「留学・ワーキングホリデーの知っ得情報」

留学実現の最後のハードルがビザ申請です。 これまで10年以上、留学・ビザ手続きに携わった「過去の経験」と「最新の情報」をバランスよく掲載し、皆様の留学準備に役立てていただければ幸いです。

ワーキングホリデー

オーストラリアワーキングホリデービザの申請について

オーストラリアワーキングホリデービザの申請について

オーストラリアのワーホリビザ申請は、他国に比べると比較的シンプルです。
その中でも多く問い合わせがあるのは、
「申請をしたら何か追加のような連絡があって、それがなんだか分かりません」
というものです。

この場合は以下のいずれかに当てはまります。
1、申請の間違い
2、申請内容による健康診断の依頼
3、申請内容による追加書類

どのケースの方もほとんどが、インターネット上にUPされている
「自分でも出来るオーストラリアワーホリ申請の入力マニュアル」なるものを見て申請されている方です。
以前の記事で詳しく書きましたが、無料にはやはり理由があります。
目的は別にあるので、出しどころをしっかり確認し、このマニュアルは自己責任で使用してください。

(※ちなみに、しっかりした知識のあるプロのビザ代行会社は、このようなマニュアルは絶対に出しません。
レストランがレシピを公開するようなものです。)

話を戻しますが、この公開されているマニュアルは、
ごくスタンダードな申請だけの対応なので、皆さんそれを見ながらただ入力するので、
その進行と少しでも違う流れになると、そこでギブアップになりどこかにヘルプで弊社に連絡があります。

追加書類や健康診断依頼が来ると、それを理解する英語力も必要ですし、提出期限もございます。
また、本来申請を完了するというのは、移民法というオーストラリアの法律に同意することを含みます。
むやみにボタンを押せば却下になることもあります。

すんなり取れた方はいいのですが、追加になった方は多くの時間と費用を要す方もいます。

やはり一生に一度のワーホリであり、そのためのビザですから、
英語力に自身のない方は、あまり無理をせずプロに依頼をするのもご検討ください。

弊社のビザ代行サポートは7980円という価格で可能です。
ビザ取得の安心を得るのにこの金額は高いでしょうか?

留学のために節約は大事です。ただ、節約するところを間違うと、残念なスタートになることもあります。
良いスタートが切れるように、何が自分に合った必要経費か見定める、それが適切な節約かと思います。

これが真の実態!!「カナダワーキングホリデービザ申請の最新情報」

まず第一声ですが、10年以上ビザ代行の仕事に携わっていますが、
ここまで適当というか乱れた申請システムは記憶にないです・・

今年のカナダのシステムはそういうものだと認識をしていた方が身のためかと思います。

確かに自分で申請する人、初めての人には「まさか大使館がそんな適当なはずはない!」
(正確には大使館ではなく、移民局の管轄になりますが、あえて分かりやすいように表現します)
と皆さん思われているので、何かが滞ること、告知と違うことが起きる度に戸惑うし、不安になると思います。

それは当然です!

私がもし一個人であれば、「国の機関に限ってそんなはずは」と思いますが、
ここ数年のカナダのシステムを継続して見ているプロからすると、正直な感想は「またか」ぐらいのものです。

その実態を最新情報に合わせて説明をします。

1、予定も告知も未定
日付まで告知し、予定をしていた招待状の配布は、1ヶ月以上遅延されて出た次第で、
尚且つここまでみんなを不安にさせた一番の原因である「招待状の抽選配布」ですが、
この遅延後の発行は、まともに登録が済んでいる人、全てに発行したのではないかと思われます。
少なからず、かなりの数のサポートを弊社でしている待機者には全員発行されました。
数人のレベルではないので、偶然に弊社だけということは考えにくいです。

2、必要書類の変更
2016年度の必要書類変更で、皆さんの頭を悩ませたのは「財政証明」だったかと思います。
いくらぐらいが安心か、どのような形式がいいのか、心配が多かったかと思います。
それが!!、この遅延後の一斉配布からは「必要書類から消える・・」、
そうです、今現在は必要なくなっているのです。

