「留学・ワーキングホリデーの知っ得情報」

留学実現の最後のハードルがビザ申請です。 これまで10年以上、留学・ビザ手続きに携わった「過去の経験」と「最新の情報」をバランスよく掲載し、皆様の留学準備に役立てていただければ幸いです。

海外

「ワーキングホリデービザ申請のタイミング」

今回はよく質問でいただく、
「ビザっていつ申請をしたらいいんですか?」について書いてみたいと思います。

まず、ワーキングホリデービザは国ごとに申請規定は全て違います。
その中で大きく二つに分かれます。

1、いつでも申請が可能
この代表的な国がオーストラリアやニュージーランドです。

2、申請する時期、定員が決まっている
この代表的な国がイギリス、カナダ、アイルランドです。

それぞれについて簡単に書いてみます。
1のタイプについては、いつでも受付をしており、基本的に定員はないです。
よって日本人は「いつでも好きな時に申請が可能」となります。
また、このタイプのオーストラリア、ニュージーランドは、(カナダも同様)
「申請の許可が下りた日から1年間入国が可能」となっています。

これを詳しく説明すると、ビザ申請をして許可されると、その日が発行日となります。
例えばこの日を4月10日とすると、1年間入国可能なので、翌年の4月9日まではそのビザが有効です。
そして、その間であれば「入国日から1年間滞在可能」となります。
よって、渡航が1年以内と決まっていれば、ビザ申請をしても問題ないということです。

ワーホリでの渡航を迷っている方で、ビザを取ることにより決心につながった、という方もいます。
それもこのシステムならではとなります。

次に2のタイプですが、これは国よりそれぞれ方法が違います。
イギリスに関しては、年に2回ある抽選に参加します。この抽選は指定のアドレスに参加意思をメールします。
抽選で選ばれた方だけが実際の申請に進め、定員は1000名となっています。

アイルランドは年2回の募集期間に所定の申請書を出します。
申請条件を満たしていて、この申請書の間違いがなければほぼ許可が出るので、
第二段階として必要書類を提出してビザをもらいます。

カナダは、受付を開始をして定員の6500人になるまで申請可能です。
定員になると募集終了で、翌年の募集開始を待つしかありません。
この定員は毎年、夏の終わりから秋にかけてですが、年々早くなっています。
今年は、今現在8月中には終わるようなペースです。

このように希望する国で申請のタイミングは違います。
よって、大事なのは「自分の行きたい国の申請規定をよく把握すること」です。
それを把握することで適正な申請のタイミングが分かります。

早いか、遅いかもありますが、自分に合った申請のタイミングで、
まずはきちんとビザ取得が出来ることが重要です。

ワーホリ情報サイト「ワーホリWEB」にて定期連載中!
http://www.icc2004-visa.com/

イギリスワーキングホリデービザの取得珍道中!

さて、ワーキングホリデービザの取得のコツ情報もひとまずこれで最後になります。
その国はイギリスになります。

今現在もっとも取得が難しい国がイギリスかと思います。
それは申請方法という観点でなく、定員に対しての人気です。
現在は年間1000名が定員ですが、たった二日の申請応募で何倍もの人数が殺到します。
そのため申請方法は「抽選」となります。

2016年度のカナダワーキングホリデーのような曖昧な、そして適当な抽選ではなく、
イギリスは真の抽選と言えます。
この抽選に通らない限りは申請すら出来ないので「運」が一番重要です。

簡単な流れとしては、
前年12月に抽選の応募要項が発表され、翌年1月中旬に二日間のみ受付がされます。
方法は、必要事項を記載したメールを、所定の受付先に送信する形となります。
その数週間後に当選者には抽選結果とその後の申請方法がメールにて送られます。

ということで、その年の申請が二日の応募期間と、数週間の抽選期間で終わってしまい、
その後は何をしようが申請すらできず、もちろんワーホリでの渡航も出来ません。

開始当初は今のスタイルでなく、
12月31日の日付が変わる瞬間に専用サイトがオープンし、カレンダーのような予約枠から、
申請予約をする方法でした。
ところが、その方法に多くのクレームが出て、今の抽選方式になりました。
クレームの内容は、
・日本時間かイギリス時間かわからない
・ネット環境がない、つながらない
・年末年始にそんなこと出来ない
などなど様々でした。最後の「年末年始にそんなこと」というのは笑ってしまいますが、
確かに大晦日にパソコンの前に待機は寂しいですし、それどころじゃないですよね。

