最近、19年ぶりの最新作として話題を呼んでいる『インディージョーンズ』。もう直ぐ公開ですね。

そんな中、6/7(土)にオーストラリアの映画
『BLUE BLUE BLUE』が全国映画館で公開。
『ブルー・ブルー・ブルー』のオフィシャルサイトはこちら。

http://www.blueblueblue.jp/

この『ブルー・ブルー・ブルー』は、
オーストラリアの港町「ニューカッスル」を舞台に、プロを目指してサーフィンに明け暮れる若者たちの輝きと苦悩を描いた青春サーフムービー

※「ニューカッスル」は、シドニーに次いでニューサウスウェールズ゙州第二の都市で、オーストラリア最大のサーフイベント『Surfest』の開催地。大会には世界各国からサーファーが集っています。

オーストラリアのワーホリ中、ニューカッスルに滞在したことがある私は、今週末にでもレイトSHOWで見に行こうと思っています。


この映画では、オーストラリアの街・言葉・人々の暮らし・恋愛・友情など多方面から文化を感じることできるので、サーフィン未経験者でも楽しめる内容だと思います。また、プロのサーファーも出演しているので波乗りシーンは大注目かなと。
あと、ビッククラッシュも見逃せませんね!

まさに、ブルー(青い空)で、ブルー(青い海)で、ブルー(ブルーなヤツら)な映画となっているようです。


興味ある方は是非映画館へ!

ワーホリ考えている人はオージーイングリッシュを感じる良い機会です。


■オーストラリア・ワーキングホリデービザセミナー開催中
国際コミュニケーションセンター
http://www.icc2004.jp/