「留学・ワーキングホリデーの知っ得情報」

留学実現の最後のハードルがビザ申請です。 これまで10年以上、留学・ビザ手続きに携わった「過去の経験」と「最新の情報」をバランスよく掲載し、皆様の留学準備に役立てていただければ幸いです。

バンクーバー

2017カナダワーホリ申請のラストスパート!

ここ数年は何かと物議が多いカナダワーホリビザ申請ですが、
7月14日の最新発表で定員まで残り「892人」となり、いよいよ終わりが近づいてきました。
このペースのままであれば来月には定員に達すると思います。

さて、何が物議かと言えば以下の2点になります。
・申請システムが安定しない
・追加書類の取得が困難

システムに関してはそれでも昨年よりはよくなったので、
2018年に更に期待といったところかと思います。

問題は後者の「追加書類」です。
対象になる申請者を悩ますのは「無犯罪証明書」なるものです。
この質問は毎日のようにいただきますが、なかなか対応の範囲も難しいところです。

なぜかというと、そもそもこの追加書類の対象になる根拠は、
「ここ5年以内に半年以上国外に滞在した方」となっていて、どこの国に滞在をしたかで、
書類の取得方法がまったく違うからです。

(そもそも日本での同書類を必要とせず、なぜ国外滞在だけなのかは大いに疑問です。)

オーストラリアやニュージーランドは比較的簡単ですが、アメリカは管轄がFBIとなり、取得に2〜4ヶ月を要します。
アジアではその国に出向かなければいけないケースもあります。
よって、ビザ代行会社がこの書類の取得代行をサポートに入れるのは難しいわけです。

昨年まではこの追加書類は、人により出る人、出ない人がいました。
この曖昧さもどうかと思いました。
しかし、今年はほぼ対象者全員に依頼が出ています。

そこで、このラストを迎えてこれらから申請をされる方にアドバイスです。
ご自身が追加書類の対象者であれば、
「事前もしくは同時進行で、無犯罪証明書の取得」をお勧めします!

追加書類は指示が出ると提出期限が決まっていて、間に合わなければ却下となります。
よって、指示が出てからの準備では間に合わない人も多く出ています。

これから申請をされる方、「無犯罪証明書の取得」に十分にお気を付けください。

弊社では無犯罪証明書の取得は出来ないですが、アドバイスは可能です。

ワーホリ情報サイト「ワーホリWEB」にて定期連載中

カナダワーキングホリデービザ申請における追加書類

前回の内容に続いてとなります。

前回は、海外に上記滞在した人に、その国で発行される「無犯罪証明書」が必要な場合がある、
というところまで書きました。
続きは、その中でもオーストラリアに滞在した人のみの追加書類です。
その中でもクイーンズランド州とビクトリア州に滞在した方のみが対象となります。
(そもそもこの二州だけという基準もまったく不可解です・・)
その書類は「無違反証明書」というものです。

弊社への問い合わせ、NET書き込みでも多くの方がこの書類の取得に苦戦しているようです。
ではこの書類は何かというと、車の運転の違反記録であり、その記録がないものを無違反証明となります。
なぜそんなものが必要なのかはカナダ政府のみぞ知るとしか言いようがありません・・
ちなみにこんな変な規定があるのはカナダワーホリだけです。

しかもこの規定の更におかしいのは、「運転免許もなく、実際に滞在中運転していなくても取得しないさい」
と定められているのです。ここまで来ると不思議のレベルを超えています・・

ただ滞在した記録があるだけで、その違反の可能性があるということに見なされ、
書類の取得、提出が必要になります。

指示が出た人は、オーストラリア各州の交通課のようなところに依頼をして取得をします。
クイーンズランド州 → Traffic History
ビクトリア州 → Licence History Search
となります。

これは本来はオーストラリアに住む人が、運転免許や車検、または裁判などに関することで利用する書類です。
当然、国外からの取得依頼は簡単ではありません。
まして、学生ビザやワーホリビザで運転をした人でもその州の運転免許でなく、国際免許での運転がほとんどです。
そうなると取得は更に複雑になります。

実際に私たちが管轄機関に問い合わせましたが、担当者にかなり困惑されました。
担当者
「なんで運転もしていない、まして日本にいる日本人がこんなものを取る必要があるのか理解できない」