3、審査期間
一斉配布された招待状の該当の方々を、GW前に一気に最終申請をしました。
するとびっくり!!、今日出社するとほぼ全員に許可が出ています。
許可が出た日付を見ると、なんと申請から1、2日で結果が出ています。
これだけ待たせて、1、2日でちゃんと見てるんですか、と疑ってしまうほどの速さです。


この状況で多くのお客様から弊社が何を指摘されたかというと、
・「銀行まで行ってせっかく書類を用意したのに不要なんですか?」
・「申請から最長8週間と言ってたのに、なんでこんな早く出たんですか?」
そして最終的には「本当にちゃんと申請をしてくれてるのですか、大丈夫ですか!?」と。
無理もないですよね。


だから冒頭に書いた、
「今年のカナダワーキングホリデー申請の、カナダ政府が活用しているシステムはおかしい」
と、初めから思っていた方が気が楽です。

少なからず上記の1〜3までの不思議を、不安に変えずに「仕方ない」と思えないと、
「これで合ってるんだ!」と思うのは難しいです。

実はそれだけでなく、
他国に長期滞在した経験がある方に追加で提出指示が出ると言われている、
「無犯罪証明書」ですが、4月までは誰も出ませんでした。
5月になって出たんです!!
しかも、同じ国に同じビザで滞在した人です・・
この違いは何なんでしょうか・・



これが去年の12月に受付を開始された2016年の申請を、
実際の申請を常に行いがら得ているプロの情報です。
個人からの情報ではなく、プロが代行申請をして得ている情報なので、どこよりも確実かと思います。

節約ということでご自身でビザ申請をされることはいいチャレンジだと思います。
自身の留学なので、丸投げにしないで挑戦するのは個人的に大賛成です。
ただ、それは相手の受け皿がしっかりしていればこそです。
今年は個人申請するには酷な状況かと感じています。

自分で申請をして途中で分からなくなった方からの相談もかなり多いです。
出来るだけ救済をしていますが、残念ながら引き受けられないケースもあります。
それで留学の予定が変わってしまうのは、ぶつけようのない憤りなってしまう方もいます。

だからこう考えてください。
ビザ代行の利用料ですが、各社色々な料金設定があります。
それをただの利用料、手間賃でなく、
「ワーキングホリデーを実現するのに一番重要なビザ取得のための安心料」と考えてみてください。

ご自身に取って適正価格であれば、今年のカナダであれば、
スキルのあるプロに任せることはそれだけの価値がある、高くないものになると思います。
「頑張れば自分でも出来るかもしれない、でも依頼をすれば申請ミスや時間のロスのリスクが無くなり、何よりいつかいつかという不安を解消する安心を買う」
と考えてみてください。


それでも自分でチャレンジする人への最大のアドバイスは、
申請のためにアカウントを作成する際に必要な、
「ID」・「パスワード」・「Q&A」は絶対に正確に控えておくことです!
これさえあれば、ある程度の状況でもプロは解決してくれると思います。


最後にもしカナダ関係者の方の目に触れることがあれば言いたいです。
カナダ政府に意見を言える日本関係者の方でもいいです。

「たかがワーキングホリデービザ」と考えられてるかもしれないですが、
「遅れたって結局は取れればいいじゃない」と考えられてるかもしれないですが、
それに目標や夢をかけてる人もいるのです。
予定を立てて、今か今かと毎日進展をチェックしている人もいるのです。
数年前から計画して、貯金を貯めて、さあ今年とチャレンジする人もいるのです。

そういう人たちがこの申請システムを利用していることを理解してください。
今年から始まった抽選のシステムにそこまでの必要性はありますか?
イギリスワーキングホリデーのように定員が少なく、その定員を数日で超えない、
過去数日でなんて超えたことないカナダに本当に必要ですか?
何か都合があってのことかと思いますが、少なからず申請する側、それを助ける側は歓迎していません。

そしてこの申請はニュージーランドワーキングホリデーのように無料ではありません。
有料であればもっと利便性を高めるべきではないですか?
せめてもっとトラブルを回避する試験が必要だったのではないですか?