ただ、プロの弊社は依頼を受けた以上、予定のつくスタッフが31日に出勤し、その対応に備えました。
ところが、確認のためにそのサイトを19時、20時に開くと、まさかの予約受付が開始しているではないですか!!
時間はまだ数時間前なので、誰〜も見ているはずもなく、どんどん予約が取れます。
けっきょく100名近くの方のビザが取れました。
定員が1000名なわけですから、それは小さな話題になりました。「なんだあのビザ代行会社は!?」と。
単に早め早めの確認をしただけなんですけどね。

翌年も同じように時間より先にオープンしていたのですが、
ここで第二次クレーム勃発で、「事前に出来るなんてフェアではない!」という声が殺到し、
一度予約したものが全て無効、やり直しになりました・・
あの時の大晦日出勤は無駄足に終わり、せつない年越しとなりました。

書いていたら長くなってしまったので、具体的な申請方法は次回に書きます。

留学・ワーキングホリデービザ専門の申請代行サポート「ビザ申請.COM」
http://www.icc2004-visa.com/

最近のワーキングホリデーの傾向

こんにちは。

暑い日が続きますね・・
ここに梅雨の雨と湿気となるとうんざりします。
今から体調管理に備えるしかないですね。

さて、今日はワーキングホリデーの渡航者についてです。

ワーキングホリデーの歴史は1980年のオーストラリアからが始まりです。
よってもう36年になります。
最新は今年の7月から始まるポルトガルです。

自分自身も経験しましたが、ここ最近は10年以上前に比べると途中で帰国される方、
すぐに他の国に変えてしまう方が増えてるように思えます。

理由の一番は、やはりワーホリ(ワーキングホリデーの略称)の方は学生留学と違い資金が少ないので、
アルバイトして収入を得ることが前提の方がほとんどです。
そのアルバイト先の数が減っているようです。
特にカナダのバンクバーなど少ないようで、「仕事がないので帰ってきました」という声をここ数年よく耳にします。


確かにそれは困ることなのでしょうが、もう少し根気をもって留学生活を維持できなかったのかなと思います。
10年前のワーホリの方たちは、もっと「この留学で何かしてやろう!」という気持ちが強かったように思えます。
あくまでも私見ですが、直接話をしていて感じます。

たとえば人気のオーストラリアはセカンドワーホリといい、一定の条件を満たせば2年滞在出来ます。
これが10年前は1年限定だったので、「なんとか残りたい、だから職場先に認められビジネスビザを出してもらう」
と意気込んでいたワーホリが多かったです。

どちらが良い悪いではないですが、
やはり30歳まで限定の特別な海外ツールのワーキングホリデーですから、
もっと良い意味での野望を持って挑戦をしてほしいなと思います。

今や仕事がある・ないぐらいは、SNSでリアルタイムに調べることも可能かと思います。
これだけワーホリも認知されたので、簡単に行けて、行けばなんとかなると考える気持ちもよくわかります。
ただせっかく身近になりつつあるSNSですなので、上手く利用してもらいたいと思います。
この情報提供をサービスにしているのが留学会社ですから、
自身で調べることで手配会社などにかける費用節約を出来る時代ではないかと思います。