「カナダワーホリビザの申請でカナダ政府に依頼されているので」
担当者
「ますます何を言ってるのか意味が分からない・・」
と、最後は呆れられました。

そりゃあ向こうからすれば当然ですよね。

オーストラリアの滞在歴がある人は申請前によくリサーチをしてみてください。
さて、今回もある程度の長さになったので続きは次回。

それでも取得しなければ、その方法を把握するしかないので、取得までたどり着きました。
次回はその方法となります。

ワーホリ情報サイト、ワーホリWEBにて定期連載中
http://www.icc2004-visa.com/

「カナダワーホリビザ2016の終わりが見え思うこと」

いよいよ今年の定員間近で終わりが見えてきました。
8月24日時点で、6500人の定員に対して116人の残席となっています。
ここ最近は毎週100名程度のペースで減っているので、あと1週間〜10日程度かと思います。

ただ、カナダのよく分からないのは、例年一度締め切ってから「キャンセル待ち」のように、
追加で受付をするケースがあります。
これもある年とない年がありましたので今年はどうなるかは分かりませんが。


今年も色々ありました・・。
一昨年の募集受付開始の大幅な遅延、今年のシステム変更によるトラブル、
本当に最近のカナダワーキングホリデービザは落ち着きません。
なぜ、こんなことが起こるのかと・・日本人の感覚では分からないものです。

実はつい数年前までは、東京のカナダ大使館へ郵送するだけの申請方法でした。
申請用紙数枚に手書きで記入し提出するアナログなものです。
その時は特に大きなトラブルもなく進行していたわけですから、
本来は便利にそして簡易的になるはずのインターネットというシステムが機能していないように思えます。

もちろん東京のカナダ大使館から審査場所が変わったので仕方がないですが、
もう少し事前のシステムチェックやシュミレーションをきちんとしてから導入できないものかと思います。


ビザ申請というのは多くの方が初めての作業です。
それが長期留学ともなれば、長い期間の準備、将来のための展望、仕事を辞めたりと事情が様々で、
結果が出るまではみんな心配をされています。
中には数日ごとに「まだ進展ないですか!?」「まだ結果でないですか!?」と問い合わせがある方もいます。
そんな気持ちの上にあるワーキングホリデー渡航ですから、
せめて申請システムぐらいはきちんとルーティン化されたもので稼働をさせてほしいです。

実際、今でも中途半端な状態になってしまっている方もいます。
他国への長期滞在があるために追加書類を要求され、それが国によっては簡単に取れるものでない方もいます。


そこで今後カナダワーキングホリデービザ申請を目指す方へのアドバイスです。
「とにかく余裕を持った申請をする」「ビザが取れるまでは航空券や現地手配はしない」
当たり前のことかもしれないですが、今のカナダワーキングホリデー申請にはそれが一番大事です。
知られてるようで、知らない方も多いビザの制度ですが、
申請許可された日から1年間は入国までの猶予があります。そしてその入国日から1年の滞在が可能です。
例えば、今年の12月に渡航予定の方が、1、2月に申請もしてもまったく問題ないのです。

年に数百人の方のビザ申請サポートに携わり、プロが出す最大のアドバイスです。
今のカナダワーキングホリデービザ申請には「猶予期間」が最も重要です。
これさえあれば、特殊な経歴がある方以外はプロはなんとかします。

来年はもっとスムーズに申請が出来るシステムであることを願います。

ワーホリ情報専門サイトのワーホリWEBで定期連載中!



最新情報!バンクーバーオリンピックのHow much?

最新情報!バンクーバーオリンピックのHow much?


現地スタッフからの最新情報です!
とても詳しかったので皆さんにおすそわけです。



バンクーバーは、冬季オリンピックまで、あと1ヶ月をきりました。

オリンピックのマスコットもだいぶ見慣れてきたせいか、最近では親近感すら沸いてきます。

バンクーバー以外の都市でももちろん、オリンピックを応援しているようで、
カルガリーのオリンピックパークでは、プロモーションやイベントを開催しています。



さて、皆さんの気になる「オリンピック最新情報」ですが、
本日のネタは、題してオリンピックHow much?でお届けいたします。

最初のHow much は、31億(13億の予算オーバー)で有名なSquamish Lil’wat Cultural Centreです。
Squamishは、ウイスラーに行く途中にある街です。
こちらのセンターは、ファーストネイション(先住民)とのコラボレーションで企画されたコミュニティーセンター&博物館です。



