こんにちは。


今回は、オーペアとナニーについて書いてみました。

海外留学のサイトを見ていると、「オーペアプログラム」とか
「ナニープログラム」とかいう言葉を見かけますよね?

簡単に言ってしまうと、「ベビーシッター」のようなものです。

では、そのオーペアとナニーの違いとは何なのか?
簡単にご説明します。




オーペア(Au-pair)

オーペアとは、フランス語で「対等の立場で」という意味で、
外国人が、言語習得や国際交流の目的で、一般家庭に入り、炊事・洗濯・掃除・育児などの家事全般を手伝う代わりに住みかと食事を提供してもらえるという制度です。
日本では馴染みのない制度ですが、欧米では広く知られています。中にはお小遣いまでもらえるものもあります。



ナニー(Nanny)
対してナニーとは、育児や教育の知識を持った幼児保育のスペシャリストのことで、職種名です。こちらもまた欧米では広く知られているもので、一昔前のイギリスの中流以上の家庭では、ナニーがいる家庭が多かったそうです。特別な資格があるわけではないですが、養成校などを出ていると信頼度が高まります。訪問する場合と、住み込みの場合があります。






オーペアのほうが、留学という意味合いが強いようですね。
家族の一員になり、日々の会話にはその国の言葉が使われますので、言語習得には良い環境です。
さらにオーペアの良い点は留学費用が安く済む、というところです。

ご興味のある方は、調べてみてはいかがでしょうか?
詳細希望の方はお問い合わせ下さい!




オーペアプログラム
http://www.icc2004.jp/aupair2.htm

国際コミュニケーションセンター
http://www.icc2004.jp/