なによりそれを調べているうちに留学に向けた心の準備になることも大いにあると思います。

長くなりましたが、そんなことを思う今日この頃の留学手配でした。

ワーホリに限らず、なんでも便利になることはいいですが、
簡単に出来る分、簡単にやめる・すてる・かえる、となるのは少しさみしくも感じます。

皆さん良き留学生活を送ってください。

T.N

アメリカ学生ビザの面接のコツ その

アメリカ学生ビザの面接のコツ その

こんにちは

第一番は興味深く見てくれた方が読者登録をしてくれて嬉しいです。
今後も頑張って書いていく励みになります。

それでは第二段です。


今回は実際の大使館での流れです。
最近は大使館作成のユーチューブも出来ましたので、そちらも見ると参考になります。
実際はいつもあんなに和やかではないようです・・


まずは予約をした時間に大使館に行きますが、これは前もって行く必要はありません。
念を入れて早く行き過ぎても入れません。10分前で十分です。

それは早く行っても入管までは外で待たされるからです。
夏は炎天下でかなり大変ですし、冬は寒いです。
この時期に行く方は相応の服装をされることをお勧めします。


やっと入館し受付ですが、ここで必要書類を簡単にチェックされ提出します。
その際に番号札を渡され、この番号で呼ばれます。


待合室に行くと病院のようです・・
電光掲示板に番号が書いてあり、順番が来ると呼ばれ面接となります。


この待つ時間ですが1時間ぐらいはあります。(長い・・)
何か本などを持参することをお勧めします。


さて面接ですが、どこかの部屋に呼ばれするのかと思うと、
銀行の窓口のように前に立たされ立ったまま行います。
よって他の方のが聞こえてしまい、却下される方を見たり聞いたりするとかなり焦ります。
あまり気にしない、見ないのが一番です。


結果はその場で伝えられ、許可された方は後日郵送されることを説明され、
約1週間以内で自宅にパスポートが送られます。


「面接」という響きは良くないものですが、
ここが最後の難関なので、落ち着いて対応すれば大丈夫です。

あとはどんな面接官にあたるかは運です・・



留学・ワーホリの相談なら!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデー情報満載!
http://www.icc2004-au.com

学生ビザ・ワーキングホリデービザの格安取得代行サービス!
http://www.icc2004-visa.com

アメリカ学生ビザ申請最新情報!

アメリカ学生ビザ申請最新情報!

こんにちは
だいぶあの猛暑も弱まって着ましたね。
秋は食べ物も美味しく、学びの季節ですね。


学生ビザ申請よくいただく質問が、
「カード支払いをしたのですが、明細は必要ですか?」というのがあります。

以前は必要でしたが数ヶ月前からいらなくなっています。


支払いもあれだけ手順を踏みますから、無くて認識できて当たり前ですよね。


秋留学に向けてビザ取得頑張ってください!




留学・ワーホリの相談なら!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデー情報満載!
http://www.icc2004-au.com

学生ビザ・ワーキングホリデービザの格安取得代行サービス!
http://www.icc2004-visa.com

続・カナダワーキングホリデー2013

続・カナダワーキングホリデー2013


先日、大幅な変更をお伝えしたカナダですが、ほぼ全貌が明らかになりました。


申請書が変わり前回のものが必要ないかと思いきや、
実は二段階目のオンライン審査で前回のオンラインで作成する二点、
「就労許可書」「家族フォーム」の提出がありました・・・


これでは簡略化でなく、単に手ごわくなっただけです。
先に変更された学生ビザに限りなく似ています。


その他にも英文履歴書なども必要です。

データをオンライン上にUPしての添付での提出なので、
PCが苦手な方には一苦労です。


また二段階目のオンライン申請は何度もパスワードの設定などをするのですが、
これは絶対にメモしておいて下さい!!!

後にログインする際に必要になりす。


ほんとに大変ですが頑張りましょう!
心配な方は是非以下のHPをご覧下さい。


留学・ワーホリの相談なら!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデー情報満載!
http://www.icc2004-au.com

学生ビザ・ワーキングホリデービザの格安取得代行サービス!
http://www.icc2004-visa.com

海外生活・留学に英語フレーズ! No.10

海外生活・留学に英語フレーズ! No.10


こんばんわ。


久しぶりの英語フレーズです。



今日は1年振りに留学から帰国された人が報告に来てくれました。
その中で経験から思う言葉です。


Experience is the name everyone gives to their mistakes.
「経験とはすべての人が自分たちの過ちに与える名前である」




その方は初めての海外生活で様々な不運にあい、
自分のバランスを崩してしまい、一旦帰国をしました。


留学前に海外留学で達成することというメモを書いて渡航したそうで、
帰国して日本でそのメモをある時に見返して、
「やっていないことが多い、今から出来ることだけでも戻ってやろう!」
と思い再度その国に戻りました。


久しぶりにあった自分から見ると渡航前よりとても生き生きとしていました。
そしてこれから海外でチャレンジする夢を以前より多くなり、
準備に動き出しています。


彼女は言いました、
「あの時の大変な時期、上手くいかなかった時があるから今もあるし、
その後の貴重な経験は出来た」

成功が何を指すかわ分かりませんが、多くの方がそのようなことを言われます。


今がどんな現状でも、何をしたかでなく、その後何をするかが大事なのかもしれません。
経験して無駄なことはないです。
経験をどうするかはその後の自分なのかもしれません。


今大変でも、次のためにと思ってもう少しだけ頑張ってみましょう!