そして何より約束・発表した期日は守るべきではないですか?
申請は人によって変わるというばらつきがあるものではなく、同じ進行であるべきではないですか?
はっきり言って、「守るべきですし、同じであるべき」です。それが不通です。
オーストラリアワーキングホリデーのシステムでは安定して実現をされています。


もちろん完璧は無理ですが、あまりにも繰り返しの不具合が多過ぎます。
どうか、理解ある対応を、日本人の留学に携わる1人として切に願います。
そして今年申請をする方、渡航する方は諦めないでください。
必ず活路は見いだせるはずです。

頑張ってください!


ワーホリWEBにて定期連載中!
留学・ワーキングホリデービザ専門の申請代行サポート「ビザ申請.COM」
http://www.icc2004-visa.com/

「ニュージーランド・ワーキングホリデービザの申請のコツ!!」



オーストラリア、フランスに続いて第三回目となります。
今回はニュージーランドになります。

オンラインでの申請という点ではオーストラリアに似ている部分はありますが、
入力方法でよく質問があるのは職業・職種の部分です。
この入力ですが、記述式でなく既に決まっているリストから選択になります。
この数がかなりあって、尚且つ自分に合ったものがない・・と連絡をもらいます。
確かに慣れないと探すのは大変かと思います。

まず第一にそこまで神経質にならないで大丈夫です。
ピッタリ同じでなくても似ているな、程度の選択で問題ありません。
この選択で申請が却下されるということはまずないと思います。(特殊な職業は除く)

他国にない大きな特徴は、所定の健康診断(レントゲン)が必須ということです。
この種類は「NZIS1096」というものです。
ここでまたポイントですが、ビザ申請の健康診断というのは、
「大使館の指定病院」で受診することが決められています。それ以外のものは申請には使えません。
たとえそれが、お金をかけた人間ドッグのものでも不可です。

ただ・・・、この指定病院というのが全国に6ヶ所しかありません。
北海道、東京(2ヶ所)、大阪、神戸、福岡となります。
住まれている県にない方は最寄りの病院まで行く必要があります。

ここがニュージーランド・ワーキングホリデービザ申請の面倒でありカギになるところかと思います。

よって、検討されている方はむやみにオンライン申請をせずに、
まずは指定病院の場所と、直ぐに受診が出来るのかをあらかじめ確認されることをお勧めします。
オンライン申請をしてしまうと、その日から約1ヶ月以内に受診をしてデータを提出する必要があります。

ビザ申請の事前準備は、情報収集が重要です!


ワーキングホリデー情報サイト「ワーホリWEB」にて定期掲載中!

されどワーキングホリデー

「されどワーキングホリデー」

今回はあらためワーキングホリデーついて書いてみたいと思います。

ワーキングホリデー制度はさかのぼること約35年前、1980年に開始されました。
記念すべき初めのての国がオーストラリアです。
初年度に20歳で参加していたとすると、その方はもう55歳になるのだから歴史を感じます。

今でこそ認知されているワーキングホリデービザですが、第一号の人や初年度に行かれた人はどんな気持ちだったのでしょうか。
テレビでよくやる「あの人は今」じゃないですけど、是非日本でのワーキングホリデービザ取得第一号の方に会ってみたいものです。
そしてこの質問を聞いてみたいです。

「なぜワーキングホリデーに行くのですか?」

この質問は、今現在でも渡航を考える人、渡航を決めたた人に、そして自分自身に問いかけるフレーズです。
私の経験上で多いのは、明確な目的が決まってる人以外ではこんなランキングです。(あくまでも個人的な経験上のデータです)
1位 「海外生活が夢で、英語が上手くなりたいから」
2位 「日本では見つからない新しい自分探し」
3位 「将来のための経験」
他には「特にいま日本でしたいこともないので」、「知り合いが行って、いいって聞いたから」などなどです。

