「留学・ワーキングホリデーの知っ得情報」

留学実現の最後のハードルがビザ申請です。 これまで10年以上、留学・ビザ手続きに携わった「過去の経験」と「最新の情報」をバランスよく掲載し、皆様の留学準備に役立てていただければ幸いです。

ワーキングホリデービザ

カナダワーキングホリデービザビザ2017年〜2018年への対策

ここ数年は渡航希望者も増え人気のあるカナダワーホリですが、
申請方法の複雑さで困る方が多いのもカナダです。
シンプルな申請方法のオーストラリアに比べると、カナダの申請方法は数倍手間がかかります。

そこで9月に受付終了をした2017年度の総括として振り返り、2018年度の予備知識にして頂ければと思います。

まずは、今年度の申請方法・手順を極めてシンプルに示してみます。
仝朕誉賤僖▲ウントを作成し、申請希望リストに登録
▲ナダ政府による登録リストからの選定連絡を待つ
A定をされると本申請への招待状が専用アカウントに届く
ぞ径埔を開封しオンラインでの本申請を行う
タ柔舛竜可、追加書類、却下等の結果連絡が専用アカウントに届く
Φ可されると入国許可書が発行されるので、それを持参して渡航
Дナダの空港にて入国許可書をビザに引き換え

ざっとこんな感じです。
こう書くとさほど複雑に見えないですが、各段階をクリアにしていくにはそれなりの理解が必要です。
理解とは、アカウントの管理、選定方法、期限、確認方法などになります。

最近は、細かく書かれた無料の案内サイトがNET上に散乱していますが、
案内説明に不備があったり、解釈を間違えるとその時点で迷宮に入ります。
それが弊社にたくさん相談がある、「個人申請をして途中で分からなくなった・・」という方々です。
その方々に聞くと、皆さんある特定のサイトを見ています。
プロの視点で見てもよく作成されていますが、それでも分からなくなるので、
それがカナダワーホリビザ申請の現実なのかと思います。

それでも自分で2018年度の申請チャレンジしたいという方への各パートでのアドバイスです!

,旅程
ここで重要なのは、アカウント作成する際に自分で作成・設定をする、
ユーザーネーム、パスワード、Q&Aをしっかりメモすることです。
更にこのメモは手書きでなく、パソコン等にしっかり保存することをお勧めします。
相談に来る人の大半は、この情報忘れによるアカウントの不備です。
もし、この設定した情報を忘れたり、入力を間違えると、アカウントがロックされ先に進めなくなります。

Point!
プロはどのようにこの作業をしているか、そのコツの一部を公表します。
まず、それぞれの設定箇所にいきなり入力することはしません。
パソコンのメモ帳やword等で事前に作成し、保存して、その保存したデータからコピー&ペーストで実際の画面に貼り付けます。
これでスペルミスや何かしらの間違いが防げ、アカウントへのログインデータが紛失することはまずありません。

◆Νの工程
連絡は登録したメールアドレスに届くのですが、この見落としや、迷惑メールと見なされ受信アカウントに届かない、
という理由で確認漏れとなるケースが多いです。
この招待状には開封までの期限があり、期限内に確認・開封出来ないと振り出しに戻されてしまいます。
ビザ申請をスマホやiphonでといったモバイル端末で行う方がいますが、
やはり、大きな画面で操作が出来るパソコンでの申請、きちんと受信が出来るメールアドレスの利用を推奨します。

Point!
GmailやYahooメールなどのフリーメールを申請に使用する場合に注意が必要です。
元からの設定で、迷惑フォルダやゴミ箱に自動振り分けされる場合があります。
アカウント登録をしたら受信トレイ以外もこまめに確認をして、一度目に届いたカナダからのメールの送信元アドレスを登録することで、
次回から受信トレイに届くようになります。

長くなりましたので第一回はここまでとして、次回いらの続きを書きたいと思います。

さて、2018年度の開始はいつからかと、たくさんの問い合わせを頂いておりますが、
「秋に募集要項を発表」という告知が出ているだけで、今現在(10/18)明確な方法は発表されていません。
今は待つしかございません。

大事なビザなので、個人で無理に申請をするより、プロへの代行をお考えの方は、
現在「2018年度申請代行サポートの仮予約」を弊社のホームページにて受付けております。
そこまで高額でない料金で効率よくビザ取得が可能ですので、是非ご検討ください。

