがいいと思います。
時間が経過して持ってない方も多いので・・・
現地銀行に問い合わせても対応がのんびりです。



なんにしても不正をする人がいると、まじめにやってる人まで迷惑するので、
事情はあってもやめましょうね!




ワーキングホリデー・学生ビザが格安で取れます!
http://www.icc2004-visa.com

留学に関する情報満載!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデーの裏技満載!
http://www.icc2004-au.com

円高で得する!5

今回はビザの申請に関する情報です。

最近、ニュースで騒がれている円高の話題ですが、
いいこともあれば悪いこともあるので様々です。

ですが留学を目指しビザを申請する方には得です

オーストラリアのビザなどは申請料金がドル換算なので、
このタイミングで申請をするとだ〜いぶ得します!
ワーキングホリデーに関しては現在$195ですから、
少し前なら約2万円ぐらいしたものが、今なら13000円前後になり、
7000円もお得

留学前は少しでも節約は大事です。

ワーキングホリデービザは取得してから1年以内に入国すれば、
その日から1年間なので早めに取っても問題ないです。
来年の出発の方でも今がチャンスです

是非この機会にICCの格安ビザ申請代行をご利用下さい。
http://www.icc2004-visa.com/

自分でも出来ますが、少ない費用で確実に安心して取れるなら、
心配や手間が省けるメリットは金額以上

先ほどの7000円の差額があればそれで収まってしまいますよ

まずはサイトを見てみて下さい。

PS、お金やトラベラーズチェックに変えるな同じようにねらい目です!
オーストラリアはトラベラーズチェックが換金率は1番です!

世界で8番目の不思議

皆さん、土ボタルって知っていますかはてな

オーストラリア・ニュージーランド゙あたりで目にすることができる神秘的な光を放つ生物ですホタルはホタルでも日本のものとは異なり、飛ぶというよりも岩場(洞窟)にへばりついて生息しているのです
オーストラリアでは、ケアンズ、ゴールドコースト、シドニー、タスマニアなどで見ることができますよ

特に湿気が多い夜は真っ暗な中、青々と光り輝き洞窟の天井にへばりついているので、まるでプラネタリウムを見ているよう晴らしいの一言です

名称未設定-3


日本語では土ボタルと呼ばれていますが、実はこの生物の正体は…。あまり、多くを語ると見る価値が薄れてしまうので、この生物がいったい何なのかというのは触れずにおきましょう☆

余談ですが、この土ボタルはあの宮崎駿監督作品の『天空の城ラピュタ』に出てくる飛行石のモデルになったと言われています
名称未設定-2


とにかく、オーストラリアでワーホリするなら、mustで抑えておきたい観光ポイントの一つです!



■ワーホリビザ・学生ビザの格安申請代行サポート始まりました!
http://www.icc2004-visa.com/

■留学・ワーホリの情報収集&資料請求はオフィシャルサイトで!
http://www.icc2004.jp/

花火 FIRE WORKS

夏と言えば花火v( ̄∇ ̄)v

先週、千葉県館山市の花火大会に行ってきました。

館山の花火は打ち上げ花火と水上花火のコラボレーションが有名です。

花火


↑しかし携帯カメラって花火が綺麗にとれないんですよね(´;ω;`)

夏の花火は風情があって「日本」って感じしていいですよね。

オーストラリアで花火といえばカウントダウンの花火でしょうか
ゴールドコーストも有名ですが、シドニーもとても綺麗です。

花火2



オーストラリアで年越しをするときはぜひカウントダウン花火を…



では、また。川 ̄_ゝ ̄)ノ


ワーキングホリデービザ 学生ビザ格安申請代行は「ビザ申請ドットコム」
http://www.icc2004-visa.com/






tetsuya's in sydney3

Hello!

I went to Australia last year. We had a lunch at my wife's cousin's restaurant. His name is Tetsuya and the restaurant is called Tatsuya's. Its been elected best restaurant in Australia for the past 7 years. Tetsuya is a Japanese who came to Australia 15 years ago. He creates his own dishes. A fusion between French and Japanese cuisine. He inventes his own sushis.

We went twice.

The fisrt time, we were in the biggest of the 3 dining rooms enjoying testsuya's degustation menu. Amazing from the beginning to the end. Tetsuya's signature, a troat, in particular, was remarcable.

The second time, he invited us in his private dinning room wich is his laboratory as well. His 2 sushis chefs (both Japanese) made in front of us Tesuya's creation. Believe me his sushi shrimp on foie gras was the most amazing thing I have ever eaten. 2 hours later, when I went to bed, the taste was still rolling in my mouth.