はたして、ワーキングホリデー第一号の人はなんて答えるのか???
少なからず少数意見で書いたような、なんとなくという感じではなく、冒険心が強かったと思います。
聞いたこともないビザを取って、海外に長期で行くなんて、冒険心がなければしないように思えます。

ワーキングホリデーいいな、行ってみたいな、興味あるな、と思っても迷ってる方はたくさんいるかと思います。
自分に聞いてみてください。
「なぜワーキングホリデーに行くのですか?」

そこに少しでも冒険心があれば、理由なんてそこまで大事でないと思います。
悩んで行かないよりは、途中で帰国しようが実現した方がいいと思います。
よく日本人は3日坊主をネガティブな捉え方をしますが、
「3日坊主ばかりなんですよ・・」って言う人は、何もしない人よりそれだけ行動している証拠だと思います。
行動するのと、継続するのは別で、ま行動しないと継続もありません。
継続の部分を考え過ぎて行動に慎重な方は絶対三日坊主にはならないからです。

ワーキングホリデーもまさにそうなんじゃないかと私は思います。
30歳まで期限で、一つの国では一生に一度しか取れない、そんな賞味期限のあるビザです。
何もしなければ自然消滅してしまうわけですから、それなら興味ある人は「使い切る」でなく、まず「使ってみる」でいいんじゃないかと思います。

そもそもワーキングホリデービザはそんなビザかと思います。
決してネガティブな意味ではないです。
例えば、しっかりとした目的・目標がある人は学生ビザであり、
それに適したビザで海外渡航が出来ます。その大前提は日本で目的・目標が決められていることです。

ワーキングホリデービザは「就学」「就労」「観光」といった複数のことが出来ます。
だから、日本で「何か」を明確に決めることなく、出発して行動しながら見つけてもいいんです。

目的・目標がないから・・・と渡航を躊躇する、
それでも海外に行ってみたいなら、まさにうってつけのビザではないかと思います。

こう書くと「目的もないのに海外に行くからフラフラして、だからワーホリはダメなんだよ」と言われてしまうかもしれないですが、
何もしない人よりは、いいじゃないですか!
1980年のワーキングホリデー第一号の人はたぶん、「なんだろう、海外に長くいける・・じゃあ行ってみよう」だった気がします。
そのチャレンジを不思議に思う人はいても、否定をする人は少なかったと思います。
そのチャレンジをした人達がいてこそ、いまだ継続している制度です。


だから、もし悩んでいる人、迷ってる人がいたら、「ワーキングホリデーに行く」でなく「ワーキングホリデービザを取る」に変えてください。
そのビザが取れた人、取れる人は、目的や目標が定まってなくても、渡航する権利がある人です!!

題名の「されどワーキングホリデー」は、
海外に行きたい、英語が上手くなりたい、日本を出たい、だけどそんな大した目的・目標もない・・
だから行ってもしょがないかな、と思っている人がいたら、「されどワーキングホリデーなら」とポジティブに考えてください。

長く続くものはいつしか当たり前のようになりがちですが、長く続くにはそれなりに理由があります。
ワーキングホリデー制度にも理由はあると思います。
それは、難しい前提や条件を満たさなくても、海外に長期で行けるということがこのビザの当たり前のようで、最大限の魅力かと思います。


ワーホリ情報騒動サイト「ワーホリWEB」にて定期連載しています。

「どこに行きたいか」ではなく「どこが適しているか」

今回は、ワーキングホリデーで帰国された方の就職活動という視点から書いてみたいと思います。

ワーキングホリデーの場合は学生ビザと違い、結果や成果も様々です。
もちろん、出発時の英語力や社会経験も関係しますが、「何をするか」が自由なこのビザならではの特徴かと思います。


学生ビザで渡航する方は、どこの学校で、何を、どれくらいの期間学ぶか、
その点が明確なので同じようにきちんと通学すれば、そこまでの大幅な差はないように思えます。


実際、よく聞かれるのが「ワーホリに行って本当に英語が喋れるようにみんななってますか?」です。
とても難しい質問ですが、出発時にほぼ英語が話せなかったという方を基準にすれば、
日常会話はほぼ問題ないというレベルで帰国されるのは30人〜50人に1人ぐらいかと思います。
それ以外の話せるという方は、旅行英語レベルというか、固定的な内容の会話のやり取りが出来るという感じに思います。