そして、リッチモンドにあるOval。スピードスケート競技場です。
気になるお値段は、178億円。



そして、カナダプレイスのお隣に建設されたコンベンションセンター。
夜になると明かりで照らされた梁がアットホームな雰囲気です。
こちらの総額は、883億円。





そして、ウイスラーに通ずる道路。600億。





続いて、スカイトレイン。ダウンタウンと空港を結ぶ無人モノレールです。
バンクーバーの交通も便利になりました。
バンクーバー市民からもMost useful piece of Olympic infrastructure for cityと好評です。
総額2兆円。





そろそろ感の鋭い人は写真がおかしい・・・と気づいているはずです。
実は、現地に撮影に行けない場所は、某雑誌の写真をデジカメで撮影しました。すいません、ズルしちゃって・・・



最後に、ダウンタウンのロブソンスクエアーにできたミニアイススケートリンクです。
雨が降った日にスケートをして転んだら、もう後がないスケートリンク。氷水スケートリンク場と化しています。
総額41億。どこに41億使ったの?と噂のリンクです。





まだまだカナダワーキングホリデービザ取得は間に合いますので、
是非生で見てみてはどうでしょうか!?
留学中に世界的イベントを間近で見れるのはとても貴重な経験です!

ボランティアスタッフとして参加する方もおります。


ビザ取得を格安でお手伝いいたします!
定員は2010年7250人です!



ワーキングホリデー・学生ビザが格安で取れます!
http://www.icc2004-visa.com

留学に関する情報満載!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデーの裏技満載!
http://www.icc2004-au.com

素敵なアイスワイン!カナダのワーキングホリデーで出会う!

こんばんわ。

今日はカナダの話題です。

皆さんはアイスワインをご存知ですか?
今ではポピュラーになりつつで、ドイツ、オーストラリアのものもありますが、
やっぱりカナダのものが好きです!


アイスワインとは、何も凍ったものでなくて、
通常の収穫時期を延ばし、気温がどんどん下がるのを待ち、
ブドウが凍るぐらいの時に収穫しワイン作りをします。

果物や野菜は厳しい環境になると自分の身を守ろうと糖度(甘さ)が
増すものがあります。
簡単にいうとその特性を活かしたものです。


そのために収穫量も少ないし、収穫時期を間違えば大きな損失です
日中だろうが、夜だろうが、気温が目標に達しそうな時は待機です!!!
そして気温が到達した瞬間に収穫です。


その苦労のおかげでとても甘く、黄金色の素敵な色になります
量が少ない分もボトルも通常のものよりスリムでおしゃれなものが多いです。


ワインが苦手の人でも飲めるので是非チャレンジしてみてください!

またワーキングホリデーを実現して、このアイスワイン作りに参加するのも一生の思い出になります


ワーキングホリデー・学生ビザが格安で取れます!
http://www.icc2004-visa.com

留学に関する情報満載!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデーの裏技満載!
http://www.icc2004-au.com

2010年カナダワーキングホリデーの最新状況!

こんにちは。

さて先月の10/1から受付スタートしたカナダワーキングホリデービザですが、
すでに多くの方の申請お手伝いをしています。

その中で例年になくビザの取得連絡が早く来ているように感じます。
有効期限の規約が緩和されたように、申請のタイミングも緩和されています。
その影響もあり結果連絡が早いのかもしれません。

どこが変わったかと言うと、
今年までは、渡航日の3ヶ月前までに申請キットを大使館に必着でしたが、
それが「2ヶ月前までぐらいに申請してください」に変わっています。
よって以前よりも「思い立ったら渡航!」というのがしやすくなっています。


留学は事前準備も大事ですが、「勢い」も大事です。
形なき留学はやってみるしかないのです。
行ってみないと分からないのです。
そして、その結果新しい自分の発見があるかもしれません。

いつも悩んでもいつのまにか年が過ぎている方、
今年こそは第一歩を踏み出してみて下さい。

日本脱出の第一歩がパスポートなら、
海外進出の第一歩はビザです!
この二つが揃えばグッと留学、海外生活は近づきます。

是非動き出してみてください。
気軽にご相談下さい!

ワーキングホリデー・学生ビザが格安で取れます!
http://www.icc2004-visa.com

留学に関する情報満載!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデーの裏技満載!
http://www.icc2004-au.com