「留学・ワーキングホリデーの知っ得情報」

留学実現の最後のハードルがビザ申請です。 これまで10年以上、留学・ビザ手続きに携わった「過去の経験」と「最新の情報」をバランスよく掲載し、皆様の留学準備に役立てていただければ幸いです。

語学留学

アメリカ学生ビザの面接のコツ その

アメリカ学生ビザの面接のコツ その

こんにちは

第一番は興味深く見てくれた方が読者登録をしてくれて嬉しいです。
今後も頑張って書いていく励みになります。

それでは第二段です。


今回は実際の大使館での流れです。
最近は大使館作成のユーチューブも出来ましたので、そちらも見ると参考になります。
実際はいつもあんなに和やかではないようです・・


まずは予約をした時間に大使館に行きますが、これは前もって行く必要はありません。
念を入れて早く行き過ぎても入れません。10分前で十分です。

それは早く行っても入管までは外で待たされるからです。
夏は炎天下でかなり大変ですし、冬は寒いです。
この時期に行く方は相応の服装をされることをお勧めします。


やっと入館し受付ですが、ここで必要書類を簡単にチェックされ提出します。
その際に番号札を渡され、この番号で呼ばれます。


待合室に行くと病院のようです・・
電光掲示板に番号が書いてあり、順番が来ると呼ばれ面接となります。


この待つ時間ですが1時間ぐらいはあります。(長い・・)
何か本などを持参することをお勧めします。


さて面接ですが、どこかの部屋に呼ばれするのかと思うと、
銀行の窓口のように前に立たされ立ったまま行います。
よって他の方のが聞こえてしまい、却下される方を見たり聞いたりするとかなり焦ります。
あまり気にしない、見ないのが一番です。


結果はその場で伝えられ、許可された方は後日郵送されることを説明され、
約1週間以内で自宅にパスポートが送られます。


「面接」という響きは良くないものですが、
ここが最後の難関なので、落ち着いて対応すれば大丈夫です。

あとはどんな面接官にあたるかは運です・・



留学・ワーホリの相談なら!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデー情報満載!
http://www.icc2004-au.com

学生ビザ・ワーキングホリデービザの格安取得代行サービス!
http://www.icc2004-visa.com

イギリスワーキングホリデー2011年!

イギリスワーキングホリデー2011年!


こんにちは。


今年も激戦が予想されるイギリスですが、
昨年も実績をお聞きになり、多くの方にお問い合わせをいただきます。


ここ1ヶ月で急激に増えました。
この流れだと今年は書類提出受付開始から1週間ぐらいが勝負ではないでしょうか!?


ただ相変わらず情報量の少ないイギリスビザですが、
去年の要綱を確認して、資金残高だけはしっかりしておくといいと思います。


昨年もそれがネックで涙を飲んだ方が多くおりました・・・


弊社のサイトでも随時最新情報をUPしますので、参考にして下さい。


みんなビザが取れるように頑張りましょう!


留学・ワーホリの相談なら!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデー情報満載!
http://www.icc2004-au.com

学生ビザ・ワーキングホリデービザの格安取得代行サービス!
http://www.icc2004-visa.com

最新! アメリカ学生ビザの申請方法変更!

最新! アメリカ学生ビザの申請方法変更!


こんばんわ。


ニュースでは観光でも890円のビザ登録料が必要と報道されましたが、
学生ビザ(他も)変更があります。


今までの申請用紙DS-156から、
3/29以降の面接からDS-160に変更になります。


よりスムーズにということですが、
多少入力項目が増えたのと、写真を電子登録しないといけないです。
画像を取り込んで指定のサイズや規定をクリアにして申請用紙に登録します。
この作業がちょっと面倒かもしれないですね。

スキャンや画像の加工が出来ない人には一苦労です・・


3/28までに行けば現行通りでいいので、
心配な方は早めに行きましょう!


(けど面接予約はだいぶ混んでますが・・)



ワーキングホリデー・学生ビザが格安で取れます!
http://www.icc2004-visa.com


留学に関する情報満載!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデーの裏技満載!
http://www.icc2004-au.com

長期留学の保険について

こんばんわ。

本州は今週から本格的な梅雨に入るようです。
雨が降って風も強いと最悪ですよね・・・傘すらまとにさせなくて。
なんとか早く明けることを祈ります。


さて今回はよくご相談をいただく留学保険についてです。
はたして入るべきなのか、それともなくてもいいのか?????
よく「怪我や病気なってめったにしないからいいんです」といわれる方がおります。
危険です!
文化・習慣の違う海外生活は日本で生活をしているより、
怪我や病気の確立は高くなります。

実際に年間多くの方の受付をしていると、中には何百万とかかってしまう方もおります。
もとから海外での治療費は高額です。
各大使館でも保険に加入されてくることを強く推奨しております。

また留学保険は怪我や病気だけでなく、他の多くのことも補償されています。
身の回りの所持品の盗難や、様々な損害賠償、飛行機に関することなど幅広く、
金額からすると安いかと思います。
日本の医療保険+生命保険などが合体したような感じです。

長い長期生活では何があるか分かりません。
保険を使わなかったから損でなく、備えていて何も起きないことが一番ベストです。

なので最低限のものは入られることをお勧めします。

中には留学に関係ない業者がただ安いだけ、割引と進めていますが、
「安物買いの銭失い」にならないように気をつけてください。
一般的には一ヶ月1万円ぐらいの保険がセット保険の十分な最低基準かと思います。

年間で10万円以下などのものは何かが省かれています。
その辺を説明もなしに、安いからと勧めてくる会社には気をつけましょう!


ワーキングホリデー・学生ビザが格安で取れます!
http://www.icc2004-visa.com

留学に関する情報満載!
http://www.icc2004.jp

オーストラリアワーキングホリデーの裏技満載!
http://www.icc2004-au.com