「留学・ワーキングホリデーの知っ得情報」

留学実現の最後のハードルがビザ申請です。 これまで10年以上、留学・ビザ手続きに携わった「過去の経験」と「最新の情報」をバランスよく掲載し、皆様の留学準備に役立てていただければ幸いです。

世界遺産

ウルルと風の谷はどっちが好き!?!?

「エアーズロック」より「風の谷」が大好き!


こんにちは。


「ウルル」ことエアーズロックを見に行くと、
セットになっている「ザ・オルガス」こと風の谷!

CIMG1164


「ウルル」と同じアボリジニの言葉では「カタジュタ」です。

ウルルは1枚岩ですが、こちら36個あると言われています。


こっちのが好きになってしまう人も多いかと思います。


ウルルと違って民族的な問題もないし、
なんか歩きやすくて、名前の由来でもある、
風が通る谷、ここに来た時の風が気持ちいこと!
あの風のにおいが大好きです。

CIMG1186


CIMG1185






英語名の「The Valley of Wind」、
かっこいいですよね!


風の谷大好きです!

是非、あの風を体感してきて下さい!


ワーキングホリデー・学生ビザが格安で取れます!
http://www.icc2004-visa.com

留学に関する情報満載!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデーの裏技満載!
http://www.icc2004-au.com

気持ちが和む1枚 オーストラリア旅写真「ウルルへ続く道!」

こんにちは。

今日はなかなかいい天気ですね。
明日からは寒くなるそうですが・・・


オーストラリアの一番有名な世界遺産と言えばやっぱり、
「エアーズロック」ですね。
先住民と言われるアボリジの言葉の「ウルル」の愛称でも親しまれています。


ワーホリの方がラウンド(旅)すると、必ず撮ってしまうこの写真。
何もない赤土の大草原に続く1本の「道」の写真。

1212


なんか撮ってしまいますよね。
その先に見えてくるウルル。

見え始めた時には感動です!

1213


はじめは小さいのどんどん大きくなっていきます。


オーストラリアの写真の中でも好きな1枚です。

日本に帰国後に仕事などで大変なことがあると、
なんか見て和む1枚です。


自分の車でオーストラリアを1周したので、
この直線は困難な道の一つでもありました。
暑いし、景色は変わらないし、どこまで続くのだろうかと。
でも終わらない道はないし、そのうち着くだろうと、
気長に運転をしていたあの日。

なつかしいです。

是非皆さんも実際に訪れてみてください。

ワーキングホリデー・学生ビザが格安で取れます!
http://www.icc2004-visa.com

留学に関する情報満載!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデーの裏技満載!
http://www.icc2004-au.com

空から見たグレートバリアリーフ(世界遺産)!

こんにちは!

三連休初日に素敵な天気ですね!
秋の行楽を楽しんでください。


その快晴に合わせてこんな写真です。
飛行機から見える雲っていいですよね〜
IMG_1983

普段は上にあるのが下にあるなんて!

オーストラリアに行く途中に高度が下がって来ると
グレートバリアリーフはこんな感じで下に見えてきます。
IMG_1982

綺麗ですよね〜

ブリスベン、ゴールドコーストに行く便になるよく見えます。
是非、皆さんも綺麗に見えるといいですね。


ワーキングホリデー・学生ビザが格安で取れます!
http://www.icc2004-visa.com

留学に関する情報満載!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデーの裏技満載!
http://www.icc2004-au.com

ウルル3

ワーホリでオーストラリアへ行ったら絶対に抑えたいのが世界遺産ではないでしょうか

オーストラリアには17の世界遺産があり、自然遺産は15箇所と世界一の数を誇りますずっと1都市に滞在する留学と違って、ワーホリはどこで何をしようと自由なので、興味があれば2つ・3つの世界遺産は見ておかなきゃ損!?

名称未設定-2

そこで、1番の人気を誇るのがウルル
俗にエアーズ・ロックと呼ばれているウルルは、世界で二番目に大きな一枚岩。サンライズやサンセットの時は、陽の当たり方で色が変わって見える姿に言葉もでません。夜はキャンプをして外にテントを張り、晴れていたら満天の星空を眺めながら外で寝袋で寝るのも乙です。

また、ウルルは頂上までの登山でも有名ですが、雨の後や風が強い日、アボリジニの儀式の時は登山禁止となるので、楽しみにしていたけど登れなかったという人、多いんです。しかしながら、アボリジニの人たちは自分たちの聖地に登ることを良くは思っていません。それを知っていて、ウルルに登る観光客もいれば、登らない観光客もいます。

割合としては半々みたいですが、皆さんはどうでしょうか?

出発前からその国の歴史や文化に触れておくと良い旅になりますよ!

ICCにはたくさんのワーホリ経験者の旅日記がありますので、興味がある人は気軽にオフィスに遊びに来て下さい☆


■ワーキングホリデーのお問合わせはICCのWEBサイトからどうぞ。
http://www.icc2004.jp/

■ワーホリビザ・学生ビザの申請代行はこちらから。
http://www.icc2004-visa.com/