339e3b0c.jpg面白い話を見つけました。

コピペ
―――――――――――――――――
アメリカのNASAは、宇宙飛行士を最初に宇宙に送り込んだとき、無重力状態ではボールペンが書けないことを発見した。

これではボールペンを持って行っても役に立たない。
NASAの科学者たちはこの問題に立ち向かうべく、10年の歳月と120億ドルの開発費をかけて研究を重ねた。

その結果ついに、無重力でも上下逆にしても水の中でも氷点下でも摂氏300度でも、どんな状況下でもどんな表面にでも書けるボールペンを開発した!!



一方ロシアは…



鉛筆を使った。

―――――――――――――――――

技術に頼りすぎても落とし穴があるということでしょうか
ちょっと皮肉ですね。
実際、小学生の時に同級生がこのボールペンを使っていたことを思い出しました。

逆さにしても書けるということをしきりに自慢していました。
私は悔しかったので普通のボールペンも逆さにしても書けることを証明しようとしたのですが…


もはや

途中で書けなくなってしまったのです。


あまりに悔しいので私は友人に言いました。



「お前、宇宙行く予定あんの?」



ちょっと脱線してしまいましたね。

ではまた


国際コミュニケーションセンター公式サイト
http://www.icc2004.jp/