それではこの1人はどういう人かと言うと、留学後の明確な目的を持っている人なのかと思います。
そのような人は留学は目標達成の手段なので、現地生活でも常に学ぶという姿勢と、
ネイティブとの交流を常に求めて、相応の人脈が出来ているのかと思います。
結果、英語力UPにもつながっています。


これが帰国後の就職活動での違いにも表れます。
帰国後の面談をすると仕事探しの相談で多くの人はこう言います。
「とにかく英語が使える仕事をしたいんですけど、何がいいですか?」
これが困ります・・・。
英語を使うといっても様々ありますし、何より望む職種によって求められる英語のスキルも違います。
分かりやすく例えれば、通訳業には聞く・話すが重要であり、翻訳業に読む・書くが重要です。

それが日常会話が話せるようになって帰国人の場合は、
「〇〇業で英語を使った〇〇の業務をやりたいので、こんな経験を積んできました」となります。

この違いが、渡航の目的であり成果に影響するのは明らかだと思います。


弊社でスタッフを募集の面接をしても、「とにかく英語を使った仕事をしたいんです!」と、
言われるワーホリ帰りの人は少なくないです。
気持ちは分かりますが、それを聞くと「英語を使えればうちでなくてもいいわけね」、と感じてしまい、
志望動機をもう少し自身の留学経験と関連性を持たせた方がいいのでは・・と思ってしまいます。


留学には「自分探し」という意味合いもあるかと思いますが、
帰国後にその経験、学んだ英語を活かして就職をしたいという人は、
就きたい仕事を出来る限り明確にして、それを目標にすることをお勧めします。


そうすると渡航国、都市、選ぶ活動場所も変わってくるように思えます。
やはり仕事という目線で考えれば、その就きたい分野が日本より少しでも進んでいる国に行く方が、後々有利になります。


「どこに行きたいか」ではなく「どこが適しているか」という留学も、帰国後を考えれば重要なのかと思います。

PS,
ワーホリWEBで定期連載をしていてます。

学生ビザ・ワーホリビザ最新情報!

学生ビザ・ワーホリビザ最新情報!


ここ最近の円安を受けて、各ビザの申請代金換算が変わってきています。
以前のデータと間違わないように気をつけてください。


申請前には必ず最新データを確認して支払い金額を間違わないようにしましょう!


先月変わった主だった例

学生ビザ
アメリカ 13600円 → 14400円
イギリスは種類が学生ビザでも4つあり全て変わっています。

ワーホリビザ
オーストラリア 285ドル → 380ドル
カナダ 12000円 → 13500円

などなど


弊社のビザ代行サポートのHPでは常に最新情報に更新をしていますので、
よかったらご活用ください。



留学・ワーホリの相談なら!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデー情報満載!
http://www.icc2004-au.com

学生ビザ・ワーキングホリデービザの格安取得代行サービス!
http://www.icc2004-visa.com

カナダワーキングホリデー最新情報!

カナダワーキングホリデー最新情報!


まだ寒さが続きますし、インフルエンザも流行っていますので
体調管理には十分気をつけて下さい。


さて今年から書類がだいぶ増えたカナダですが、
新年度申請した方の動き、結果が出てきています。


まず書類が増えたので記入間違いに気をつけるのと、
いくつかの書類はPC入力で作成したもののみ使用可能なので
昨年のように手書きにしないように気をつけて下さい。


また申請後の申請開始の連絡、審査結果の連絡など、
メールにてのやりとりが増えています。
ここで注意ですが、iフォンなど使っている関係で携帯のアドレスで
申請をする人がいますがPCのアドレスをお勧めします。
無い方はフリーメールを用意しましょう。


なににせよ昨年よりは複雑になっていますので、十分に気をつけて申請をして下さい。

留学・ワーホリの相談なら!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデー情報満載!
http://www.icc2004-au.com

