「留学・ワーキングホリデーの知っ得情報」

留学実現の最後のハードルがビザ申請です。 これまで10年以上、留学・ビザ手続きに携わった「過去の経験」と「最新の情報」をバランスよく掲載し、皆様の留学準備に役立てていただければ幸いです。

パース

オーストラリアのお勧めの街! スカボロ(パース)

オーストラリアのお勧めの街! スカボロ(パース)


こんばんわ。


今日のあったかさはなんだったのでしょうか!!!
昨日までの寒さが嘘のようです。
が!明日からはまた戻るそうです・・・


さてお勧めの街シリーズも三回目です。
今日は西オーストラリアのビーチ沿いの街、
「スカボロ(Scarborough)」です!


パースのシティーからバスで30、40分ぐらいかと思います。
サーフィン、シーカヤック、ウィンドサーフィンなどマリンスポーツが参加ですが、
自分が好きなのはなんといってもサンセットです。

東とは違うインド洋に映る真っ赤な太陽、綺麗な白い砂浜、
夕日を眺めながら昼寝ならぬ夕寝(?)をよく夏にはしていました。


今でこそ高級住宅地になってしまいましたが、昔は何もなくのんびり生活できる場所でした。
何せシェアで住んでいる時にそれなりの広さで週$65でした。
しかもビーチに歩いて5分!
最高な生活を送らせてもらいしました。


その当時は同じ海沿いのシティービーチ、コテスローのがメジャーで、
周辺に日本人はほとんどいませんでした。
ただ小さなショッピングセンター、飲食店はあったので便利でした。


いきつけのメキシカンレストランでナチョスを食べながら片手にスワンビール!
美味かった!!!


あとは坂とクネクネした道が多いので、よくスケボーをやり、
そして転び血まみれになっていました・・・


そんな想い出のたくさん詰まった街です。
とても素敵な住みやすい街ですので是非皆さんも住んでみて下さい。




ワーキングホリデー・学生ビザが格安で取れます!
http://www.icc2004-visa.com

留学に関する情報満載!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデーの裏技満載!
http://www.icc2004-au.com

最近は、川でシャワーあびてます…

オーストラリアでワーホリしているメンバーさんより、メールが届きました
メールにある通り、現在はオーストラリアの大自然に触れながら車で旅しているようです。
色々な街の名前が出てきて、知らない人には何のことやら分からないと思いますが、メールからアドベンチャーでサバイバーな感じは出ていますよね。これぞ旅!これぞオーストラリア!これぞ青春です! 



お久しぶりです。お元気ですか?
仕事は忙しいですか?

自分はパース〜ダーウィン間をレンタカーで旅してきました。
途中ジンベイザメと一緒に泳ぎ(彼はとても力強く優しかった)カリジニを満喫し
ブルームで真珠の仕事をやりたかったのですが、時期が悪く断念しました。

キンバリーは本当にすごかった。バングルバングルは今までのすべての悪事をザンゲしたくなるような
神聖な場所だったし、ほかのナショナルパーク、ゴージも大迫力でした。
お金を節約するために寝泊りはすべて車の中、ごはんも腐りかけのパンとか暖かくなってしまった水とかでしのいでいました。
シャワー代わりに入る川や滝つぼがすごい気持ちよかってですね。

ギブリバーはかなりの悪路で、何度となく川の中を運転し、あまりの揺れに後ろのドアが開かなくなってしまいましたよ。
車も緑色の液体とともに悪臭を放ちストップ。

それでもおじさんが自分以上に心配して助けを呼んできてくれたりして、いろんな人に助けてもらいもらいました。

人の優しさにふれて、太陽のリズムで生活し、大自然の声に耳を傾けて、自分のちっぽけさがわかりましたね。

カカドゥーもいったのですが、キンバリーを見た後だったので、あまり興奮しませんでした。

命がけで遊んだから、めちゃくちゃ面白かったですね。

これからまた南に向かって旅にでます。今度は地球のへそを見にいってきます。

大陸横断鉄道ガン! 楽しみです。




■一生に一度のワーキングホリデーをサポート!
国際コミュニケーションセンター(ICC)のサイト
http://www.icc2004.jp/

へたこいた〜1

今朝たまたま新聞(テレビ欄)を見ていたら、
『世界不思議発見』
で西オーストラリアが特集されてるではないですかぁぁ!

シドニー、メルボルン、ケアンズ、ゴールドコーストなど東オーストラリアではショッピング゙や観光がメインですが、西オーストラリアは大自然の宝庫!ということでワーホリメーカーたちには絶大な支持を受けているんです。

今回の番組のテーマは
■パース(西オーストラリア最大の都市)
■シェルビーチ(砂浜が全て貝殻でできている。※世界遺産です)
■ハットラグーン(ピンク色の海)

などなど、西オーストラリア初級編という感じのようですよ。
第1051回
西オーストラリア 鳥たちが見た太古の絶景!
2008/05/03(土)21:00〜

興味がある方は是非!

ん…?

と、ココまで書いてようやく気づいたのが、これ昨日やん!
もう放送終わってるやん!(沈黙&脱力 3分)

…どうやら、昨日の新聞を今朝読んでいたようです。全く気づきませんでした。
恐るべし、老化現象…。
ちょっと悔しいので、こんな時は英語でなんて言うかをレクチャー

I'm embarrassed.

こっぱずかしい(>_<)的な言葉ですね。リアルだなぁ。
勉強になりましたか?

See ya.

■国際コミュニケーションセンターのサイト
http://www.icc2004.jp/

渡航者からの声

5afb53a5.jpgこんにちは。

今日はワーキングホリデー参加者からメールが来ていたのでご紹介します。




Sent: Wednesday, April 02, 2008 5:51 PM
Subject: RE:




お久しぶりです。 お元気ですか?
調子はどうですか?
自分はフリーマントルのイワシ漁船で働いてきました。
というか、ホントにやばいです。 何がやばいって、網を投げ入れた瞬間から野生のイルカの群れが
イワシを求めて網にジャンプinしてくるんですよ! それはものすごい光景ですよ!
朝日が上りはじめると、アシカや海鳥なんかも集まってきて、野生のままの自然を会間見ることができました。
いわし漁船とイルカのスイミングツアービジネスを考えました。
イワシ漁船には、エコーがついていて、それでいわしの魚群を探すのですが、イルカもエコーを発信するので
居場所がわかるのです。 そもそもイワシの魚群の近くには必ずイルカがいますけどね。
肝心なお金の方はめちゃくちゃ良くなかったです。イワシがとれない日は0だし、炎天下の中1日中網をなおしても20ドルでした。
当然、そんなんじゃ生活できないので、短期で引越しのバイトしたり、フリアコしたり、ベットバグと戦ったり、他の船の掃除をしたりして
なんとか食つないでいました。
3週間やって、結局一回しか大漁できなかったですが、とてつもない経験ができました。
いまは北へ旅に出るための資金を貯めるべく、高給のレンタカー屋で仕事をしています。
それではまた連絡します。




こういうメールってうれしいものですね。
現地でもがんばってもらいたいです。

国際コミュニケーションセンター公式サイト
http://www.icc2004.jp/