「留学・ワーキングホリデーの知っ得情報」

留学実現の最後のハードルがビザ申請です。 これまで10年以上、留学・ビザ手続きに携わった「過去の経験」と「最新の情報」をバランスよく掲載し、皆様の留学準備に役立てていただければ幸いです。

国際交流

最新情報イギリスワーホリ!申請会場では・・

最新情報イギリスワーホリ!申請会場では・・


こんばんわ。


昨日の反響が多かったので、引き続き今日もイギリスワーホリ情報です。


申請に行った方から申請当日の流れを聞けたので、
これから行かれる方のための参考になればと思います。


1、チェック
まずは入管するのにボディチェックを受けます。
これがけっこう厳しいので荷物は少ない方がいいそうです。


2、窓口
番号札を取って順番を待ちます。
時間通りに行っても、窓口での質問が多い人が重なるとだいぶ待たされるようです。

※ポイント
個人手配の方で不安がある方はここで十分に質問しましょう!
(周りの方に迷惑はかけるけど・・)
実際はそこにいるのは審査官ではないので、
受理をされて実際の審査で何か足りないとなる方もいます。
要するにここでそれを分からずに受付されてしまうこともあるそうです。

そのためにここではそのようなケースでも自己責任で、
といういうな内容の承諾書にサインをさせられます。

そうなると書類不十分、再申請となるので十分に気をつけてください。


3、認証
別の部屋に行き、指紋認証をします。
ここでは一列に並び免許センターのように進んでいくそうです。


4、終了
これらが全て終わると受付完了です。
ざっと1時間近くかかるそうです。
その後1、2週間で結果が分かると思います。


なんとなく流れは参考に出来たでしょうか?
皆さん頑張ってください!


引き続き、予約状況、翻訳(要らない方法)、などの質問をたくさん頂いています。
代行申し込みもまだまだ間に合いますので、
滑り込みセーフを狙ってください!


イギリス学生ビザもOKです!


ワーキングホリデー・学生ビザが格安で取れます!
http://www.icc2004-visa.com

留学に関する情報満載!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデーの裏技満載!
http://www.icc2004-au.com

オーペア/ナニーって何??5

こんにちは。


今回は、オーペアとナニーについて書いてみました。

海外留学のサイトを見ていると、「オーペアプログラム」とか
「ナニープログラム」とかいう言葉を見かけますよね?

簡単に言ってしまうと、「ベビーシッター」のようなものです。

では、そのオーペアとナニーの違いとは何なのか?
簡単にご説明します。




オーペア(Au-pair)

オーペアとは、フランス語で「対等の立場で」という意味で、
外国人が、言語習得や国際交流の目的で、一般家庭に入り、炊事・洗濯・掃除・育児などの家事全般を手伝う代わりに住みかと食事を提供してもらえるという制度です。
日本では馴染みのない制度ですが、欧米では広く知られています。中にはお小遣いまでもらえるものもあります。



ナニー(Nanny)
対してナニーとは、育児や教育の知識を持った幼児保育のスペシャリストのことで、職種名です。こちらもまた欧米では広く知られているもので、一昔前のイギリスの中流以上の家庭では、ナニーがいる家庭が多かったそうです。特別な資格があるわけではないですが、養成校などを出ていると信頼度が高まります。訪問する場合と、住み込みの場合があります。






オーペアのほうが、留学という意味合いが強いようですね。
家族の一員になり、日々の会話にはその国の言葉が使われますので、言語習得には良い環境です。
さらにオーペアの良い点は留学費用が安く済む、というところです。

ご興味のある方は、調べてみてはいかがでしょうか?
詳細希望の方はお問い合わせ下さい!




オーペアプログラム
http://www.icc2004.jp/aupair2.htm

国際コミュニケーションセンター
http://www.icc2004.jp/