学生ビザ・ワーキングホリデービザの格安取得代行サービス!
http://www.icc2004-visa.com

留学にまつわる悲しい話・・

こんにちは。


今日はちょっとさみしい話です。


オーストラリアのワーキングホリデービザには延長制度があります。
1年の滞在期間中に所定の場所で3ヶ月働くと(主にファームなど)、もう1年滞在可能となるセカンドワーキングホリデーです。




自分自身が滞在していた時は、無かった制度で、数年前に発表された時は羨ましい限りでした。




手続き方法は政府指定の場所で働き、雇い主にサインをもらい申請をします。
これが・・・
少し前から耳にしていました、働いたという証明書が売買されています。
実際に働いていないのに、滞在を延長したいからお金で解決・・・



頼む方も頼む方ですが、売る方も売る方です。
とても残念です。




そうとう政府も審査を厳重にするという発表をしました。




私たちの担当した方には英語力マスター、更なる多くの海外経験を積むために、
セカンドワーキングホリデーを取得するために一生懸命働いてる方もいっぱいいます。



ズルする人のせいで真面目にやっている人が迷惑する。

これはおかしいです!

皆さんやめましょう!また近くにそのような方がいたらやめなと言ってあげてください!




自分たちがワーホリをしている時には、お金があって学生ビザに切り替えられる人以外はバイト先で認められてビジネスビザをもらおうと頑張りました。英語も生活も。



制度が出来たのが良いのか、悪いのかはわかりませんが、せっかく出来た制度なので、多くの海外生活・経験が出来るように有効活用してほしいです。




よいワーキングホリデーにしましょう!





留学・ワーホリの相談なら!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデー情報満載!
http://www.icc2004-au.com

学生ビザ・ワーキングホリデービザの格安取得代行サービス!
http://www.icc2004-visa.com

ビザ最新情報! オーストラリアセンカンドワーホリ!

ビザ最新情報! オーストラリアセンカンドワーホリ!


こんにちは。


1年延長の出来るオーストラリアですが、
それには条件をクリアにしなくてはいけません。


指定の仕事場3ヶ月働くことです。
そしてオーナーに指定書類(foam1263)にサインをもらいます。



このサインが売買されていて不正をする人が増えているようです。
(以前にもブログに書きましたね)

その影響かわかりませんが、
以前はあまりなかったのですが、人によっては銀行の取引明細などを
追加書類として要求される方がおります。



セカンドを考えてる方は、給与が銀行振込みならば、
そのデータを控えておくのがいいと思います。
時間が経過して持ってない方も多いので・・・
現地銀行に問い合わせても対応がのんびりです。



なんにしても不正をする人がいると、まじめにやってる人まで迷惑するので、
事情はあってもやめましょうね!




ワーキングホリデー・学生ビザが格安で取れます!
http://www.icc2004-visa.com

留学に関する情報満載!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデーの裏技満載!
http://www.icc2004-au.com

海外生活・留学に活きる英語のことわざ! No.13

海外生活・留学に活きる英語のことわざ! No.13


こんにちは。


今日は雨ですね・・
明日は首都圏でも場所によって雪になるそうです。
この気温の変化で体調に気をつけてください。



さて今日はとってもシンプルな言葉です。
英語が出来なく渡航した自分には、このシンプルな英語の応援がとても励みになりました。


You never know what you can do till you try!
「してみなければ何が出来るかなんてわからない!」


海外で生活していくには誰にも言葉の壁はあります。
出来ない自分がいると、英語の会話が飛び交う場所に行くのも憂鬱になります。
誰にも壁はあります。


でも話してみる、聞いてみる、その行動を起こさない限り変化はないです。
まずは行動が大事です。



日本に帰国して仕事する時、人と喧嘩をした時、
そんな時にもこの言葉をふと思い出し第一歩を出すことがありました。


頑張りましょう!




ワーキングホリデー・学生ビザが格安で取れます!
http://www.icc2004-visa.com

留学に関する情報満載!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデーの裏技満載!
http://www.icc2004-au.com