人生には三つの坂があるそうです。
「上り坂」「下り坂」そして「まさか」だそうです。


予期せぬ不運な「まさかこんなはずじゃなかった・・」
それも経験です!


そんな経験を海外のひと時で体感するのもいいものです!
是非チャレンジしましょう!



ワーキングホリデー・学生ビザが格安で取れます!
http://www.icc2004-visa.com

留学に関する情報満載!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデーの裏技満載!
http://www.icc2004-au.com

え!?平気なの??こんなところがオーストラリア人・・・

こんばんわ。


オーストラリアに行ったことある人なら感じるであろう、
あの人柄、みんなそれが好きでまた行ってしまう。
そしてあのノーテンキさ・・・


これも日本では考えられません。

Australia 238


いくら止まってるし親が近くにいるといっても、
まだおしめをしてる赤ちゃんを乗っけてしまうとは・・・

そしてこの子も泣かないんです。


まあこれがオーストラリア人といえま、オーストラリア人なんですけどね。


是非そんな人たちに会いに行ってみてください!



ワーキングホリデー・学生ビザが格安で取れます!
http://www.icc2004-visa.com

留学に関する情報満載!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデーの裏技満載!
http://www.icc2004-au.com

ワーキングホリデービザの年齢制限

こんばんわ。

オーストラリア編

ここ最近よく年齢制限ギリギリの方からの依頼を受けます。
「誕生日まであと数週間ですが平気ですか?」

そのような時期なのかどうか分かりませんが、なぜか多いです。

ここでおさらいです。
規定に30歳までとなっておりますが、
正確には31歳の誕生日までに取得し、取得した日から1年以内に入国が正しいです。
32歳の誕生日前日までが入国の最終期限に出来るということです。

そして入国した日から1年となります。

たしかにオーストラリアの場合はオンラインで直ぐに取れますが、
やはりビザ申請はあまりギリギリにせずに余裕を持つことをお勧めします。

また健康診断の対象になってしまうと、日数は余計にかかりますのでさらに気をつけてください。

個人でも出来ないことはないですが、より早く、そして健康診断の対象になるかならないかのアドバイスもしっかり出来ますので、気になる方は是非ご相談下さい。

30歳を過ぎた方でも31歳の誕生日がまだならチャンスありです!

ワーキングホリデー・学生ビザが格安で取れます!
http://www.icc2004-visa.com

留学に関する情報満載!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデーの裏技満載!
http://www.icc2004-au.com

2010年イギリスワーキングホリデーの最新情報!

こんばんわ。

インフルエンザがだいぶ流行してきたので皆さんも気をつけてください。

今日はイギリスのワーキングホリデービザの情報です。

2009年度も大人気だったイギリスは、来年も引き続き人気のようです。
夏過ぎぐらいから多くの問い合わせをいただいています。

今回の発表は今年もポイントだった資金証明とその英訳です。
引き続き必要で、申請の約一ヶ月前の残高証明が必要です。

滞在資金として?1600を用意することが条件となっています。
本人名義のもので複数の銀行の合算でも認められます。
(他人名義、家族名義のものは認められません)

日本語の通帳は昨年同様、プロの翻訳家の英語への翻訳が必要です。
(申請日の一ヶ月以内のものが有効)

2010年1月1日に受付開始されるようです。

昨年より準備期間があるので、申請は混雑が予想されます。
希望する方は早めの準備が必要かと思います。

ICCでは今年度も多くの方の取得をサポートしました。
より確率高い取得を望む方は是非ご相談下さい。


ワーキングホリデー・学生ビザが格安で取れます!
http://www.icc2004-visa.com

留学に関する情報満載!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデーの裏技満載!
http://www.icc2004-au.com