「留学・ワーキングホリデーの知っ得情報」

留学実現の最後のハードルがビザ申請です。 これまで10年以上、留学・ビザ手続きに携わった「過去の経験」と「最新の情報」をバランスよく掲載し、皆様の留学準備に役立てていただければ幸いです。

ラウンド

ウルル3

ワーホリでオーストラリアへ行ったら絶対に抑えたいのが世界遺産ではないでしょうか

オーストラリアには17の世界遺産があり、自然遺産は15箇所と世界一の数を誇りますずっと1都市に滞在する留学と違って、ワーホリはどこで何をしようと自由なので、興味があれば2つ・3つの世界遺産は見ておかなきゃ損!?

名称未設定-2

そこで、1番の人気を誇るのがウルル
俗にエアーズ・ロックと呼ばれているウルルは、世界で二番目に大きな一枚岩。サンライズやサンセットの時は、陽の当たり方で色が変わって見える姿に言葉もでません。夜はキャンプをして外にテントを張り、晴れていたら満天の星空を眺めながら外で寝袋で寝るのも乙です。

また、ウルルは頂上までの登山でも有名ですが、雨の後や風が強い日、アボリジニの儀式の時は登山禁止となるので、楽しみにしていたけど登れなかったという人、多いんです。しかしながら、アボリジニの人たちは自分たちの聖地に登ることを良くは思っていません。それを知っていて、ウルルに登る観光客もいれば、登らない観光客もいます。

割合としては半々みたいですが、皆さんはどうでしょうか?

出発前からその国の歴史や文化に触れておくと良い旅になりますよ!

ICCにはたくさんのワーホリ経験者の旅日記がありますので、興味がある人は気軽にオフィスに遊びに来て下さい☆


■ワーキングホリデーのお問合わせはICCのWEBサイトからどうぞ。
http://www.icc2004.jp/

■ワーホリビザ・学生ビザの申請代行はこちらから。
http://www.icc2004-visa.com/

地球上で最も美しい砂浜2

オーストラリアのワーホリ中にラウンドする予定なのですが、お勧めな場所はどこですか

という質問がよくあります。

オーストラリアには、シドニー・メルボルンなど大都市がありますが、ラウンドと言ったら、海や大地でしょう
オーストラリアは大自然の宝庫ですから。

※長距離バスや電車、飛行機、キャンピングカーなどを利用してオーストラリア国内を周遊旅行することをラウンド言います。早い話が「旅」ですね。

中でも圧倒的にワーホリ帰国者からの評判が良いのは

「ホワイトヘブンビーチ!」

ホワイトヘブンビーチは世界最大のさんご礁グレートバリアリーフのウィットサンデー島東側に広がる真っ白な砂浜。欧米の旅行誌等で『地球上で最も美しい砂浜』とも紹介されています。

ワーホリ中かハネムーンでないとなかなか訪れる機会がないと思うので、約8Kmも続く純白の砂浜と青く澄んだ海、ビーチを守るように広がる原生林の幻想的なコラボレーションは一見の価値ありです


名称未設定-3





ワーホリメーカーに人気が高い西オーストラリアは次の機会に紹介したいと思います。


■国際コミュニケーションセンターの新しいWEBサイト
http://www.icc2004.jp/

■格安ワーキングホリデービザ申請代行も好評です☆
http://www.icc2004-visa.com/