カナダワーホリ2018仮予約受付ページ:https://www.icc2004-visa.com/wh_visa/canada/

ワーホリ情報サイト「ワーホリWEB」でも定期連載中

円高で得する!5

今回はビザの申請に関する情報です。

最近、ニュースで騒がれている円高の話題ですが、
いいこともあれば悪いこともあるので様々です。

ですが留学を目指しビザを申請する方には得です

オーストラリアのビザなどは申請料金がドル換算なので、
このタイミングで申請をするとだ〜いぶ得します!
ワーキングホリデーに関しては現在$195ですから、
少し前なら約2万円ぐらいしたものが、今なら13000円前後になり、
7000円もお得

留学前は少しでも節約は大事です。

ワーキングホリデービザは取得してから1年以内に入国すれば、
その日から1年間なので早めに取っても問題ないです。
来年の出発の方でも今がチャンスです

是非この機会にICCの格安ビザ申請代行をご利用下さい。
http://www.icc2004-visa.com/

自分でも出来ますが、少ない費用で確実に安心して取れるなら、
心配や手間が省けるメリットは金額以上

先ほどの7000円の差額があればそれで収まってしまいますよ

まずはサイトを見てみて下さい。

PS、お金やトラベラーズチェックに変えるな同じようにねらい目です!
オーストラリアはトラベラーズチェックが換金率は1番です!

激安ビザ申請代行!5

こんにちは( -д-)ノ

今日はビザ申請代行のコマーシャルです。ヾ(´ω`=´ω`)ノ

ビザ申請ドットコムというサイトをオープンして1ヶ月が経ちました。

大好評でスタッフ一同驚いてます。(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

ワーホリビザ申請代行ならオーストラリアで4980円(保険と航空券同時申込み)
学生ビザなら8980円で販売しておりますが。

多くのお問い合わせの中で1番多い質問が


(((( ;゚д゚)))「なぜそんなに安いのですか?」


です。

大変嬉しいのですが、実は



特に秘密はありません!・゚・(ノД`;)・゚・



しいて言うならば…



他が高い!ヽ(#`Д´)ノ



現時点で安さは業界トップレベルだと思いますが、もっと人数が増えればもっと安くしようともたくらんでます。

そんなビザ申請ドットコムをよろしくお願いします。


オーストラリア・カナダ・ニュージーランドのワーホリビザ
英語圏の学生ビザはお任せください。
「ビザ申請ドットコム」大好評代行受付中!
http://www.icc2004-visa.com/




2009年カナダワーホリ

お待たせしました
2009年のカナダ・ワーキングホリデービザの募集要項が10月1日にカナダ大使館より発表があるみたいです

現在、2008年の募集9500人は80%定員に達しているようで、9月30日で締め切ると。
以下大使館のWEBサイトのコメントです。

今年度のプログラム(2008年内カナダ入国)の申請は9月30日で締め切らせていただきます。(当日消印有効)2009年プログラム募集要領は10月1 日に当サイトで発表をする予定です。申請書と参加費振込口座が新しくなりますので、2009年に出発予定の方は、現在の振込口座と申請書で9月中に申請することは、くれぐれもしないで下さい。

ビザの申請はワーキングホリデーに向けた第一歩です。
ICCでは、ビザ申請サポート受付中ですのでご質問等是非、お問合わせ下さい


■ワーキングホリデーのお問合わせはICCのWEBサイトからどうぞ。
http://www.icc2004.jp/

■ワーホリビザ・学生ビザの申請代行はこちらから。
http://www.icc2004-visa.com/

ワーホリ最新情報!ニュージーランド編5

こんにちは。

ちょっとビックリな最新情報です。

オーストラリアでは、1年目のワーキングホリデー中に政府が指定した地域で3ヶ月間季節労働をすると続けて2年間、または一度帰国してもう一度オーストラリアでワーキングホリデーができるという『セカンドワーキングホリデー』制度が採用されています。

今回、ニュージーランドでも同じような制度がスタートしました。

条件としては、既にワーキングホリデーでニュージーランドに滞在している方、ニュージーランド国内の農園で3ヶ月以上アルバイト(フルーツや野菜のピッキングなど)をしていたことを証明できる方となっているようです

また、オーストラリアのセカンドワーキングホリデー制度と異なり、ニュージーランドの場合はワーキングホリデー期間を3ヶ月延長できるという内容ですので、トータル15ヶ月の滞在が可能となりました。


このようにワーキングホリデービザの内容や申請方法は予告なく変更になることが多いので、頻繁にチェックしましょう!

では。


ワーキングホリデーについてはこちら!
http://www.icc2004.jp/working_holiday2.htm

オーストラリアのワーキングホリデー1年間をバーチャル体験。写真館はこちら!
http://www.icc2004.jp/photo_wh2.htm