Check Tetsuya's at:http://www.tetsuyas.com/

オーストラリアの歌姫4

こんにちは。

今日は音楽の話

皆さん、デルタ・グッドレム(Delta Goodrem)はご存知ですか?
デルタ・グッドレムとは、オーストラリア、シドニー出身の歌手です。
作詞・作曲もこなし、さらには女優という顔も併せ持つオーストラリアの国民的アーティストです。

7歳の頃からCMやドラマで活躍し、15歳の時にオーストラリアのSONY MUSICと契約を結び、歌手としてデビュー。
2002年には、オーストラリアで大人気のドラマ『Neighbours』に出演。女優業の傍ら、音楽の制作活動も行う。
そして同年に発表された楽曲『Born To Try』がオーストラリアのセールスチャートで1位を獲得するのを皮切りに、発表する曲で次々とセールス1位を記録し、オーストラリアのスターアーティストに。

そんな彼女に悲劇が襲ったのは、その翌年。悪性リンパ腫と診断され、闘病生活を送ることに。
しかしそんな重い病にも関わらず、その年のARIA Music Award(オーストラリア版グラミー賞のようなもの)では史上最多の7部門受賞を果たしたのです。
その後も制作活動を続け、今やオーストラリア国内はもちろん、世界中での人気を確固たるものにしています。


2004年の闘病中に発表した『Out of The Blue』は、ちょうど私がオーストラリアに住んでいた頃で、ラジオやテレビでよく耳にしていました。
その曲で初めて彼女の存在を知りました。
容姿がものすごく大人っぽいので、年下と知った時は驚きましたね


個人的には、『I Can Sing A Rainbow』という曲が好きです
短い曲なのですが、この曲は、日本でも放映されたオーストラリア政府観光局のCMに起用された曲なので、皆さんも耳にしたことがあるかもしれません。
とても癒されます。是非皆さんも聴いてみて下さい

ここで皆さんにデルタ・グッドレムのことを知って頂けたら幸いです。
オーストラリア好き人間として、これからも応援していきたいですね


ではまた。

Delta Goodrem












デルタが育った国でワーキングホリデー!
http://www.icc2004-au.com/

国際コミュニケーションセンター
http://www.icc2004.jp/

緑に癒される日々を5

今日はあいにくの雨ですが
最近梅がきれいに咲いているのをよく見かけますよね。


皆さんお待ちかねの桜はといいますと、東京の開花宣言は3/26になっているようで、満開になるのは4/3あたり

ということで、いよいよ来週からお花見weekに突入ですね。

お花見スポットといえば、私、「新宿御苑」をお勧めしたいです。

以前ワーキングホリデーでオーストラリアへ行き、1年間海外生活しましたが都心で生活しながらも常に緑に囲まれていてとても優しくリラックスできる雰囲気にいつも癒されていました(´∀`)

何せ当時は慣れない海外生活でしたので、言葉や人間関係で悩むことも多かったですから…汗。

その時、都心と緑が融合している生活環境に慣れてしまったので、日本の都心にも安らげる場所があったら良いのになと思ったことがあります。


パークパークツー













↑写真は大都市シドニーの「ハイド・パーク」↑公園の向こう側には観光スポットのハーバーブリッジが見えますね



それにしても、東京はビルばっかりだし


と思っていたのですが、
日本に帰国後、「新宿御苑」を知りました。
http://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/index.html


入園料として200円かかることにまずビックリしましたが、中に入ってみるとその敷地内の広さは文句ありません。何よりそこにいる人たちの表情が本当にリラックスしていてステキでした。癒されてるな

あ〜。大都市新宿にもこんな場所があったなんて…。
と感動。


まだ、「新宿御苑」に行ったことがない人は是非!
このお花見シーズンは最高ですよ。
※回し者ではありません。




■国際コミュニケーションセンターの公式サイト
http://www.icc2004.jp/

■海外生活写真館
http://www.icc2004.jp/photo2.htm

マルディグラ in シドニー5

今夜は一年に一度のマルディグラ!!

マルディグラって何?っていう人がほとんどかと思いますが、
毎年オーストラリア、シドニーで開催される
「ゲイ・レズビアン(同性愛者)の祭典」なのです。

http://www.mardigras.org.au/calendar_detail.cfm?id=226


今年のマルディグラに参加する同性愛者は約1万人と言われていますが、そのパレードを見ようと世界各地から毎年たくさんの観光客がオーストラリアのシドニー中心部を訪れています。
ちなみに、今年はその数100万人で過去最大規模と予想されているようです


普段はオーストラリアの他都市でワーキングホリデーや留学をしている人でもこの日のために2〜3日前からシドニー入りしている人は多いのではないでしょうか?


性別なんて恋愛の本質に関係ない!同性愛者でもそうでなくても皆で一緒に楽しもう!というシドニー流のパレードを楽しんでください!?


このように、興味ある・ないに関わらず、日本ではあまり馴染みのない文化に触れるのも異文化体験ですね。

今日、突然思い出したのでピックアップしてみました



■国際コミュニケーションセンターの公式サイト
http://www.icc2004.jp/